タグ:春風 ( 761 ) タグの人気記事

去年の今頃は火之国に出張でした。
そして今年は・・・
阿波之国に来ています。泡の国じゃないよ笑

休みの今日は、マーシーが激走しているだろう中
先ずクルマで激走して、徳島では超有名な定食屋さん "びんび家"へ
e0187064_18562744.jpg
e0187064_18570069.jpg
e0187064_18572015.jpg
e0187064_18574069.jpg
e0187064_18575822.jpg
e0187064_18582014.jpg
e0187064_18583869.jpg
飲めないのが残念。しかしお昼やのに、絶えず20~30人ぐらいの老若男女長蛇の列

それから鳴門の渦潮へ
e0187064_18585960.jpg
e0187064_18593034.jpg
e0187064_18595209.jpg
e0187064_12554918.jpg
今度は乗船してもっと近づいてみたいな

書いているとき吹き出しが出ている様に相手のことを思い浮かべ、考えます。
内容をうまく伝えたいなぁ、こういう書き方をすればもっと伝わるかなぁ…様々なことを考えます。
e0187064_15545632.jpg
誰にでも文字の癖ってのがあって、ソレがきっと懐かしく、
何よりほのぼのとした温度が感じられるような気がする。
投稿する前に何度も何度も書き直して、読み返して、
切手を貼って、ポストに投函する。直ぐ届くメールじゃなくて、時間が上乗せされて届く分、
一連の行動の中に自然と相手のことを想う、やさしい気持ちが増えていっている気がします。
キザでしょうか?絵手紙でもはじめましょうか?


一軒目
創業は弘化元年(1844年)と古く、日本最古のおでん屋とのこと
1844年って江戸末期。徳川慶喜公が大政奉還をしたのが1867年、ペリーが浦賀に来航したのが1853年。
暖簾のたこ梅の文字も、掛け間違いではなく反対読み。
周辺の立地と似つかわしくなく、古民家で老舗感がビシバシ来ます。日本橋 "たこ梅 本店"
e0187064_16412571.jpg
店内はコの字のカウンターエリアと奥のテーブル席。右奥のカウンターに案内されました。
e0187064_16415675.jpg
e0187064_16422526.jpg
まずは名物 蛸の甘露煮
e0187064_19554735.jpg
e0187064_19560008.jpg
続いて、大根、ゆば、こんにゃく、鯨すじ、厚揚げetc…
e0187064_16430276.jpg
e0187064_16431947.jpg
酒と料理は注文すると目の前のお皿に木の札が置かれるシステム
e0187064_19561210.jpg




二軒目
e0187064_20051900.jpg
漫画「美味しんぼ」でも取り上げられたことのある超有名店。
瓦屋根を模したファサードに、故森繁久彌さんの詩が書かれた暖簾
e0187064_20053119.jpg
地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩10分くらいのところにある "常夜灯 豊崎本家"

e0187064_20054876.jpg
今晩頂いたのは夜の定番 かんさいだき 4000円/人
e0187064_20060131.jpg
e0187064_20061415.jpg
蛸、えび天、ごぼ天、う巻き、ロールキャベツ・シュウマイ・ひろうす・糸コン・厚揚げ・大根・玉子・巾着・豆腐・がんもどき…
e0187064_20063480.jpg
e0187064_20064804.jpg
これらも大半を店内で手作りしているそうだ。
こちら店内には「写真撮影はご遠慮ください」との張り紙が。
お店の方に確認したところ、店内写真はNGやけど料理の写真はOKとのこと。(ネットから拝借した画像もあり)
ここまで10品以上で結構お腹もパンパン。そして最後の〆
おでん出汁で炊き上げた茶飯
絶品
e0187064_20070911.jpg



三軒目
NGKから、ぶらりと裏難波の怪しい路地を進むとひっそりと佇む
カウンター席のみのシンプルな、おでんをメインにした小料理屋さん "酒肴 哲"
e0187064_20181130.jpg

