<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

e0187064_1634681.jpg"ラーメン河" に行ったのが去年の明神平の帰り。一年って早いねぇ。

今年も帰りに昼飯に寄ろうとしたけど、先日TVにも出演したらしく、

食べログでも上位になってから、お客さんが15人ほど待ってて(悔)

嬉しいような淋しいような...なかなかゆっくり食べに行かれへんなぁ。おとうさん元気かな?




itabb提案で河からほど近くの "焼肉馬酔木" に。
e0187064_15315392.jpg
e0187064_15522849.jpge0187064_15524519.jpg
e0187064_15553623.jpge0187064_15554952.jpg
河のラーメンが500円にも驚いたけど、ここの塩ラーメンは400円。
ハラミ盛りとホルモン盛りと生大、飲んで食って安くて、美味い。満足、満足



お土産マーシーお勧めの 柿の葉寿司 "平宗"
吉野の地に文久元年(1861年)創業。120年以上続く柿の葉すしの老舗。
「細雪」「痴人の愛」など数々の名作を残した昭和の文豪・谷崎潤一郎も、賛辞を贈った程らしい
e0187064_1611450.jpge0187064_1613847.jpg
確かに美味かった。itabbの愛娘もペロリ。子供は正直やからね。

来年の明神平の帰りにまた河みたいに行列出来てたら、このブログの影響やで(笑)

それから、おでん屋さんへ・・・続き
つづき

e0187064_13485499.jpge0187064_13492023.jpg
雪でテーブルを作って、豚肉山盛りのキムチ鍋、チーズに、柿ピーにミックスナッツ、チョコ・・・e0187064_1433899.jpge0187064_1435447.jpg
e0187064_14174299.jpge0187064_1418569.jpg

e0187064_1418406.jpg
山登りの夕食というより、飲みに山登りしに来たってぐらい、いつものことながらご馳走が並ぶ。
e0187064_1421448.jpge0187064_14211782.jpg
しかしなんぼ飲んでも寒空の下ではなかなか酔わん。日没してからぐんぐん下がる気温。
座ってたらお尻が冷えて、後半は3人とも中腰か立って食ってた。

ええ加減寒くなってきたし飲みの続きをテント内に移動。
e0187064_14224452.jpg

テント内はあったかくて、すべてのお酒を完飲。眼がイッっとるの

消灯3秒後に誰かしらのイビキが。
今年はフライの成果で結露は殆どなく、快適な夜

まだまだ酒も抜けきらずの朝、モーニングコーヒーと厚切りハム、ワカメスープに味噌汁、白飯・・・
e0187064_14282852.jpg
e0187064_14284832.jpge0187064_1429165.jpg
朝飯のボリュームを超えたご馳走を食べて、雪遊びに

e0187064_1430165.jpg
e0187064_14313357.jpg
e0187064_1436630.jpg
e0187064_14331128.jpg
e0187064_14332449.jpg

あんだけ楽しみにしてたのに、あっという間の2日間。

残すは…打ち上げの宴
大人の遠足

仕事の日は目覚めが悪いのに、自然と7時前には目が覚めた2/19 朝
itabbにピックアップしてもらって、10:00にマーシー宅に。まず記念写真を
e0187064_1215851.jpg
先週の雪は正直ビックリしたけど、登山口の大又までは何とかチェーンを装着せずに12時過ぎに到着。
e0187064_0302078.jpg
チャチャと昼飯を食べて13:00過ぎの出発。
itabbと春風は重さに負けてピッケルとワカンは車に置いていきます。共同装備のテントは年功序列でマーシーに
e0187064_0312179.jpg
e0187064_0455157.jpg
ザックの重さは、雪中のテン泊の道具のせいか、
年齢による体力低下のせいなのか・・・

