カテゴリ:アイテム( 111 )

サイクルブランド「Rapha」
e0187064_16183129.jpeg
夏用のサイクルジャージが2万円からという大人なブランド。
その中のサイクルバック。
何年も悩んでたんです。
e0187064_16184264.jpeg
シンプルかつ高級感あり。
スーツでビジネスシーンでも使えそうなアイテム。
メインポケット。
e0187064_16185627.jpeg
サブポケット。
e0187064_16190378.jpeg
レインカバー。
e0187064_16191178.jpeg
さりげない「Rapha」のロゴがお気に入り。
e0187064_16192264.jpeg
Sサイズでスッキリしてますが、弁当とノートPCくらいは入ります。
e0187064_16194021.jpeg
e0187064_16195200.jpeg
e0187064_16200057.jpeg
けっしてついでで寄ったわけではありませんが、春風さん元気でした。至っていつも通りの「ロボコップ春風」
e0187064_16203378.jpeg
5/1は日本国民にとっても、Rainsにとっても特別な日になりそうです。

開封の義を行う!
e0187064_17103444.jpeg
箱はしっかりしたオレンジのBOX
e0187064_17124944.jpeg
黒とゴールドを基調にしたデザイン。
かっこえー!
右から見ても
e0187064_17152698.jpeg
左から見ても
e0187064_17175791.jpeg
高級感あります。
ネットの書き込みで、よく書かれているのは「コスパ最強」のうたい文句。
ようはモンベル的な感じなんでしょうけど、ショアジギング入門にして十分なスペック。
e0187064_17350990.jpeg
回してみると、🎶な〜んて〜なめらか〜🎶って聞こえて来ます。手を離しても勝手に回ってる。
e0187064_17420659.jpeg
こちらは、ジャッカルのビッグバッカー シリーズ、35g。ジグパラシリーズ一筋でやってきましたが、先輩のおススメという事です。
e0187064_17440193.jpeg
美意識高めの鰯スタイルは所有欲を満たしてくれます。
従来の針はやわいので交換します。奴らはこんな針じゃ伸ばしてしまうんです。
e0187064_17583474.jpeg
右が従来の、左が交換針。
使用前
e0187064_18024339.jpeg
使用後
ナイロン5号の道糸から、PE2号へ交換し、飛距離を伸ばします。
e0187064_19291895.jpeg

最近、ダンシングするとクランクがきしみます。
ずっと手をつけてこなかったクランクを外すため専用工具を購入しました。
e0187064_14353742.jpeg
まずは左側から。
六角レンチでネジを2本外して、丸型工具でクランクの蓋を外します。
e0187064_14361057.jpeg
脱落防止板を上げると
e0187064_14362146.jpeg
引っこ抜けます。
e0187064_14363880.jpeg
反対側に雑巾を当てながらトンカチでトントンしてやると、右側のクランクも抜けます。
e0187064_14365651.jpeg
お見事。
初めての箇所は緊張します。
e0187064_14371469.jpeg
きっったなぁー!
e0187064_14375741.jpeg
さらにBBのキャップを外してみます。
e0187064_14373659.jpeg
e0187064_14382038.jpeg
反対側はいくら体重をかけても取れませんでした。諦めて掃除とグリスアップしていきます。
e0187064_14383168.jpeg
今回、大阪狭山市のダイワサイクル さんに工具の取り寄せをお願いしました。
親切なお兄さんが自分の自転車でクランクを外すデモまでご指導してくれました。
感謝です。



通常なら「キュルキュルッ」っと元気よく回ってから
「ドド、ン、ドロン、ドロロン、ドッドド、ドッドド、ドッドド…」ってな感じるやけど、
「…キュゥル・キュゥル…」っと弱々しくなって「カチッカチッカチッカチッ」っ音が鳴ったら、
残念、バッテリー上がりです。エンジンがかかりません。お手上げです。
551の蓬莱の「あるとき、ないとき」のない時みたいなもんです。
乗らないときは極力、端子を外してるんやけど、久しく乗ってなかったり寒い時期は、よく上げてしまいます。
そんな時はバッテリーを外して充電してたんやけど、先日その充電器も年代物で、壊れてしまいました。
そうなったら、車からブースターケーブルをつないでやるしかなくて、
毎度毎度メンドウで

そこで今回ジャンプスターターを買ってみました。
日本製やディーラーとかGSとかで置いてるのは、一流メーカーのヤツ。なかなかイイ値段します。
ネットで見る限り、安価なヤツはメーカーも個体別にも、いわゆる当てモンみたいらしく、評価も色々で…
なもんでAmazonで一番人気で高評価だった “ARTECKジャンプスターター”
e0187064_15122467.jpg
をポチッっと、買いました。
e0187064_15132612.jpg