かれこれ今まで何回電話をしたやろか?いつもいっぱいで、焦がれてやっとの訪問です。
e0187064_20184852.jpg
厚切ベーコンにクリームチーズ添えをはじめ、ホタルイカと菜の花、白子、大根…
e0187064_20182761.jpg
e0187064_20183927.jpg
e0187064_20191410.jpg
e0187064_20190193.jpg

途中から撮るの忘れてたワ。ビールも焼酎も日本酒もジャンジャン進みます。


どのお店もかなり高級。ぶらりと毎晩通えるお店やないけど味は保証付きやね。たかがおでん、されどおでん。
ヒロさんBDP
e0187064_20290492.jpg

オーパス(Opus)は音楽用語で「作品番号」を意味し、オーパス・ワンは交響曲第1番と言ったところだろうか。
「1本のワインの交響曲、1杯のグラスワインはメロディーのようなものだ」と込められネーミングされているらしい
だいたい1本40,00カ円以上は下らないカリフォルニアワインの最高峰「オーパス・ワン」
そんな高級ワインは一生飲めないけど、明石家さんまさんのフジ「ホンマでっか!?TV」でお気に入りとして
紹介していた飲んでみたいワイン
"ナパ·ハイランズ·カベルネ·・ソーヴィニヨン·ナパ·ヴァレー"
e0187064_20361877.jpg
高級オーパス·ワンにとても風味が似ているらしいく、さんまさんが好きらしい。
どうやら道を挟んだ隣の畑で作られたらしい
話のネタには十分で、手頃な価格で、とても美味しかったナパ·ヴァレー1本3,000円強



プレゼントは抱き枕
最近、春風の生活に
張りもなければ、もない。もなければ、勢いもない。
もなければ、もない。ヨクもなければ、ワルくもない。

専ら御無沙汰やし、今春こそは・・・どう?itabb隊長、マーシー参謀、の印課長、マルハナ料理長
e0187064_19400549.jpg
Rains初挑戦となった2011.5.20 春山 涸沢ヒュッテまでの急登

クラムポン、アックス、ヘルメット、ゴーグルetc・・・宝が持ち腐れてしまうよ
e0187064_19401703.jpg
奥穂高山荘 幕営地から仰ぎ見る奥穂高岳

エンジンもトルクもサスペンションもetc 不安しかないけどね

実際発生した凶悪犯罪事件をモチーフにして作られた国内映画「事実は小説より奇なり」第9弾



北海道警銃器対策課の稲葉警部は100丁を上回る拳銃を押収し銃対のエースと呼ばれる。
が何百丁と挙げた拳銃のほとんどがやらせだった。本人曰く8年間の捜査のなかで、実際の捜査による拳銃の押収は、たった2丁といい、ヤクザと裏取引して銃を提出させていた。また北海道警察幹部もヤラセ捜査をむしろ奨励しており、おとり捜査、やらせ逮捕、そして覚せい剤密輸などが横行していたと原作本「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」の著者の稲葉圭昭氏は語る。
道警の常套手段であった暴力団員など裏の世界の捜査協力者=スパイへの裏金作りの工面に奔走するように。次第に拳銃や覚醒剤の密売に手を染め、稲葉自身もストレスから覚醒剤を常習することとなる。
2002年捜査協力者の1人からの密告により、稲葉は逮捕。捜査協力者と稲葉氏の直属の上司はともに自殺することに。
劇中のおとり捜査は2000年の北海道警察銃器対策課と函館税関の手引きによる覚醒剤末端価格40億円の「石狩新港泳がせ捜査」とされる。
映画「日本で一番悪い奴ら」はまるでフィクションのような凶悪犯罪とその背景が、事実というから驚かされる。「凶悪」につづき白石監督作品は図太く見ごたえがある。白石監督の次回作「虎狼の血」も大いに楽しみだ。
e0187064_19314481.jpg


