<   2019年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

実際発生した凶悪犯罪事件をモチーフにして作られた国内映画「事実は小説より奇なり」第10弾



暴力団関係者への借金返済や上納金のため、多額の現金を必要としていた暴力団組長一家4人が、近所の資産家家族が脱税して自宅に溜め込んでいるとされる現金を強奪する計画が立てる。2004年9月に1人目を殺害したのを機に、資産家一家3人とその友人1人の計4人を相次いで殺害。家族の暴走殺人が始まる。市内を流れる川にそれぞれ遺体を遺棄した強盗殺人・死体遺棄事件。加害者家族4人全員に対し、死刑判決が言い渡される特異な福岡県大牟田市4人殺害事件。すべての殺害行為の実行役の次男の獄中手記を書籍化した「我が一家全員死刑」を基に作られた「全員死刑」。
一見すると最悪の悪ふざけでギャグのようなに描写も多いが、睡眠薬をすり鉢で粉にしてふりかけにしたり、適当な感じで仲良くなる様も、驚くほど人が死ににくいのも、実際の手記に沿った内容になっている。そういう点では案外真面目な作りの映画かもしれない。
e0187064_17323164.jpg



2000年12月30日午後11時頃から翌31日の未明にかけて、東京都世田谷区にて家族4人が殺害され、隣に住む実母が発見し、事件が発覚する。大晦日に差し掛かろうとする年の瀬の犯行だったことや異常な殺人ぶりや、現場の乱雑さ、犯人の指紋や血痕、靴の跡(足跡)の他、数多くの遺留品を残している点、子供もめった刺しにする残忍な犯行、さらに殺害後に2時間の仮眠を含め長時間殺害現場に留まった形跡が高く、室内のパソコンを操作したりお茶やメロン、アイスクリーム4個を食べたりするなどの異常な行動など特質する点が多く挙げられる。これらの多くの事柄が明らかになっていながらも現在も犯人の特定に至っていない未解決事件、世田谷一家殺害事件。
一家惨殺の犯人が逮捕されないまま長い年月が過ぎ去っているという設定から、おそらくインスパイア元とされる映画「愚行録」。ある閑静な住宅地で起こった凄惨な一家惨殺事件。この未解決事件をライターが関係者たちを訪ね歩く。同僚や同級生、元恋人からの称賛、嫉妬、羨望、嫌悪。すると、一見理想的な夫婦と思われた二人の本性が現れてくる。
e0187064_17325727.jpg



2002年和歌山県打田町にて国際モデルと嘘をつく亜矢子(24歳)は出会い系サイトで安芸(32歳)と出会うが、金を貢がせるため「わたしは組長の娘、組長に月20万円払えば結婚を認めてくれる」と持ち掛け全財産をむしり取る。安芸は闇金にも手を出し、働いていた自動車販売会社もクビになってしまう。一方、亜矢子にはもう一人サイトで出会った男性(24歳)がおり、しかも安芸が貢いだ金でその男と豪遊していた。その男には心臓が弱い姉(27歳)がおり、3人でも遊んだりしていたが、「もしも結婚となればこの女の面倒を見なくては」と次第に思い、邪魔なる。そこで、亜矢子は安芸を使い、自分の兄・小鉄という架空人物に扮して姉を騙すように仕向けるのだが、なんと姉は安芸演じる兄・小鉄に行為を抱き始める。そこで亜矢子が安芸に、姉をデートに誘い殺害をするように指示。成功したら結婚してあげるという約束の元、男の姉を殺害。更に亜矢子は「一人も二人も同じだろう」と安芸が勤めていた自動車販売会社の社長を殺害するよう指示。サバイバルナイフで刺されたものの社長は一命を取り留め、この二人の一連の愚行が発覚し、亜矢子と安芸共に逮捕される。
この事件をベースに脚色が加えられた映画「愛の病」田舎の退屈で鬱屈した日々、それを突破したい衝動が増幅して惨劇を引き起こす。そんな田舎感、空気感をもっと出してほしかった。和歌山の話やのにロケ地は千葉県、和歌山の風景は無く、んでもって、ぎこちない関西弁(和歌山弁)。てきら、ちがわぁ~あかなぁ~。ほんならとてこいおもしゃいのに。ほんなこと言えやんよ
e0187064_17332013.jpg

