2018年 02月 18日 ( 2 )

去年の今頃は火之国に出張でした。
そして今年は・・・
阿波之国に来ています。泡の国じゃないよ笑

休みの今日は、マーシーが激走しているだろう中
先ずクルマで激走して、徳島では超有名な定食屋さん "びんび家"へ
e0187064_18562744.jpg
e0187064_18570069.jpg
e0187064_18572015.jpg
e0187064_18574069.jpg
e0187064_18575822.jpg
e0187064_18582014.jpg
e0187064_18583869.jpg
飲めないのが残念。しかしお昼やのに、絶えず20~30人ぐらいの老若男女長蛇の列

それから鳴門の渦潮へ
e0187064_18585960.jpg
e0187064_18593034.jpg
e0187064_18595209.jpg
e0187064_12554918.jpg
今度は乗船してもっと近づいてみたいな

予定通りに起床し、予定通りの朝食、予定通りの電車。
そう、全てはうまくいくはず。

会場に着くも、まさかの男子便所の大名行列。
e0187064_22432934.jpeg
ここで最後のう◯こを放ち、スタート位置につくギリギリまで時間を取られたので、アップも出来ず、写真も取れずです。

ご存知でしょうか?
今や、アプリをインストールしておくと知り合いが何処を走ってるかとか、5kmごとのタイムとか見れちゃうんです。
e0187064_22452178.jpeg
緊張しながら10:30スタート。
初めは流れに逆らわず少し早いペースに付き合いますが、基本、予定通りの6:00/kmをキープ。
e0187064_22543360.jpeg

↓経過時間
5kmごとなので、30分ずつ加算されていけば予定通りということです。
e0187064_23040173.jpeg
↓5km毎のペースタイムなので、全て30分に収まっておれば予定通りということです。


e0187064_23083011.jpeg
20km なんか、右足の裏がヒクヒクしてる…
つりそう。マジで?そんなに早いペースじゃないのに。でも確かに少ししんどい。予定外が起こり始めています。

23-24km 試走で足をつったところを無事にクリア。ピッチ走法で走っていると特に膝の関節から下が固まってきます。今までなら止まってストレッチしてほぐしていたのですが、今日はレースなので止まりたくない。そこでスライドに近い回し方から、股関節を動かして自転車を漕ぐような回転に変えてみると筋肉がほぐれました。あぁ、じわ〜っと血流が戻っていくのが分かる。レースの中で成長出来ていると実感。
e0187064_22545992.jpeg
27km コンビニでトイレを借りる。
ふと沿道に目をやると、後輩の姿が。
「中村さん!頑張って!」
ハイタッチをして御礼を言うくらいが精 一杯。ありがとう。効いたぜ、孤独な中で顔見知りの応援は本当にありがたい。後輩の嶋ちゃんは、その後37km地点(泉南のイオン前)に移動し、最後の応援をしてくれました。「絶対にゴールするで!ありがとうな!」大声で叫びました。

20-25kmのタイムを見てみると、ここから少しずつ30分/5kmを超えだしています。
つまり、6:00/kmをキープ出来なくなってきています。

泉佐野市に入ると高層ビルと観覧車が見えてきます。
e0187064_22563567.jpeg

33km やってきました怪物が。
e0187064_20392536.jpeg
‼️
傾斜が上がった瞬間、下半身に体重の全てが乗っかってきました。くっ…なんじゃこりゃ…
このタイミングでこの傾斜はキツイ。

気持ちが負けそうになります。
そんな時、自然と3人の名前が言葉となって出てきました。
「Akisaku…
Atu…Saku…」
やばい、3人のことを考えると泣いてしまいそうです。やめよう。
e0187064_21231610.jpeg
でも、ワシは子供らと約束したんじゃ…
歩かないと、橋で歩いてる人を抜くと。

ぬぉーっ❗️
誰が歩くかい‼️
結局は意志の問題じゃろ‼️

足がつろうが、痙攣しようが、引きずってでも走れるはず。

37kmで折り返した時、右足太腿にピキッという破裂音、そしてつりかけるギリギリの状態。
そのま再度マリンブリッジとスカイブリッジに挑みます。
e0187064_22575278.jpeg
実際、39kmからは右足で駆ける事は難しく、棒状の状態で走りました。死ぬほど辛い3kmでした。

この辺りから反対車線には時間切れをマイクで放送する自衛隊の車や回収車が走り出しました。数メートル先でカウントダウンされている。なんて無情な光景だ。ただでさへ限界なのに、必死の形相ですぐ先にある関門ラインを目指してダッシュする人達、本当に死が迫るような恐怖心だったと思います。
さらにその後ろには、次の関門で回収される事を知らず、一生懸命に橋と戦っている人達。
既に折り返している僕達は誰も、頑張れとエールを送れません。知っているから。

ここまで来て、ゴールさせて貰えないなんて悲惨です。記録も残らない。
この大会の足切りは、4回目である復路のスカイブリッジを超えた39km付近で4時間40分なので、少し厳しい大会らしいです。

ゴールで同期の剛が待っててくれました。
がっつり抱き合ったし、お互いの健闘を称えあったし、正直、少し泣いてしまいました。
e0187064_21431435.jpeg

4時間20分で完走です。
3つの目標を全て達成出来ました。
3235人中1995位。
e0187064_22453507.jpeg
e0187064_21452068.jpeg
シークルで風呂に入って、お待ちかねのビール。
先輩は40歳にして自己ベストを更新し、3時間09分。剛は練習出来なかったにも関わらず4時間02分でゴール。
e0187064_22455323.jpeg
正月から我慢してた炭水化物もお酒も晴れて解禁。
e0187064_22462733.jpeg
e0187064_22464265.jpeg
剛が飲み足らんと言うので、北野田で降りて二次会のラーメンです。ラーメンなんて何ヶ月ぶりやろか。
e0187064_22470856.jpeg
e0187064_22472019.jpeg
参加賞の完走Tシャツ
e0187064_22480076.jpeg
帰宅後、まだ食えます。ドーナツいきます。
e0187064_22481387.jpeg
でも身体は正直で、疲れてるんでしょうね。おもいっきり噛みました。血豆が酷い。
e0187064_22482666.jpeg
帰ってきて一番嬉しかったのは、昨日、僕が書いていった目標に、応援メッセージが書き足されていた事です。
e0187064_22490471.jpeg
Atu「がんばれ、とうと、めざすはごーる😄」
Saku「シュートしたけどキーパーに止められた。心のなかで応援してるよ😄マラソンファイトファイト!頑張れ、とうと。」

しっかり届いたよ。
あの33kmからの勝負、家族がいなかったら歩いてた。
ありがとう。

最後に、沿道で他人である私達に声を掛けてくれた方々、自費でドリンクや補給食、エアサロンパスを提供してくれた方々、散らかった道路を掃除してくれたであろうスタッフの方々、たくさんの方に感謝します。

←menuへ