過去に買春で逮捕歴があり執行猶予中だった犯人29歳の男は、無店舗型の非合法の未成年デートクラブを経営。
女子高生数人をスカウトとして雇い、高校生などを含むローティーンの少女などを数百人買春、斡旋する。他にもビデオの販売などをして多額の利益を搾取していた。2003年7月犯人は少女4人が誘拐し監禁するも、少女を買春した容疑で逮捕状が請求される。しかし犯人はテント状にしたビニールの中で、七輪による練炭自殺を図り死亡。遺書もなく動機は不明とされるが、父親は1996年に自殺、兄も1999年に自殺、2001年には母親が自殺未遂を図っているなど身内に不幸が相次いでいる犯人。アパートからは、1000本以上のビデオテープと2000名に及ぶ会社経営者や医者、弁護士などの顧客リストが押収された。しかし多くの物的証拠や顧客リストがあるにも関わらず誰も逮捕されず「顧客リストに政治家や警察官僚がいたのでは?」「犯人は本当に自殺なのか?」と噂が上がるものの疑惑は真偽不明とし幕引きとなった赤坂プチエンジェル事件。
この事件をインスパイアしたのが、キャラの濃い俳優陣出演の「渇き
可愛いメロディと毒々しいストーリーがミスマッチして逆に不気味さを駆立てる。夢の中と錯覚している加奈子は夢の終わりに気づいたのだろうか?しかし全てを凌ぐ、ネジが外れた狂乱しブッ飛んだ演技の役所広司は見事なハマり役だと思う。

e0187064_19320199.jpg

 
昭和40年 横殴りの雨が降る駅近くの路上で女子高生を脅し、レインコートにすっぽり包みこんで、自宅アパートで監禁する。戦時中は海軍で中尉まで勤めていたが定職にはつかず、英語が得意なことから外国人相手に観光ガイドをするなどして生活していた日野雅史という偽名で翻訳家を自称する角園九十九。そんな彼の日記には「俺は孤独な男。だから”桃”を探さねばならぬ。それは白く熟れた甘い桃だ」と綴っている。
欲望を満たす存在として女子高生を監禁しつづけるのだが、次第に丁寧に接するようになる。誘拐4日目には下着やワンピースの衣類、ミシンや布地を買うなど奇妙な同棲生活がスタートする。温泉旅行に出かけたり、一緒に外出していて、楽しそうに歩くのを管理人も目撃していた。また口座を作って女子高生の為に貯金までしていた。しかし半年あまりたったある日少女を偶然目撃した人の通報によって発覚、角園九十九は逮捕される。裁判で角園は懲役6年の刑が確定している女子高生籠の鳥事件。
この事件をモデルにした作品は1999年から映画シリーズ化されている。
その第一弾には竹中直人、小島聖が出演している。「完全なる飼育」竹中直人はこの撮影の際に、前貼りをつけずに臨んでいると語っている。総じて、日活ロマンポルノかって感想になる。
e0187064_19321568.jpg


2006年12月新宿の路上で、上半身だけの遺体が、その後渋谷にて下半身のみの切断遺体が発見される。この上下の遺体のDNAが一致し、三橋祐輔と判明する。遺体発見から1か月後、殺人死体遺棄で逮捕されたのは妻・歌織であった。夫・祐輔は資産運用会社で勤務、年収1億5000万以上、家賃も20万もするマンションに住んでいたが、妻・歌織の逮捕時の預金はわずか5万円だった。
大学時代の歌織は仕送り40万円。それだけでは足りずソープランドで働き、常客と愛人契約を結び家賃16万のマンションとお小遣いをもらっていたというほど、異常な金遣いの荒さだったという。一方で祐輔は法律事務所でのアルバイトで月収16万という状況の中、2人は出会い、妊娠、結婚に至る。しかし当時の祐輔の収入の低さから歌織は勝手に堕胎する。これをきっかけに祐輔の怒濤なるDVが始まり、保護施設が必要なほどエスカレートしていく。祐輔も浮気をし、歌織も愛人契約の男性と関係は続いており、次第に歪んだ結婚生活が露呈し崩壊しバラバラ殺人事件へと加進していく。町田市の公園に頭部を、手首はゴミと一緒に捨てたと供述したとされる新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件をモデルにした「ひかりをあててしぼる
登場人物たちの行動の説得力が弱く、緊迫感の不足が随所にある。全体的にマンションの一室という設定から陳腐さが拭えないが、名の通ったキャスティングじゃない分リアリティを感じさせる。・・・がもうひと押し、ふた押し欲しかった。
e0187064_19364248.png