晩餐用の焼酎2㍑、BEER6缶、日本酒のせいなのか・・・

鍋の食材に酒に3人とも20kg強かなぁ、なんでか春風が一番重い。
もっと軽量化しんとアカンね。

e0187064_046661.jpge0187064_0462288.jpg
なぜか itabbは鼻歌で「翼がほしい♪」を熱唱(笑)
e0187064_0544932.jpge0187064_0551228.jpg
みんなええ顔しとるなぁ。なに話しててこないに、笑ろてたんやろ
e0187064_056687.jpg

e0187064_0592628.jpgちょっと一服
さぁ~ゴールはもう一息で
「♪酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞぉ~♪」

途中ちょっとだけ樹氷も

無事明神平到着
e0187064_11227.jpg

今夜の寝床を確保してテント設営。

そして待ちに待った乾杯を。すべてはこの一瞬のために
e0187064_143998.jpge0187064_145174.jpg
山の上から金麦のCMみたいに壇れいさん とか走って降りてきたら最高やのになぁ(笑)

~その2~  続く
e0187064_1192392.jpg去年の忘年会用に調べて、ずっと行きたかったお店

大阪府立体育館のすぐ北にある "にしや"

週末は予約は必須らしいけど、平日やしと思って予約もせずに、

幸運にも入れたけど、あとあとお客は来るわ来るわ。

でも予約ナシで来たお客は帰るわ帰るわ

さすがいろんなブログで登場するだけのことはある、人気店

e0187064_11372867.jpge0187064_1205517.jpgビールジョッキもしっかり冷えてて、お酒もカクテルから焼酎、
地酒、ワインと多彩。
地酒が500円~ 麦焼酎村正なんか300円とか 安っ
居酒屋では珍しくオーダー毎でキャッシュオンの都度都度の会計システムe0187064_1221651.jpge0187064_1222947.jpg
焼きアボガドの明太子のせ、鶏肝とニラの醤油煮、豚バラの天ぷら
e0187064_1243190.jpge0187064_1244835.jpg
e0187064_1254647.jpg

料理長曰く、店長の「鮮魚で儲けたらアカン」ってポリシーらしく料理も安くて美味い。
「にしやに来てくれる客層には一尾700円でもダメ」と仕入れ650円のくるま海老を450円で出す店長の心意気には仰天です。
スタッフさんともども食べた料理すべて、活きがイイ


刺身の盛り合わせ、今日のオススメ なかなか出ない(らしい) サイズの のど黒の焼き(1/2) 1050円
e0187064_1282023.jpge0187064_12142345.jpg


このサイズの鮃の縁側の刺身を頂きましたが、肉厚でビビる美味さでした。
e0187064_12201651.jpg

この内容でこの値段やったら十分納得。大箱やないから大人数はキツイけど

満腹、満足、ご馳走様でした!
e0187064_17483659.jpg先週金曜日、朝起きてバビッた。ここ最近あんな雪積もったことないし、

小学校やったら確実に午前中は自習で、雪合戦やでな

遂にRainsの雪合戦まで既にカウントダウン5。 (雨降るなよ)    これが2/13日曜日の明神平→

白いでぇぇ~寒いでぇぇ~楽しみぃぃ~(楽しみ8割、不安2割)今日も雪が舞ってるZ 雪が待ってるZ

(どちら様か存じ上げませんが、写真無断使用許してちょ)
e0187064_1839257.jpg祝・Birthday Forty

いつも悪いお手本として…いやいや、大好きなアニキ分として慕っている

知り合ってもう約10年、ハーレーをきっかけに更に仲良くさしてもらって早7年

数いる友達の中でも群を抜いてやんちゃなのコウケサン

殆どエロい話とかバカ話やけど、時にはマジメに熱い話もしてくれる

年末のバイクの件といい、右指の骨折といい、ネタに事欠かせませんなぁ~

良いも悪い(笑)も影響を受けている大好きなコウケサン。これからもヨロシコシコ
町石道(ちょうせきみち)
1町(約109メートル)ごとに「町石(ちょういし)」と呼ばれる高さ約3メートル強の五輪卒塔婆形の石柱が建てられ、高野山上の壇上伽藍・根本大塔を起点として慈尊院までの約22キロメートルの道中に180基、大塔から高野山奥の院・弘法大師御廟まで約4キロメートルの道中に36基の、合計216基の町石が置かれている。
町石は、弘法大師が開山した平安時代の頃は木製の卒塔婆だったと言われており、風雨にさらされるなどして老朽化したため、鎌倉時代の文永2年(1265年)頃に遍照光院の覚きょう上人が石造の町卒塔婆建立を発願し、20年の歳月をかけて弘安8年(1285年)に完成した。現在でもその8割以上にあたる150本の石柱が建立当時のまま残り、今なお昔日の面影を伝えている。

