準備中
e0187064_20304312.jpg
e0187064_20310556.jpg
ホルモン味噌焼きうどん
e0187064_20312892.jpg
e0187064_20314867.jpg
愛で鯛
祝・祝・祝
e0187064_20343461.jpg
ピクルス
e0187064_20345454.jpg
鯛のアクアパッツァ
e0187064_20352526.jpg
ローストビーフ
e0187064_20354977.jpg
e0187064_20361274.jpg
e0187064_20362866.jpg
ミートソーススパゲッティ
e0187064_20364331.jpg
燻製
e0187064_20365458.jpg
カルボナーラ
e0187064_20370785.jpg
e0187064_20372028.jpg
e0187064_20374536.jpg
e0187064_20380342.jpg
e0187064_20382576.jpg
e0187064_20384603.jpg
e0187064_20390712.jpg
e0187064_22055904.jpg

〆はやっぱりこれですか。
大阪の出汁はやっぱうまい!
e0187064_22193256.jpg




この数日後、もっと遠いところへ旅に出ていた人の話を知りました…
しかも無料で!

よー帰ってきてくれたでホンマ




今後は休みがなかなか合わないやろってことで行ってきました。満場一致の北海道。

説明は後日詳しくする予定です…
が、結論を言うと、納得の4泊。
特に後半にある、小樽の居酒屋「ふじりん」、旅先での名店では長野の「谷椿」以来に感動しました。
ここは是非、是非とも行ってもらいたい名店でした。

e0187064_22123473.jpg

e0187064_22125369.jpg

e0187064_22131038.jpg

e0187064_22131819.jpg

e0187064_22135245.jpg

e0187064_22143216.jpg

e0187064_22150416.jpg

e0187064_22151194.jpg

e0187064_22152223.jpg

e0187064_22153290.jpg

e0187064_22154065.jpg

e0187064_22162018.jpg

e0187064_22162995.jpg

e0187064_22164485.jpg

e0187064_22165501.jpg

e0187064_22170205.jpg

e0187064_22171448.jpg

e0187064_22172260.jpg

e0187064_22173059.jpg

e0187064_22174510.jpg

e0187064_22175241.jpg

e0187064_22163643.jpg

e0187064_22180031.jpg

e0187064_22183559.jpg

e0187064_22184301.jpg

e0187064_22185017.jpg

e0187064_22185895.jpg

e0187064_22190573.jpg

e0187064_22191135.jpg

e0187064_22192161.jpg


誰が言い出したのか関西のマッターホルン、奈良は東吉野に位置する高見山に登る。
朝6時ごろに目が覚めてふと閃く、昨日は雨やったしもしかして樹氷のチャンスかも。
思い立ったが吉日、準備もそぞろに7:20出発。
8:50たかすみ温泉到着
9:05登山開始
たかすみ温泉駐車場から平野川を渡って左に登山口
e0187064_19500186.jpeg
途中にあった看板
e0187064_19502610.jpeg
これも。
なんぼなんでもそりゃ無茶でしょ!
e0187064_19504279.jpeg
1時間ほどで尾根に出ると左側から猛烈な風‥
しばらくして今回の目的の、樹氷
e0187064_19510814.jpeg
e0187064_19512351.jpeg
10:30山頂到着
11:08下山開始
11:55分ごろ山道脇にキジを見かけたので一撃
12:08下山完了

急編成のわりに充実した山行となる。

昨年の出来事。
9/18‐19でまわったびわいちの件。
てっきりUpしてた思てました・・


朝5:00ごろの出発、近江八幡運動公園のPから反時計回りで挑みました
初日に通過したメタセコイア並木
e0187064_18400885.jpg



滋賀県民のソウルフード
私には一生に一本で十分です
e0187064_18400206.jpg



今回の宿、憩いの里湖西からの眺め
最高の琵琶湖を前に飲むビールは言うまでもありません
e0187064_18394999.jpg


二日目も快晴
e0187064_18402994.jpg

e0187064_18402190.jpg



大津市の石山寺
e0187064_18401668.jpg


天気にも恵まれて無事完全制覇することができました!