1月5日の仕事初めもまだまだお正月気分のまま、
3連休最終日の1月8日・・・まだまだ正月モードから抜けられず

少し早いですけど、今宮戎神社へ
e0187064_19122743.jpg
e0187064_19124895.jpg
既に年賀の祝で飲んでますけど笑
酒場で飲むのは、飲み初め"森田屋"
e0187064_19132795.jpg
e0187064_19134747.jpg
e0187064_19141226.jpg
e0187064_19143540.jpg
e0187064_19150783.jpg
e0187064_19153090.jpg
e0187064_19154876.jpg
e0187064_19160727.jpg

仕事始めからの
新年会&30周年式典
e0187064_21590855.jpg
e0187064_21570214.jpg
e0187064_21572025.jpg
e0187064_21573691.jpg
ランドマークスクエア大阪にて
e0187064_21584797.jpg
e0187064_21592777.jpg
ギャロップ
e0187064_21594147.jpg
e0187064_22001088.jpg
ご馳走様でした

我が学舎よ、永遠なれ
e0187064_14130197.jpg
廃校になった旧学文路中学校の校舎が平成30年3月末をもって解体される

~1/8まで校舎を見学できるようで、事前申し込みが必要らしいんやけど、
年始の休みを利用して行ってきました。
1FのC側の廊下
e0187064_14142382.jpg
雨の日よぉ~ロックンとかエントツしたよなぁ。ガラスも割ったでなぁ~
e0187064_14153249.jpg
窓際から見る、名峰"おけつやま"笑
e0187064_14155540.jpg
今見るとグランドってそれほど広くないねんなぁ
職員室ももっと広かったと思ったんやけどなぁ
e0187064_18171223.jpg
みどりぃこきぃ~国城山なぁ~みぃ~♪あっこれは清小の校歌かっ

風もぉ~微笑む~さみどりのぉ~国城の山ぉ~湧くぅ雲にぃ~♪
学中校歌♪まだ空で歌えるでぇ~
e0187064_14162262.jpg
音楽室
e0187064_14164837.jpg
理科室
e0187064_14171141.jpg
技術室
e0187064_14180699.jpg
調理室
e0187064_14182582.jpg
体育館への渡り廊下
e0187064_14193660.jpg
なんかすごい思い出があるわァ
e0187064_14195367.jpg
雨の日とかココでロックンしたでなぁ
e0187064_14203047.jpg
玄和会飛龍館道場和歌山支部でこの奥に巻藁あったよなぁ~...なぁ幸司
e0187064_14204729.jpg
中学生ながらいつかこの鉄塔に登ったろうって思っててん
e0187064_14210952.jpg
焼却炉
e0187064_14214240.jpg
学中よ永遠なれ!!!

e0187064_17240829.jpg
しめ縄が神の領域と現世を隔てる結界となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目があり、その由来は天照大神が天の岩戸から出た際、再び天の岩戸に入らないようにしめ縄で戸を塞いだという日本神話にあるとされ、しめには神様の占める場所という意味もあると言われている。
知らんけど(◎^▽^◎)笑

毎春恒例の春風系譜の新年会
春風はまた今年も変わらず1人ですが、新メンバーも1人増えて、
欠席者も混ぜると3人増...おめでたいねぇ。


Tree
←menuへ