2:00起床 ハムサンド、お味噌汁、玉子スープをサクッ食べて、
ペルセウス座流星群の見ごろな夜ですが
3:10出発 辺りはまだまだ真っ暗闇・・・夜空は曇り。残念ながら星さえ見えません。
1時間ほど早い出発かな、遠くに登ってる人のヘッドライトが、5~6つ。昨晩深酒したけど、早い就寝やったせいか割と早いペースで我々Rainsも出発できたみたいです。

明るくなるまで写真はナシ
景色は・・・真っ白
e0187064_10171684.jpg
e0187064_10173592.jpg
e0187064_10180407.jpg
e0187064_10183519.jpg
なかなか骨があってオモシロイ
e0187064_10185867.jpg
e0187064_10194157.jpg
往路のメインイベント、カニの縦ばいの前で
e0187064_10203348.jpg
e0187064_10205489.jpg
e0187064_10213515.jpg
6:10 剱岳登頂
e0187064_10221324.jpg
山頂で頂く、"頂"
e0187064_10225215.jpg
6:40 下山開始
往復の中で1番の重要ポイント、復路のメイン、カニの横ばい
e0187064_10234244.jpg
最後の縦梯子
e0187064_10242721.jpg
10:15 剱沢キャンプ場 着
残ったご馳走をまとめて作ります。ラーメン、玉子スープ、チーズフォンデュ、ローストビーフ
e0187064_10253213.jpg
e0187064_10255733.jpg
e0187064_10262839.jpg
e0187064_10270436.jpg
2日目は一切、姿を見せてくれなかった剱連峰
頂上はこんぐらいかなぁ?笑
e0187064_10272987.jpg
気合を入れるマドンナ達
e0187064_10275907.jpg
12:05 剱沢キャンプ場 出発
e0187064_10283215.jpg
12:45 別山乗越 到着
12:55 別山乗越 出発
e0187064_10285743.jpg
e0187064_10291521.jpg
e0187064_10293775.jpg
14:10 雷鳥沢キャンプ場 到着
無事下山してきた感が一入。リベンジ達成やね
e0187064_10301179.jpg
ここから整地された階段の連続の1時間
e0187064_10302810.jpg
15:20 室堂 到着
e0187064_10304519.jpg
e0187064_10305840.jpg
スタートはこの雷鳥との記念写真も雨足が強い中やったけど、怪我なくみんな笑顔で帰ってこれました。

今年の夏は兎に角、暑い。TVでは「命の危険に関わる暑さ」と注意喚起するほど、連日各所で猛暑を記録している。
それぞれの夏がアツい。
2018年、忘れられない夏が、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

バーレーボールの練習の合間に山へ登る山愛がハンパないネーヤン
大雨でテントが浸水しても愛娘に起こされるまで気づかないほどのリベンジに燃えるitabb
連日ランニングして自主トレに励む(5人目のメンバーを目指す)カズちゃん。
・・・で春風