 

1歳半のときに両親が離婚、中学教師の父親と、父方の祖父母の4人暮らしで明るく活発、成績優秀で学内でテニス部に所属、後輩からの信頼も厚い高校3年生が2000年5月に起こした豊川市老婆殺人事件。主婦(65歳)を40ヶ所も刺して殺したうえに、夫(67歳)にも重傷を負わせる。前もって竹藪に隠してあった服に着替えて逃走するが、竹藪に鞄を置き忘れていく。動機は「人を殺してみたかった」とされ「未来のある人は避けたかったので老女を狙った」と供述している。
この事件をヒントに製作、脚色が加えられた2006年の映画「カミュなんて知らない」
大学の演劇サークルで殺人を題材にした映画製作する。殺人衝動は「異常」か「正常」か?「異常の中の正常」か?学生たちが心理解釈を巡り議論する中クランクインする。私的には途中のどうでもいいキャンパスライフは大きく省き、伏線を張り巡らしてラスト15分の驚異のドンデン返しに持って行ってほしかったと思う。ってか最後はドンデン返しってことなんか。再度リメイクすればもっとオモシロい一本になると思う作品。
e0187064_17335926.jpg


夜釣りにでも行こうかと思ってましたが、昨日から関東でも積雪があり、こりゃだめだということで諦めました。
昨日はプールで2km泳いで、ゆっくりと布団で休養したので、今日は自転車で吉野へお出かけすることにしました。
e0187064_17120398.jpeg
昼過ぎに吉野のコンビニに到着し、お昼ご飯を食べ、昔の記憶を辿って叔母の家に寄り、茶菓子をご馳走になりました。
e0187064_17100897.jpeg
帰りに、吉野ではちょっと有名な酒屋、「やたがらす 北岡酒店」へ。
e0187064_17102271.jpeg
e0187064_17103127.jpeg
サドルバックに入るサイズが限られているので、純米吟醸、冷酒、ワンカップの3択で純米酒を選びました。
e0187064_17104249.jpeg
恋野橋です。
地震で歪んでから現在の状況です。
e0187064_17105395.jpeg
今日は酒を飲みながら、サッカー日本代表を応援します。



北浜の有名な立呑屋 "ひらやま"
e0187064_11013907.jpg
名物どじょう蒲焼き
e0187064_11015103.jpg
e0187064_11020244.jpg

今年は出張で、長州・長門市に来ています。
現場が始まってすぐに雪でした。
e0187064_19392608.jpg
・・・で、仕事の話はもうおしまい笑笑

宿は東萩駅のそばにあるビジネスホテルです。始めに泊まってたホテルが余りにも狭くて酷かったんで一週間して変更。
今泊まってるホテルはびっくりするぐらい広くて、キレイで、大浴場もあって、1000円の値差とは思えないぐらい。ってか前が酷すぎたんかな。

現在の萩市は合併によって広くなりましたが、かつては海に面した三角州のみが萩市と呼ばれていたそう。
そんな萩の町を時々ランニングしています。途中立ち寄ったスポットをアップします。

萩市は非常に狭いながら、「維新の志士」と呼ばれる、明治維新の際に活躍した歴史上の偉人が多数います。
吉田松陰をはじめ、幕末の風雲児・高杉晋作、晋作と共に松下村塾の双璧と呼ばれた久坂玄瑞、維新の三傑・木戸孝允、のちに初代内閣総理大臣となった伊藤博文など、、日本を揺り動かした人々の出身地です。

