カテゴリ:honey( 44 )

e0187064_22235682.jpg

スモモの木の下の群、遅くに入った群です。
e0187064_22240640.jpg

e0187064_22241345.jpg

今年は2群採りました。
e0187064_22242208.jpg

屋内で蜜を採ります。
e0187064_22242855.jpg

すべて今年入った群ですが、巣の色がまるで違います。
e0187064_22243565.jpg

ゴミなどを取り除く布、金属製の網と合わせて漏斗にとり付けます。


この布って・・
Moeがオシメで使ってたやつ??

なんてね^^
e0187064_22244178.jpg

e0187064_22244629.jpg

4つの瓶があります。左から3つは純粋な垂れ蜜。
右端の一升瓶は搾り蜜。

終始グータラしていたヤツがいいところだけ入ってきました・・^^;

日本各地、世界各地で蜜蜂がいなくなっているっていうニュースを耳にします。
かのアルベルト・アインシュタインは「もし蜂が地球上からいなくなれば、
人間は4年以上生きられない」と予言したそうで、野菜や果物の受粉は蜜蜂の助けを借りており、
貢献度は大きく、食品の多くが供給されているということからすれば、
この予言ははなはだ、だだの予言ではない気がします。
蜜蜂はハチミツを作るためだけの虫ではなく、生命を次世代に受けつなぐ重要な役目を担っていると言えます。
最近激減している原因も天敵の増加、環境破壊、農薬汚染などと言われますが、
蜜蜂の生態は未だ謎に包まれていることも多く、定かではないようです。
蜂にしてみれば人間のために「蜜を採って、作ったわけやない」って怒られそうです。
私たちはあくまでも、蜜蜂のおすそ分けをいただいているとのスタンスで・・・
今年は10箱準備しました。
e0187064_18463417.jpg
そんな和蜂の生態について、面白い話を聞きました。
欲張りで意地悪な人が、女王蜂を捕まえて養蜂しようとしても、いつの間にか蜂がいなくなってしまうらしい
逆に、心優しい人の家や畑には、蜂が勝手に巣を作るそうです。
もしかすると、日本各地、世界各地で蜂がいなくなってる現象は、
心優しい人が減って、この地球上から姿を消していってるせいなのかもしれません。どう?

去年のitabb家に続き、春風家訃蜂先日まで元気だった蜂群の動きが、鈍い。
空けてみると蟲が越冬してから、底板をメッシュ状のものに換えてたからか?!(涙)
春風家に唯一残っていた蜂が、滅せられました。やっぱり自然は難しい。
e0187064_07192190.jpg
残りはitabb家のみ。
両親はしっかりお世話をしてくれてたのに、私の蜂に対する時間が、愛情が最近希薄になってたからでしょうか?ゴメン。
改めて一から頑張ろう。

e0187064_12300030.jpg
現在0群

この度快適なお住まいを10棟(箱)ご用意させていただきました。
古佐田ヶ丘周辺のニホンミツバチのご家族様、お気軽にお越しください!

itabbも勝利も分蜂の準備は万端。エンジンかかるの遅いんですが、分蜂の準備をやっとしました。
e0187064_2042834.jpg
1~2ツ入ったら恩の字やわ。

GWの準備・・・
春風も作ってみました。
e0187064_10202753.jpg
はちみつレモン
和蜂とは出会ってから何年ほど経つんだろ・・
初めての年はG.W.明けに2群が入り、かれこれ5・6年かな
現在は10群ちょっと

今年の分蜂時期に入ったのは9群
そのうち3群は勝利の待箱に1群、職場の後輩(S君)の待箱に2群

このS君の2群を引越する作戦

前日に移動先の確保、箱の固定をして当日に備える
作業は午前4時開始
楽しいことをするときはいつも目覚めがいいのは僕だけではないはずだ

前日の準備が功を奏し、引越作業は至ってスムーズ
S君の車で、運転はitabb
助手席では天井につきそうは巣箱をオートサスペンション対応するS君

e0187064_644485.jpg

e0187064_6451460.jpg
e0187064_645273.jpg


こちらが引越先
橋本を一望できそうな山内の一角
e0187064_6452313.jpg

もとの2群と合わせて合計4群
この素晴らしい環境のもと蜂の楽園になりますように♪
ビールの起源がメソポタミア文明の紀元前4000年頃で、ワインの起源が中石器時代の紀元前8000年頃といわれています。それよりもずっと前の、紀元前1万2000年頃といわれる人類最古のお酒が蜂蜜酒らしいです。
作り方はいたって簡単。蜂蜜、水、ドライイーストを混ぜて・・・おしまい。
e0187064_23172498.jpg
アルコール発酵で生じる二酸化炭素で開けたときに吹き出したり、瓶が破裂する恐れがあるらしく、発酵栓を。
e0187064_2318239.jpg
まぁ、しっかり閉めんとかぶせる程度でイイらしいんやけど。

放置していると発酵が始まり、泡のプチプチって音が聞こえ始めるらしい。
その音が聞こえなくなったら完了。だいたい発酵終了までの期間は、冬場は3週間ほど、夏場は1週間ほど。

無許可でアルコール度数1%を越えるお酒を造るのは日本では違法らしいので、出来上がりが楽しみだっていう夢を見ました(笑)
e0187064_18472059.jpg
e0187064_18484882.jpg
e0187064_18485539.jpg
e0187064_1849419.jpg
e0187064_1849127.jpg
e0187064_18492090.jpg
e0187064_18492736.jpg
e0187064_18493493.jpg
e0187064_18494026.jpg
e0187064_18495631.jpg
e0187064_1850388.jpg
e0187064_18501820.jpg
e0187064_18502782.jpg
e0187064_18503633.jpg

ちょー簡単に報告いたします…
橋本に帰る理由

それはやっぱり一番落ち着くから... かな。
田んぼに水を張って、何気ない光景やけど少ない町の灯りが田んぼに写り込んで、キラキラする梅雨時期

その次の理由はやっぱり... 蜂
e0187064_2335401.jpg

もう既に一人では持ち上げられへん重さにまでなってて、ビックリ!
itabb家からの養子縁組も一つはとても元気にしています。

ちょうど勝利も帰郷するんやったんで・・・
←menuへ