19:00itabb、ネーヤン、春風家の近くのコンビニに集合。キャリアーにitabb80ℓ春風75ℓの大型ザックを二つ入れて、車内は広々。夕食にかっぱ寿司を食べた後、
21:00出発。北陸自動車道を経由して、立山駅に26:00着
山の日のせいかな?駐車場は山盛りいっぱい。車で仮眠して、4:30起床。
空は・・・雨です。
e0187064_22493770.jpg
着替えて準備して、朝ごはん・・・雨です。
e0187064_22510344.jpg
去年itabbが来た時と同じような天気です。
立山駅から美女平までのケーブルカーに6:10発に乗車。
e0187064_22531893.jpg
車窓に広がる一面の雨模様。美女平から室堂へバスに乗り換え、8:00室堂から一路、雄山を目指します
雷鳥4匹と一緒に。
e0187064_22545335.jpg
e0187064_22595453.jpg
e0187064_23010551.jpg
8:45 一の沢乗越にて
e0187064_23020948.jpg
雄山へ。雨、霧のせいで視界はゼロ
e0187064_23025941.jpg
雄山到着時には若干天気も回復傾向に。
古くより山岳信仰の盛んな日本で、日本三霊山と言われる、富士山、白山、立山をitabb完踏です。
e0187064_23045893.jpg
メンバーテンション上がってきました。
e0187064_23060962.jpg
大汝山
e0187064_23072046.jpg
途中一緒に登った小2の子供。将来山好きな大人になれよ
e0187064_23081037.jpg
富士ノ折立
e0187064_23105119.jpg
e0187064_23115188.jpg
e0187064_23132514.jpg
長い稜線
e0187064_23144338.jpg
e0187064_23155817.jpg
大汝山、富士ノ折立、真砂岳と進み、剱岳を真正面に拝む別山の稜線まで到着。
「よく来た」と言わんばかりに登場する剱岳 2999m
e0187064_23192325.jpg
e0187064_23200964.jpg
別山乗越の小屋を経由して昼食予定を変更。ここから直接、剱沢キャンプ場へ下ります。
e0187064_23211880.jpg
やっぱり剱岳の迫力はスゴい。
e0187064_23223599.jpg
今日は山の日、色とりどりのテントか無数に広がります。
なかなか平たい幕営地を見つけられず、一苦労。テントを無事張り終えて、
鬼軍曹から「とりあえず、先ずおつかれ乾杯やろ!!」との号令で乾杯~
e0187064_23234929.jpg
e0187064_23280891.jpg
今回持って上げたビールお酒の数々。
e0187064_23244992.jpg
ネーヤンは未成年やから除いて、大人3人でどんだけ飲むつもりやねん。
サラダ、ジンギスカン、冷しぶっかけうどん、アラビアータ、ホルモンetc・・・
e0187064_06523006.jpg
e0187064_06550236.jpg
カズちゃん、ちっちゃなフライパン大正解
e0187064_07013553.jpg
この赤ワインめっちゃ美味しい。
e0187064_07020805.jpg
e0187064_07022728.jpg
e0187064_07024859.jpg
翌日2:00起床の予定やから、早目の消灯・・・ってか飲み過ぎて酔っ払い過ぎて、19:00時には爆睡

e0187064_22235682.jpg

スモモの木の下の群、遅くに入った群です。
e0187064_22240640.jpg

e0187064_22241345.jpg

今年は2群採りました。
e0187064_22242208.jpg

屋内で蜜を採ります。
e0187064_22242855.jpg

すべて今年入った群ですが、巣の色がまるで違います。
e0187064_22243565.jpg

ゴミなどを取り除く布、金属製の網と合わせて漏斗にとり付けます。


この布って・・
Moeがオシメで使ってたやつ??

なんてね^^
e0187064_22244178.jpg

e0187064_22244629.jpg

4つの瓶があります。左から3つは純粋な垂れ蜜。
右端の一升瓶は搾り蜜。

終始グータラしていたヤツがいいところだけ入ってきました・・^^;

e0187064_12121471.jpg
e0187064_12123000.jpg
e0187064_12125526.jpg
e0187064_12132099.jpg
e0187064_12135663.jpg
e0187064_12142071.jpg
e0187064_12144873.jpg
e0187064_12151145.jpg
e0187064_12153066.jpg
e0187064_12154322.jpg
e0187064_19065222.jpeg
e0187064_19070513.jpeg

引くときは、多少強引でも構いませんが、進むときは満場一致で事を運ぶべきです。
そうしないと何かあった時に後悔します・・・
満場一致で新穂高ロープウェイに乗り、駅から1時間30分の行程をやっつけて来てしまいました、西穂高山荘。
計量の結果、春風のザックはなんと26.5kg
テントを担いでるマーシーでさへ21.5kgやのに何が入ってるのかというと
e0187064_18084075.jpeg
これしかないですわな。しかも既に何本かは完飲して、傍らに残骸が
e0187064_18093870.jpeg
共同食を忘れたのに、個人ザックから出てくる酒と肉(◎^▽^◎)酒池肉林! これこそRainsの真骨頂!!!!
e0187064_18100006.jpeg
くそキツい一日でした。
e0187064_18104079.jpeg
夕日が白肌の連邦を染めていきます。
e0187064_18105826.jpeg
明日に繋がる血の元をとりあえず取り入れます。
e0187064_18111452.jpeg
19:30 就寝
春風「マーシー、3:00に目覚まし合わせといてよ。」マーシー「了解、セット完了です!」