小春日和とは、晩秋から初冬に移行する時期に、まるで春のような穏やから陽気が続くことからこう呼ばれるそう。
春じゃないから、間違えないようにね。
e0187064_17493169.jpg
乾杯日和とは、いつもの丘の上で行われる昼下がりの号令の異称。
元旦から大晦日まで特定の期間は指さず、昼下がりでも上がりでも御前様でも、晴れでも雨でもRainsには特に関係ない。

今日の献立は・・・
e0187064_17504374.jpg
亀八うどん(itabb風)
e0187064_17574769.jpg
e0187064_17580525.jpg
チキンセンター(カズ風)
e0187064_18004392.jpg
寄せ鍋(撮影忘風)
ブラウニー生クリーム添え(セミプロ·マーヤ風)
e0187064_18233143.jpg
たこ焼き(JKビジネス風)
e0187064_18025927.jpg
e0187064_18031770.jpg
ホロ酔い日和
e0187064_18044856.jpg
昼寝日和とは、まだ明るいうちから、酔っ払って、人目を憚らず寝る様。
itabb、マーシー、春風がソレになることが多い。
今回は勝利が帰るとなると、飛び起きて見送る様をJK達に大笑いされた。( *´︶`*)( *´︶`*)( *´︶`*)
先日の紳助さんの時と同じくこの後、春風は昼寝から暗くなり寒くなるまで、爆睡するのは昼寝日和には該当しない。
ゴメンナサイ
e0187064_18132668.jpg
焚火は何才になってもやっぱり楽しい。

春風:あぁ~今日も知らん間に寝てしまってた。もっとみんなと喋りたかったのに、もっと写真も撮ったらよかった。JKともっと喋ったらよかった。
もっと飲んで食ってしたらよかった。ふるさと納税の事も聞きたかったのに。ゴメンナサイ。

2:00起床 ハムサンド、お味噌汁、玉子スープをサクッ食べて、
ペルセウス座流星群の見ごろな夜ですが
3:10出発 辺りはまだまだ真っ暗闇・・・夜空は曇り。残念ながら星さえ見えません。
1時間ほど早い出発かな、遠くに登ってる人のヘッドライトが、5~6つ。昨晩深酒したけど、早い就寝やったせいか割と早いペースで我々Rainsも出発できたみたいです。

明るくなるまで写真はナシ
景色は・・・真っ白
e0187064_10171684.jpg
e0187064_10173592.jpg
e0187064_10180407.jpg
e0187064_10183519.jpg
なかなか骨があってオモシロイ
e0187064_10185867.jpg
e0187064_10194157.jpg
往路のメインイベント、カニの縦ばいの前で
e0187064_10203348.jpg
e0187064_10205489.jpg
e0187064_10213515.jpg
6:10 剱岳登頂
e0187064_10221324.jpg
山頂で頂く、"頂"
e0187064_10225215.jpg
6:40 下山開始
往復の中で1番の重要ポイント、復路のメイン、カニの横ばい
e0187064_10234244.jpg
最後の縦梯子
e0187064_10242721.jpg
10:15 剱沢キャンプ場 着
残ったご馳走をまとめて作ります。ラーメン、玉子スープ、チーズフォンデュ、ローストビーフ
e0187064_10253213.jpg
e0187064_10255733.jpg
e0187064_10262839.jpg
e0187064_10270436.jpg
2日目は一切、姿を見せてくれなかった剱連峰
頂上はこんぐらいかなぁ?笑
e0187064_10272987.jpg
気合を入れるマドンナ達
e0187064_10275907.jpg
12:05 剱沢キャンプ場 出発
e0187064_10283215.jpg
12:45 別山乗越 到着
12:55 別山乗越 出発
e0187064_10285743.jpg
e0187064_10291521.jpg
e0187064_10293775.jpg
14:10 雷鳥沢キャンプ場 到着
無事下山してきた感が一入。リベンジ達成やね
e0187064_10301179.jpg
ここから整地された階段の連続の1時間
e0187064_10302810.jpg
15:20 室堂 到着
e0187064_10304519.jpg
e0187064_10305840.jpg
スタートはこの雷鳥との記念写真も雨足が強い中やったけど、怪我なくみんな笑顔で帰ってこれました。

今年の夏は兎に角、暑い。TVでは「命の危険に関わる暑さ」と注意喚起するほど、連日各所で猛暑を記録している。
それぞれの夏がアツい。
2018年、忘れられない夏が、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

バーレーボールの練習の合間に山へ登る山愛がハンパないネーヤン
大雨でテントが浸水しても愛娘に起こされるまで気づかないほどのリベンジに燃えるitabb
連日ランニングして自主トレに励む(5人目のメンバーを目指す)カズちゃん。
・・・で春風