かつては高野巡礼の人々が町石のひとつひとつに手を合わせて礼拝しながら登ったと言われている


…ってなことをしながら俺らは登ってはないけどよ…

最近鈍った身体に鞭を打ちザックの重さは15㌔強。
でも九度山から根本大塔まで全長約23.5km と結構時間もかかるので、上古沢駅まで送ってもらって
e0187064_23351199.jpg
祝・初のRains女性メンバーの両脇を固めるitabb、春風。サンクラスが決まってるぜぇぇ~

なかなか上古沢からの入口を見つけるのに手間取るも、快晴。まずはitabb先頭に、しんがり(記録係)は春風で10:00 出発e0187064_23564360.jpge0187064_23355291.jpg

町石道までの杉林の約1時間、急な登りで大人2人はバテバテ。(Girlの前であんまり弱音吐かれへんしな)
e0187064_23362441.jpge0187064_2337349.jpg
e0187064_23375216.jpg二ツ鳥居は木製のものから慶安2年(1649)に現在の鳥居に…って書いてた。単純に凄ない??



百十八町の前で記念写真。残り13㌔

片や走ったり、後ろ向きで歩いたり元気な横で、春風は結構、脚キテマス
e0187064_2338112.jpge0187064_23382611.jpg
紀伊高原の応其池に氷が張ってて、石を投げて遊んでます。      おい、両方目つむっとるやんかぁ。やっぱり親子やな(笑)


楽しい楽しいランチタイム
e0187064_23393259.jpge0187064_23394385.jpg
e0187064_23401380.jpgこの写真、楽しさ伝わってくるやろ

温かいお茶に餡ドーナツ、美味っかたでぇ~
ってほとんど食べたあとの写真やけど


ココですれ違った外人にも、ジャパニーズスイーツあげたら良かったな

袈裟掛石、押上石を越えて、四里石すぎには残雪が。萌はスキーを真似てまだまだ疲れ知らず
e0187064_23403625.jpge0187064_2341033.jpg


3桁あった町石の数も残りわずに。

そしてラストスパートの十二町石あたりから急な登り坂を経て大門へ 16:10 到着
e0187064_23414898.jpg

八町石から一町石の壇上伽藍を経由して、金剛峯寺へ。
e0187064_23415936.jpg


More・・・締めは
e0187064_20542666.jpg①マイガスストーブ。せっかく雪山にいくならガソリン式にしようかとも思ったのですがプレヒートが怖すぎる。スベア123のレトロ感はすごく良かったんですけどね。
2基目に検討したいと思います。
e0187064_20544571.jpg②左:座布団 ③右:シュラフマット
e0187064_20545492.jpg④黒:オーバーパンツ ⑤グレー:シュラフカバー ⑦6本爪アイゼン
e0187064_2125651.jpg⑧防水スプレー ⑨ストックにつけるやつ、雪用
e0187064_213751.jpg⑩コールマンのツーバーナー
e0187064_1635192.jpg
レーシック受けてきました。いや~怖かった^^;痛みはほとんどありません。視力0.3から翌日で1.2
これから徐々に上がっていくそうです。
e0187064_16415748.jpg

e0187064_16421854.jpg
ついでに食べてきました。はがくれ&セイロンライス!美味かった!
e0187064_16331520.jpg
e0187064_16283227.jpge0187064_162915.jpg











たしか紅葉を見に行ったはずなんですが初雪でした。古い写真ですが職場の人と行った大台が原です。今月は雪山ですな!テンションあがるなー!^^
←menuへ