春風「おいっ!もう4時やぞ!」
(◎_◎;) 目覚ましはセットしたけど、スマホの電源切ってました。(´×ω×`)
もう何をやっても失敗続きの今回ですが、山の天気だけは快晴なんです。
e0187064_18112862.jpeg
体はキツいですが、マーシーには頑張る理由があるんです。
e0187064_18114255.jpeg
逆光がしぶい。
e0187064_18115588.jpeg
噂に聞く独標まで来ました。西穂まで残り11峰
e0187064_18121283.jpeg
まだピラミッドピークも超えていかなければいけません。
e0187064_18123372.jpeg
西穂高岳はイージーと聞いていたけど・・・昨晩の燃料補給が足らなかったんか
e0187064_18125941.jpeg
もし、雪が崩れたら…風にあおられたら…考えるのはやめましょう。
e0187064_18132418.jpeg
ひとつずつ越えていく12の峰
e0187064_18144025.jpeg
e0187064_18152529.jpeg
ヘルメット被って来たら良かった。歳のせいか、ブランクのせいか、普通に怖いです。
e0187064_18154664.jpeg
ベストショット大賞
e0187064_18160452.jpeg


西穂高岳登頂。マーシーはこれで穂高岳連邦全制覇しました。
e0187064_18162534.jpeg
e0187064_18164251.jpeg
e0187064_18170286.jpeg
写真はないけど、帰りに細心の注意を払おうね。

おかえりーと迎えてくれたのは、砂風呂みたいに全身浸かった、いや雪風呂でキンキンに冷えた色とりどりのビール達
e0187064_18172972.jpeg
待ちわびた祝砲は、言葉に出来ないくらい美味すぎます。
e0187064_18175544.jpeg
醤油だまりとカレー味の鶏肉、棒ラーメンその他様々なメニューが出てくるBar Rains西穂高山荘店。
e0187064_18181126.jpeg
共同食は必要だったのでしょうか?
そんな疑問を抱きながら無事に下山。
深山荘の温泉をバックに記念撮影。マーシーの足はエグすぎてアップ出来ません。
e0187064_18184761.jpeg
三段式の露天風呂の内、1つは混浴です。
e0187064_18191131.jpeg
外国人の女性の方が水着着用の上で足湯しながら読書しておられました。
e0187064_18193728.jpeg
内湯の檜風呂。
e0187064_18195260.jpeg
笠ケ岳のルートは発見出来ませんでしたが、結果的には天気と山に愛された3日間。
e0187064_18201109.jpeg
いつ、何回来ても体力的、精神的に鍛えられるアルプス。でも決して硬すぎないのがRainsの山。
誰がBBQコンロ持って登ったとか、山ほどのビールを飲んできたとか、どしゃ降りの中、裸に雨具の強者がいたとか、膝がコブレタって言って拗ねてたヤツとか笑とかとか笑
そんな楽しい思い出話ばっかり出てくる

次は夏山だ。

4/21  
13:00 マーシー発、itabb、春風をピックアップ
春風の調理具が見つからないままスタート。

レインズとして3年ぶりの残雪期アルプス。メールを見た瞬間、汗を握ったのを覚えています。

松原のスーパーで買い出し。各員の行動食、共同食諸々。春風の箸類もゲット。
マーシーの運転で近道、第二京阪へ。っでも間違って奈良方面へ…
そういや、昔は京都にも間違って行ったことありましたね。ごめんなさい。新しいナビが欲しいです。

無事に?! 深山荘無料駐車場に到着。今晩はここで前夜祭です。
e0187064_16544352.jpeg
と思いきや、春風の箸ないぞ!っていうか、買ったはずの共同食そのものがないぞ! …Σ('◉⌓◉’)
えぇ~っと、・・・スーパーでカート押しながら出て来て・・・itabb、春風らが車の前で待ってて・・・
慌てて車の鍵あけて・・・買い物袋は・・・カートのホックにぶらさげ・・・(;´д`)・・・ガーン·ガーン
申し訳ございません!! 共同食は大阪です
e0187064_16550600.jpeg
話し合いの結果、共同食(主に明日、山頂で食べる夕食:パスタなど)はナシで他の食材で代用することに決行。

今晩の晩餐、肉です。
e0187064_16585308.jpeg

4/22
2:00 車中泊の後、起床
2:50 登山開始です。
e0187064_16555091.jpeg
当初計画していた、穴毛谷から稜線へ出るルートは、雪解け水の増水のせいか、元々行程自体に無理があったのか、
木に遮られ、川に阻まれも断念。ここでも予定が崩れていきます。

