カテゴリ:つぶやき( 180 )

Yahooのトップに掲載された記事。
孤独死された方の遺品整理をする会社に勤める25歳女性社員が作ったミニチュアです。

これは、日本独特の死に方。
日本人は風呂に入るので、そこで最後を迎えるパターンが多いです。
追い焚きを繰り返すことで、肉体は融解し、皮膚が浮かぶ浴槽。
e0187064_12584244.jpeg
変色した布団も多いです。
e0187064_12585033.jpeg
首吊り。
e0187064_12585896.jpeg
デスクには遺書や生に関する書籍。
e0187064_12590518.jpeg
一人暮らしの行く末、乱雑に散らかった部屋。
不衛生なキッチン。こんな所で生きるために必要な食事を作っていたのかと思いますが、ほとんどは湯を沸かす程度でインスタントで済ませています。
e0187064_12592288.jpeg
ゴミ屋敷。
e0187064_13141722.jpeg
e0187064_12592955.jpeg
これが現場です。
公表されない実情です。

日本は平和な国じゃないの?
違います。
差別はないでしょ?
あります。

憲法25条があるとはいえ、国民一人一人が幸せに暮らせるかは別問題です。

人は1人では生きていけません。
心は痩せ細り、生活基盤が崩壊します。

心も体も健康に生きていくには、仕事や愛する人が必要です。
我々が今あるのは、両親に愛情を持って守られたからです。
人は必ずしも自分の最後である死に方を選べるわけではありません。ほとんどの人は我が家で家族に見守られて死ぬ事を願うでしょうが、大半の人は病院のベッドです。その時、隣に誰かがいるかは分かりません。
意思疎通が出来るうちに、自分の終え方を家族に伝えておく事は大切です。また、聞き出しておくことも同意です。

ステンレスナットといえば、部品を繋げる役割を果たす工業工作部品。これを用いた全国でも稀有なステンレス製ナットを用いた指輪を造るカワベマサヒロ。
e0187064_18274273.jpeg

元々岡山県倉敷水島コンビナートの工業機械整備士をされていたそうです。当時は貴重だったステンレス製ナットの余りを使用し、整備士さん同士が腕を競って指輪を造るという話を先輩から聞いたカワベさんは興味を持ち、それが指輪制作のきっかけになったと言います。
e0187064_18282858.jpeg
e0187064_18290620.jpeg
e0187064_18294870.jpeg
e0187064_18301042.jpeg
ステンレスは「ステインレス(錆びない、穢れない)」という英単語が由来となっている通り、非常に丈夫で劣化しにくい素材。
e0187064_18310687.jpeg
e0187064_18313878.jpg
e0187064_18320535.jpg
そんなカワベマサヒロさんの指輪は、いずれも非常にユニークな形をしており、まさに世界に2つとない輝きを放っています。作品のスタイルにはふた通りある。ひとつは彼のオリジナルのデザインを施したアクセサリー。もうひとつはテーマやインスピレーションからデザインするオーダーだ。

e0187064_18331372.jpeg

たぶん、これまで幾度となく向けられた質問「なぜ機械を使わないの?」に対して、「自己満足ですね」とカワベさんは言う。
e0187064_18341640.jpg
e0187064_18343805.jpg
e0187064_18351389.jpg
自分の力だけが動力となってモノができあがっていく。その過程でしか味わえない満足感のためだ。という。だから機械を使ったとして、それで人がいいと言ってくれても自分では満足できない。効率とか、売れる売れない以前の話だそうだ。
e0187064_18355266.jpg

これまでの作品を見せていただき、今回制作していただくイメージを伝えに、倉敷市下津井まできました。
e0187064_18362375.jpg
遂にONEONLYのリングの制作を依頼です。完成はおおよそ春の息吹が感じられる半年後です。
e0187064_18324318.jpg


LIVEALIVE 7th ANIVURARY
e0187064_22264751.jpg
Souvenir is Globe
e0187064_22215976.jpg

「あの台風の中行ったんやから、大丈夫ちゃう?」って声もある中、
金曜·夜21:30に上高地行きの夜行バスを予約してた。
てまも三日三晩続く大雨から、月曜に有休を取ってたのもあって、
一日行程をズラして、土曜·夜21:30に変更。