値段も手頃で、反面,あまり期待は出来ないんかもと半信半疑ですが


その後の・・・
最近、「テルさんTV」というユーチューバーさんを発見しました。
e0187064_12165666.jpeg

「孤独の車中泊」をテーマにした旅動画です。これがなかなかの闇を秘めた内容なのですが、料理やアイテムには惹かれるものがあります。

その中で紹介されていた、ミニロースター。
テルさんは今日も1人、車中で会津牛を堪能しています。
e0187064_12095707.jpeg
アルコール、肉、野菜。
e0187064_12103768.png
ゲーム、読書、映画。

完全に1人の世界に浸っていく動画。

薬指に指輪をはめているようなので既婚者みたいなんですが…。

Amazonで1980円くらい。
e0187064_12131698.jpeg
買っちゃいました。
炎ではなく、熱と遠赤外線で焼けます。
e0187064_12141101.jpeg
今年の山には、ニーモで行きます。
1人焼肉出来るかな…。

我が家のハンディカムビデオは10年以上前のもので、録画した映像をテレビで見ようものなら、絵の具をべちゃーっと塗ったような映像に。

満を期して購入したのは、前回と引き続き同じPanasonic製のHC-W585Mです。
e0187064_16291513.jpeg
ハイビジョンです。
4KTVは、まだまだテレビも普及途上で、値段も高価なものです。高画質になればなるほど容量を食いますし、私にとってはハイビジョンですら十分すぎるスペックです。

こいつの特徴でもあるワイプ撮影。
サッカーの全体像と子供個人のプレーを取れます。
e0187064_16292649.jpeg
本当はゴープロ5 ブラックを買うつもりでした。でもPCを新調しなければいけないので、断念です。

こんな物も買ってみました。
スマホの防水ケースです。
e0187064_16293927.jpeg
口はこんな感じ。
爪でロックするんですね。
e0187064_16295199.jpeg
試しにティッシュを詰めてみました。
e0187064_16300505.jpeg
こんな簡単な爪で大丈夫かな。
e0187064_16301441.jpeg
水につけてみる。
e0187064_16302959.jpeg
お見事、ぬれてなーい。
e0187064_16304452.jpeg
次は、お古のiPhoneで。
e0187064_16305322.jpeg
試すは…。

OWS(オープンウォータースイミング)専用のゴーグルと既にクリアゴーグルでも愛用しているSWANSの耳栓です。
e0187064_15574185.jpeg
装着してからでも自由にフィット感を変えれるベルト。ゴーグルベルトの調整ってストレスですよね。それがワンタッチのストレスフリーです。
e0187064_15580189.jpeg
ヘッドアップの時に溜まった水が流れる溝です。レンズとパッドが一体型のためカビが発生しません。
e0187064_16015900.jpeg
上下左右に広いレンズは緊張感の中でも視野を確保して、落ち着きを取り戻します。
e0187064_16021187.jpeg
ノーズベルトはS.M.Lと3種類。
e0187064_16022679.jpeg
ベルトに通すことで絶対に落とさない耳栓。
地味にすごく大事なんです、これ。
耳に水が入ると気持ち悪いし、三半規管が狂うことでパニックを引き起こす原因になります。
e0187064_16031284.jpeg
他の選手の手が引っかかってもズレない太いベルト。

e0187064_16103694.jpeg
フォームとストリームラインを追求して、F1のようにスピードを競う競泳。それに対してその日の自然の要素や他の選手とのコンタクトもあるOWS。
試泳ですら普通に呼吸出来なかった。

こえーよー。


新しい我が家を紹介します。
ニーモのアンディです。
左からテント本体、ポール2本、ペグと細引き紐の3点セットです。
e0187064_14074842.jpeg
スタッフバッグが圧縮袋を兼ねているので非常に小さくまとまります。
e0187064_14075770.jpeg
ニーモのテント商品には付いているらしい、噂の星座表です。
e0187064_14080849.jpeg
袋から出してみました。
ライトグリーンが色鮮やかでカッコいいです。
e0187064_14081949.jpeg
広げてみると、三角部のところがありますが、これは前室です。