仕方なく、正規の夏道の登山ルートから登ることに
なんだか、今日もスタートしてから上手くいきません。山全体からウェルカムの雰囲気がないような・・・
e0187064_16582592.jpeg
山のブランクはそのまま体に出ますね。バテバテのマーシーです。
e0187064_16570098.jpeg
天気は快晴です。
e0187064_16593186.jpeg
Tシャツで十分。
e0187064_17000081.jpeg
ただ、夏山の登山ルート「笠新道」ですら全くルートが分からない。木を掻き分け、斜面を直登していきます。
僅かな体力でさえ、山は容赦なく削っていきます。足を出せば雪ごと抜けて太腿までズッポリ落ちる。何度転んだか分からない。
マーシーに関しては、両脚の共ツリを数回、左脹脛、右膝裏内側を捻挫、両足の踵、親指の靴づれにより水泡破れ。itabb関しては運動不足と四十肩。春風は徳島ラーメンの体重増加といつもの食料過多で両脚の共ツリを数回・・・
それぞれ疲労困憊、満身創痍です。

行程の3分の1くらいは進んだでしょうか。急斜面というか、その先は崖か、そもそも稜線に出れるのか、ピッケルとアイゼンで必死の急斜面を這いつくばる。
e0187064_18041524.jpeg
一体どのへんやったんや??
満場一致で撤退を決意。もう無理だ…。
電波などないのにスマホを眺める者。
e0187064_17004027.jpeg
呆然と現実逃避する者。
e0187064_19423671.jpeg
寝入る者。
e0187064_19452902.jpeg
惨敗を期したRainsメンバーこんなに、重々しい下山は初めてです。何も出来なかった。
e0187064_18054543.jpeg
下からもう一度眺めるも、やっぱり何処から登れたのか分かりません。笠ケ岳…くそっ…
e0187064_18062037.jpeg
itabb「今から赤岳でも落としに行こか」
春風「ならロープーウェイもあるし、西穂高行こらよ」
マーシー「(΄◉◞౪◟◉`)はい?」

まぁビールでも飲んで、それから考えよう(((((└(:D」┌)┘)))))))

忘れかけてたぐらい久しぶり
夏ごろから後輩が声をかけてくれていた林道ツーリングがようやく実現
十津川から護摩壇山へ続く約30㎞のダート、林道川津今西線
メンバーはKLXのH君、CRF君のF、そしてXLRのIta
林道入口までは168号を登っていきます
途中の登りでFの愛車が不調
どうもクラッチの調子が良くないみたい、ってところまで判明
スマホで検索やらバイク屋さんに聞きながら対応を試みるもなにぶん素人集団…
改善せずに一旦降りて近くのバイク屋さんを探すことに
しばらくして右側にそれっぽい建物
168沿いに開店中の”Moto DINER”
たまたま居た強面のオーナーが応急処置をしてくれて復活!
いいロケーションでコーヒー飲んで束の間の談笑
我々「助かりました。ありがとうございました!」
強面「おー 気ぃ付けて行ってこいよ。今度は昼飯食いに来いよ!」
そんな挨拶を交わして、いざ♪
林道入口到着は13時ごろかな‥
空気圧抜いて突入!♪

e0187064_08262654.jpg
e0187064_08265959.jpg

勇ましくは言ったものの、二人に途中途中待ってもらいながらなんとか進みます
いや~
やっぱり楽しい♪
やっぱりオモロイ!!
奇跡的に転倒もなく無事、護摩山スカイタワー横に出たのは16時前やったかな‥
二人はフラストレーション溜まったと思いますがオジサンは限界値ギリギリ^^;
楽しい時間をありがとう。


地下鉄を乗り継で、森ノ宮駅で昼飯
e0187064_19592768.jpg


大阪城の紅葉は少し早かったみたいw
e0187064_19591884.jpg

夜は春風に前連れってもらった法善寺の「玄品ふぐ」でした
んー
日本人に生まれてよかった!(画像なし)

〆はやっぱこれですか!わなかさんの2Fです

e0187064_19593429.jpg



ゴルゴです。
13です

むかしは文字の多い読みにくい漫画として認識してましたが
この度大阪で展覧会があるということで、巻き添えをくらわせつつ行ってきました
e0187064_19585139.jpg

随所で警告が発せられます!汗
e0187064_19590185.jpg


娘にあっては危うく命を落とすところでした(・_・;)
e0187064_19590895.jpg


どのカテゴリに入るんやろか
e0187064_19494684.jpg

要するに世界一周をしたっていう話。
これだけだとありきたりだけど、読書嫌いな僕がいろんなことを教えてもらいました
難しいことはさておき、男の子の心を大いにくすぐる内容
尊敬します
坂本達さん。
←menuへ