19:00itabb、ネーヤン、春風家の近くのコンビニに集合。キャリアーにitabb80ℓ春風75ℓの大型ザックを二つ入れて、車内は広々。夕食にかっぱ寿司を食べた後、
21:00出発。北陸自動車道を経由して、立山駅に26:00着
山の日のせいかな?駐車場は山盛りいっぱい。車で仮眠して、4:30起床。
空は・・・雨です。
e0187064_22493770.jpg
着替えて準備して、朝ごはん・・・雨です。
e0187064_22510344.jpg
去年itabbが来た時と同じような天気です。
立山駅から美女平までのケーブルカーに6:10発に乗車。
e0187064_22531893.jpg
車窓に広がる一面の雨模様。美女平から室堂へバスに乗り換え、8:00室堂から一路、雄山を目指します
雷鳥4匹と一緒に。
e0187064_22545335.jpg
e0187064_22595453.jpg
e0187064_23010551.jpg
8:45 一の沢乗越にて
e0187064_23020948.jpg
雄山へ。雨、霧のせいで視界はゼロ
e0187064_23025941.jpg
雄山到着時には若干天気も回復傾向に。
古くより山岳信仰の盛んな日本で、日本三霊山と言われる、富士山、白山、立山をitabb完踏です。
e0187064_23045893.jpg
メンバーテンション上がってきました。
e0187064_23060962.jpg
大汝山
e0187064_23072046.jpg
途中一緒に登った小2の子供。将来山好きな大人になれよ
e0187064_23081037.jpg
富士ノ折立
e0187064_23105119.jpg
e0187064_23115188.jpg
e0187064_23132514.jpg
長い稜線
e0187064_23144338.jpg
e0187064_23155817.jpg
大汝山、富士ノ折立、真砂岳と進み、剱岳を真正面に拝む別山の稜線まで到着。
「よく来た」と言わんばかりに登場する剱岳 2999m
e0187064_23192325.jpg
e0187064_23200964.jpg
別山乗越の小屋を経由して昼食予定を変更。ここから直接、剱沢キャンプ場へ下ります。
e0187064_23211880.jpg
やっぱり剱岳の迫力はスゴい。
e0187064_23223599.jpg
今日は山の日、色とりどりのテントか無数に広がります。
なかなか平たい幕営地を見つけられず、一苦労。テントを無事張り終えて、
鬼軍曹から「とりあえず、先ずおつかれ乾杯やろ!!」との号令で乾杯~
e0187064_23234929.jpg
e0187064_23280891.jpg
今回持って上げたビールお酒の数々。
e0187064_23244992.jpg
ネーヤンは未成年やから除いて、大人3人でどんだけ飲むつもりやねん。
サラダ、ジンギスカン、冷しぶっかけうどん、アラビアータ、ホルモンetc・・・
e0187064_06523006.jpg
e0187064_06550236.jpg
カズちゃん、ちっちゃなフライパン大正解
e0187064_07013553.jpg
この赤ワインめっちゃ美味しい。
e0187064_07020805.jpg
e0187064_07022728.jpg
e0187064_07024859.jpg
翌日2:00起床の予定やから、早目の消灯・・・ってか飲み過ぎて酔っ払い過ぎて、19:00時には爆睡

e0187064_22235682.jpg

スモモの木の下の群、遅くに入った群です。
e0187064_22240640.jpg

e0187064_22241345.jpg

今年は2群採りました。
e0187064_22242208.jpg

屋内で蜜を採ります。
e0187064_22242855.jpg

すべて今年入った群ですが、巣の色がまるで違います。
e0187064_22243565.jpg

ゴミなどを取り除く布、金属製の網と合わせて漏斗にとり付けます。


この布って・・
Moeがオシメで使ってたやつ??

なんてね^^
e0187064_22244178.jpg

e0187064_22244629.jpg

4つの瓶があります。左から3つは純粋な垂れ蜜。
右端の一升瓶は搾り蜜。

終始グータラしていたヤツがいいところだけ入ってきました・・^^;

e0187064_12121471.jpg
e0187064_12123000.jpg
e0187064_12125526.jpg
e0187064_12132099.jpg
e0187064_12135663.jpg
e0187064_12142071.jpg
e0187064_12144873.jpg
e0187064_12151145.jpg
e0187064_12153066.jpg
e0187064_12154322.jpg
e0187064_19065222.jpeg
e0187064_19070513.jpeg

←menuへ