松陰神社
e0187064_19422970.jpg
松下村塾を創設した吉田松陰を祭った神社。教育家として維新の志士たちを育てただけではなく、思想家として様々な著作も残しました。
e0187064_19424801.jpg
e0187064_19432486.jpg
松下村塾
e0187064_19440653.jpg
明治維新の吉田松陰が主宰した私塾。海防の観点から工学教育の重要性をいち早く提唱し、自力で産業近代化の実現を図ろうと説きました。黒船来航で欧米の軍事力を目の当たりにした松陰は、自分の目で海外の実情を確かめたいと考え、国禁を犯してまで黒船に乗り込んで海外密航を計画しました。
e0187064_19444074.jpg
松陰の教えを受け継いだ塾生らの多くが、のちの日本の近代化・工業化の過程で重要な役割を担いました。
移築したものではなく、当時からこの地に建ち、建物も当時のものが残っています。
e0187064_19450973.jpg

吉田松陰誕生地&墓所
e0187064_19452957.jpg
団子岩と言われる風光明媚な所にあり、ここから萩城跡のある指月山を正面に市街が一望できます。
e0187064_19454722.jpg
建物の敷石と松陰産湯の井戸が残っており、その東側には、吉田松陰と金子重輔の師弟が、下田沖の米艦を見つめる姿の銅像があります。隣の墓地には、松陰をはじめ高杉晋作、久坂玄瑞など維新で活躍した方々の墓もありました。

吉田松陰先生が処刑される時に読んだ句
「親思う心に勝る親心 今日のおとずれなんと聞くらん」
e0187064_19465783.jpg
これは、子供が親の事を思う気持ちよりも、親が子供の事を思う気持ちの方がはるかに大きいものです、それなのに今日、自分の子供が処刑されるという知らせを聞いてどんな気持ちになったいるだろうか?っていう意味の句ですよね。

まだまだ走りたいと思います。


昨年の出来事。
9/18‐19でまわったびわいちの件。
てっきりUpしてた思てました・・


朝5:00ごろの出発、近江八幡運動公園のPから反時計回りで挑みました
初日に通過したメタセコイア並木
e0187064_18400885.jpg



滋賀県民のソウルフード
私には一生に一本で十分です
e0187064_18400206.jpg



今回の宿、憩いの里湖西からの眺め
最高の琵琶湖を前に飲むビールは言うまでもありません
e0187064_18394999.jpg


二日目も快晴
e0187064_18402994.jpg

e0187064_18402190.jpg



大津市の石山寺
e0187064_18401668.jpg


天気にも恵まれて無事完全制覇することができました!

大正末期から昭和初期にかけて、26歳で死去するまでに500余編もの詩を綴った若き巨星と賞賛された童謡詩人・金子みすゞ
e0187064_17553607.jpg
出身地、長門市仙崎にて。
金子みすゞ記念館
e0187064_18010620.jpg
e0187064_18020820.jpg
e0187064_18023607.jpg
e0187064_18025253.jpg
「こだまでしょうか」という詩を取り上げた2010年のACジャパンのCMが、東北地方太平洋沖地震後に多く放送されて知った無学なわたし
e0187064_18062406.jpg
e0187064_18072989.jpg
教科書にも載っている"みんなちがって みんないい"で有名な「私と小鳥と鈴と」
e0187064_18082707.jpg
詩を読むと心の中でゆっくり応援してくれているような感じがします。
気づかずにいた、もしくは当たり前の事を思い出すような感じがします。
何処となく淋しさを感じるのはわたしだけでしょうか?



"昭和の芭蕉"とも呼ばれた、お酒と放浪の旅をこよなく愛した。波乱に満ち溢れた生涯を送り、各地を転々としながら五.七.五の俳句ではなく、自由なリズムで詠む自由律俳句を沢山残した俳人・種田山頭火

山頭火と聞いて、ラーメンの事としか思わなかった無学なわたし。
でもこれを読んで、ええやんって思いました。なんか何処となく淋しくて。
■山があれば山を観る 雨の日は雨を聴く
 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし

他の代表的な俳句が
■どうしようもない私が歩いている
■酔うてこほろぎと寝ていたよ
■鴉啼いてわたしも一人
■けふもいちにち風を歩いてきた

山口駅南口にある種田山頭火之像
e0187064_17093249.jpg
像の台座には昭和5年の旅の途中、ひと休みした折に詠んだ
■まったく 雲がない 笠をぬぎ  という俳句が刻まれています。

