2018年 04月 01日 ( 2 )


e0187064_19340871.jpg
10年前、akisakuとこの杉村公園のベンチに座っていた時、通りすがりのおじさんが撮ってくれた一枚の写真と「あなた達は幸せな家族になれる。」というお言葉。あれから毎年、同じ場所を訪れています。今、10年を経て得たものはかけがえのないものとなりました。

Atu
e0187064_21405540.jpg
e0187064_21520606.jpeg
Saku
e0187064_21414169.jpg

e0187064_21523298.jpeg

e0187064_21431694.jpg

e0187064_21540682.jpeg

e0187064_21542635.jpeg
マーシー作の男弁当。
ちょっとだけakisakuにも手伝って貰いました。
e0187064_21565789.jpeg
大きくなりました。
e0187064_21555816.jpeg
幸せそのものです。
e0187064_21561804.jpeg
足りない父親ですが、末永くどうぞよろしくです。
e0187064_21550753.jpeg

e0187064_19351287.jpg



日本各地、世界各地で蜜蜂がいなくなっているっていうニュースを耳にします。
かのアルベルト・アインシュタインは「もし蜂が地球上からいなくなれば、
人間は4年以上生きられない」と予言したそうで、野菜や果物の受粉は蜜蜂の助けを借りており、
貢献度は大きく、食品の多くが供給されているということからすれば、
この予言ははなはだ、だだの予言ではない気がします。
蜜蜂はハチミツを作るためだけの虫ではなく、生命を次世代に受けつなぐ重要な役目を担っていると言えます。
最近激減している原因も天敵の増加、環境破壊、農薬汚染などと言われますが、
蜜蜂の生態は未だ謎に包まれていることも多く、定かではないようです。
蜂にしてみれば人間のために「蜜を採って、作ったわけやない」って怒られそうです。
私たちはあくまでも、蜜蜂のおすそ分けをいただいているとのスタンスで・・・
今年は10箱準備しました。
e0187064_18463417.jpg
そんな和蜂の生態について、面白い話を聞きました。
欲張りで意地悪な人が、女王蜂を捕まえて養蜂しようとしても、いつの間にか蜂がいなくなってしまうらしい
逆に、心優しい人の家や畑には、蜂が勝手に巣を作るそうです。
もしかすると、日本各地、世界各地で蜂がいなくなってる現象は、
心優しい人が減って、この地球上から姿を消していってるせいなのかもしれません。どう?

←menuへ