アンディはシングルウォールです。シングルのメリットは軽量、設営の容易などがありますが、反面デメリットとして、前室がないことや室内の換気の悪さがあります。

アンディは一枚物の本体で前室を演出してくれます。
e0187064_14083114.jpeg
現行のアンディは吊り下げ式ですが、こいつは旧モデルのスロープ式。
ポールの入口にはライトグリーンのラインがあって分かりやすいです。
e0187064_14084255.jpeg
反対側は穴に通します。
e0187064_14085680.jpeg
自立式です。
ペグダウンはしていません、除草剤の重りだけで前室を張ってみました。
e0187064_14090853.jpeg
底部の立ち上がりも十分です。
e0187064_14092145.jpeg
何よりもNEMOのロゴがカッコいいですね。
中世の盾をイメージしているそうです。
e0187064_14093395.jpeg
前室の片面だけを開放した状態。
靴を置いたり、調理したりするには十分です。
e0187064_14094423.jpeg
室内は超広いです。さすがmade in USA
2人用のテントですが、150×221あります。
e0187064_14095618.jpeg
逆に熱がこもらず寒いかもしれません。
e0187064_14101411.jpeg
上部側面には立体式に網戸を張り出すことが出来て、換気に一役かっています。
e0187064_14102513.jpeg
こちらは下部側面の網戸。
e0187064_14105442.jpeg
小物入れ。
e0187064_14103853.jpeg
採光とフレームの形状が美しい天井部。
e0187064_14110896.jpeg
サウスフィールドの2人用テントは2.8kgこれは無理って直感で分かります。
アンディは2.1kg
たった700gですが、持った感触は全然違います。
e0187064_17265356.jpeg
長辺部に出入口があるため、荷物の出し入れや乾燥には良さそうです。
e0187064_14112192.jpeg
アツかサクが来てくれたら嬉しいな。
歳を取っても一緒に遊べたら…
そんな夢が先行してしまいます(*´꒳`*)

asicsのターサージールっていうスニーカーです。ご存知ですか?
もちろん、僕は知りませんでしたが、泉州国際マラソンを一緒に走った先輩に教えて頂きました。
e0187064_13435869.jpeg
サブスリーを目指すような本格派シューズ。
裏にこんな感じの硬質プラスチックのブツブツが付いてるんですよ。
e0187064_13441286.jpeg
先輩によると、30s/km早くなるそうですが、ソウルが薄くて軽いので脚が死ぬのも早くなりそうです。
でも10kmならもつかなと思って…。

トライアスロンの神さま、どうか私の脚に最後の最後で絞り出せるバネとパワーをお与え下さいませ(>人<;)  
e0187064_18322749.jpeg
お主、やる前から神頼みか!と聞こえてきそうです。

昼からは高野口レインボープールへ。
ウェットスーツ🆗との事なので、初泳ぎに挑戦。
e0187064_18340798.jpeg
人それぞれだそうで、早くなった人もあれば、変わらない人、窮屈で泳ぎにくく遅くなる人…

もし最後のパターンだったらどうしよう。
やっぱりここは、神さま〜頼むよ〜
e0187064_18364768.jpeg
結果は…
e0187064_18370344.jpeg
ウェットスーツなしだと
750m 15分 2分/100m
ウェットスーツありで
750m 13分24秒 1分47秒/100m

神さまありがと〜
すげー早く感じたよ〜
ビート板を脚に挟んでいるような状態で、脚が勝手に浮くから強くキックしても水面上で空撃ちするほど。スピードにのってるから呼吸も楽。2本目は最後のダウンのつもりで泳いだのに13分54秒。
e0187064_19324082.jpeg
GWが終わってからやっとこさヤル気になったマーシー。
よーし!あと17日、縮めれる所をもっと探すぞー。

バイクに乗るときなど現在、フェザーリング、スカルリング、マラカイトの3種類をヘビロテでつけていることが多い。
余りつけ過ぎるのも、ちょっとカッコ悪いけどシンプルかつ骨太な一品がもう一つ欲しい

そんな時、鷲羽山で出逢った。その作家のスタイルや貫く姿勢すべてが虜になった。脳天に雷が落ちた感覚だ。
e0187064_23362039.jpg
金属の中でも非常に硬く、特別に加工が難しいステンレス製のナットを、削り出しから研磨までの全ての工程を機械を一切使わず生みだす、全国的にも稀有な製作スタイルを特徴とする、地元下津井出身在住の金工作家、カワベマサヒロさん
e0187064_17544722.jpg
鷲羽山ビジターセンターにて近年の作品約40点の展示会
e0187064_23060619.jpg
e0187064_23063417.png
e0187064_23062161.jpg
e0187064_23380485.jpg
この旅では予算上購入するに至らなかったけど、必ず手にするだろうと予感する
e0187064_23383159.jpg
販売は広島県下の僅か数店舗。もしくは直接カワベさんの元に。下津井のカワベさんの工房に訪問して、
唯一無二のオリジナルの一品を創造してもらいたい。
e0187064_23072568.jpg

←menuへ