放浪の旅に出てから一番長く定住した場所・山口県小郡「其中庵」
e0187064_17103314.jpg


本文とはカンケイナイ、途中立ち寄った別府弁天池
e0187064_18281709.jpg



山口県の代表的な方言「おいでませ」
古くから使われ、軽い敬意と親しみの気持ちを込めて「来て下さい」「おいでください」と、訪問をいざなう時に使う言葉。
事前打合せのため、山口県長門市へ
e0187064_10070397.jpg
e0187064_18223276.jpg
e0187064_18214073.jpg
山口県は...神社巡りもよし。海の幸求めてグルメもよし。
e0187064_10102358.jpg
鉄道の旅もよし。幕末志士や明治維新の偉人達を巡る歴史もよし。
角島、秋吉台、錦帯橋などの絶景巡りもよし。
e0187064_14323178.jpg
e0187064_14333255.jpg
e0187064_10140247.jpg
あっ、もちろん主題は...仕事ですよ。仕事。

お宿は、新山口駅直ぐ前
e0187064_07253297.jpg



夕方からは、本題の視察...いや試食(笑)
e0187064_06303844.jpg
閉まっとるやないかい
e0187064_06305944.jpg
寒鰤の刺身、長州鶏の瓦焼き
e0187064_20320543.jpg
南鮪の頭肉の煮付け
e0187064_20321895.jpg
なめろう
e0187064_21274561.jpg

スイマセン、イイワスレテマシタ
飲み放題です。

黙祷
1995.1.17
あれから24年 阪神淡路大震災
e0187064_18352946.jpg

2017.1.15
大好きなコージの下段払い
(あんまりコージと撮った写真がないな)
e0187064_18360885.jpg
コージ! 俺ら元気でやってるから。
(あんまり考えたら泣いてまうわ)
e0187064_22164538.jpg

昨年は大変お世話になりました。
e0187064_20302256.jpeg
マーシーの平成30年は、初フルマラソンに始まり
e0187064_19574646.jpeg
初トライアスロン
e0187064_19581084.jpeg
初アルプスソロテント泊
e0187064_19592194.jpeg
初釣り
e0187064_19584241.jpeg
など初物に挑戦する年でした。
漢字で表すならまさに、「挑」
忘年会も大勢で盛り上がりましたね。

が、しかし
1月1日の元旦は仕事、しかも要請11件と一年でもまれにみる忙しさ。
2日にはマーシーとAtuがインフルエンザAにかかり、
4日にはSakuがインフルエンザAになりました。
親戚の集まりにも行けず、特番は1つも見れず。
御節の代わりにおじやを食し、
酒の代わりにポカリを飲み干し、
プロテインの代わりにタミフルを服用する。
e0187064_20094013.jpeg
初詣にはまだ行けていないが、引かなくても分かる。「凶」だ。
前厄やし。

自分で勝手にオフシーズンにしてからはや半年。体重は3kg増、筋力低下、10kmしか走れない。

今日、インフルエンザから復帰初日。
いきなり走りました。
しかも20km

体が重い。羽が生えたようなあの感覚はない。
e0187064_20182969.jpeg
まぁ、それでも走れたからいっか。

e0187064_20193146.jpeg
2ndシーズン、本年もよろしくお願い致します。


大晦日 in LA (12/31)
e0187064_23381902.jpg
初詣 in 大阪天満宮 (1/1)
e0187064_23383179.jpg
新年会 in 橋本 (1/2)
e0187064_23413581.jpg
新年会パーティー in フローリスト ひまわり (1/4)
e0187064_23424857.jpg
e0187064_23430519.jpg
e0187064_23433438.jpg
e0187064_23435070.jpg
お詣り in 住吉大社 (1/4)
e0187064_23450566.jpg
e0187064_23452532.jpg
e0187064_23453735.jpg

←menuへ