この一週間、冷凍庫は山に準備した缶ビール、箱ワインでパンパンです。準備は万端、あとは祝泡を待つのみやのに・・・
e0187064_07442242.jpg
土曜·朝・・・昨晩の深酒の寝ぼけ眼を擦りながら、運行状況をチェックすると、
高速道路も各地で通行止め、夜行バスも残念ながら運休決定。万事休すです。


なら・・・・・・ ヤケ酒ダァーイィ

e0187064_07553068.jpg
連日
e0187064_07563434.jpg
e0187064_22491017.jpg
e0187064_07565613.jpg
連夜
e0187064_07571414.jpg
e0187064_07574298.jpg
近くの公園で、準備してた力水を

今年はフルマラソンとトライアスロンに挑戦しました。
どちらの種目も敷居が高く、参加表明する事自体、勇気が必要でした。

run は5kmから、swim は50mからでした。

トレーニングに関しては、まず理屈を理解し、体で試す、頭で振り返る、体で試すの繰り返し。自己流では限界があるかもしれませんが、伸びしろは無限大です。

12ヶ月という時間をどう使うかは自分次第でした。

トレーニングしてからエントリーではなく、先にエントリー。これが最も大切。

フルマラソンは奥が深く、究極という言葉が似合います。トライアスロンは、努力すれば好成績を残せる競技だと感じました。良くも悪くも、飽き性でかつ、自己管理できる人が向いているような気がします。

「努力は嘘をつかない」とは良く言ったもので、まさにその通り。努力して結果が付いてくるから面白い。たまらなく面白い。生き方そのものです。

1年後、このブログにどんな人が登場するのか、どんな記事になるのか楽しみです。
e0187064_16191621.jpeg
スタート時に降っていた雨はすっかり上がり、夏の青空が澄んでいます。

心はいつも快晴。
e0187064_16203298.jpeg

itabb邸での山会議で高級なウイスキーと日本酒の利酒をさせて頂きました。

最近は1種類のウイスキーでしか家飲みしてません。それも庶民の味方ウイスキー。

特に高価な訳じゃないですが、1年以上欲しいものリストに入っていた一品を購入しました。

クラガンモア12年
e0187064_18161803.jpeg
バーで飲んでからもう一度飲みたいと思ってました。

春山は4/22.23.24あたりでという事になりました。の印さん、マルハナバチさん、久しぶりにどうでしょうか?

最近、春風の生活に
張りもなければ、もない。もなければ、勢いもない。
もなければ、もない。ヨクもなければ、ワルくもない。

専ら御無沙汰やし、今春こそは・・・どう?itabb隊長、マーシー参謀、の印課長、マルハナ料理長
e0187064_19400549.jpg
Rains初挑戦となった2011.5.20 春山 涸沢ヒュッテまでの急登

クラムポン、アックス、ヘルメット、ゴーグルetc・・・宝が持ち腐れてしまうよ
e0187064_19401703.jpg
奥穂高山荘 幕営地から仰ぎ見る奥穂高岳

エンジンもトルクもサスペンションもetc 不安しかないけどね

仕事始めからの
新年会&30周年式典
e0187064_21590855.jpg
e0187064_21570214.jpg
e0187064_21572025.jpg
e0187064_21573691.jpg
ランドマークスクエア大阪にて
e0187064_21584797.jpg
e0187064_21592777.jpg
ギャロップ
e0187064_21594147.jpg
e0187064_22001088.jpg
ご馳走様でした

年越しそばならぬ、年越し沖縄そば
e0187064_01563518.jpg
来年は幸多い一年になりますように

今年も沢山飲みました。ありがとうございました。
LIVE ALIVE

「本棚を見ればその人がわかる。」と聞いたことがあります。
うまく言ったものだ。

マーシーの本棚は、山、自転車、百田尚樹、池井戸潤…細かいものは省いたとして、メインはこんなところです。

今年、追加されたものはトライアスロンのスタートbook、トレーニングbook
e0187064_06271496.jpeg
15年間運動していなかった中年がロングに出場するまでの体験記。
e0187064_06275450.jpeg
本屋大賞にも選ばれた村上海賊のむすめ文庫版。
e0187064_06282026.jpeg
その他ハマったものハマらなかったもの色々。

今年もあとわずか。
来年は最後の30代の年。
どんな年にしようか。。

←menuへ