マイホーム・ニーモ アンディ

新しい我が家を紹介します。
ニーモのアンディです。
左からテント本体、ポール2本、ペグと細引き紐の3点セットです。
e0187064_14074842.jpeg
スタッフバッグが圧縮袋を兼ねているので非常に小さくまとまります。
e0187064_14075770.jpeg
ニーモのテント商品には付いているらしい、噂の星座表です。
e0187064_14080849.jpeg
袋から出してみました。
ライトグリーンが色鮮やかでカッコいいです。
e0187064_14081949.jpeg
広げてみると、三角部のところがありますが、これは前室です。

アンディはシングルウォールです。シングルのメリットは軽量、設営の容易などがありますが、反面デメリットとして、前室がないことや室内の換気の悪さがあります。

アンディは一枚物の本体で前室を演出してくれます。
e0187064_14083114.jpeg
現行のアンディは吊り下げ式ですが、こいつは旧モデルのスロープ式。
ポールの入口にはライトグリーンのラインがあって分かりやすいです。
e0187064_14084255.jpeg
反対側は穴に通します。
e0187064_14085680.jpeg
自立式です。
ペグダウンはしていません、除草剤の重りだけで前室を張ってみました。
e0187064_14090853.jpeg
底部の立ち上がりも十分です。
e0187064_14092145.jpeg
何よりもNEMOのロゴがカッコいいですね。
中世の盾をイメージしているそうです。
e0187064_14093395.jpeg
前室の片面だけを開放した状態。
靴を置いたり、調理したりするには十分です。
e0187064_14094423.jpeg
室内は超広いです。さすがmade in USA
2人用のテントですが、150×221あります。
e0187064_14095618.jpeg
逆に熱がこもらず寒いかもしれません。
e0187064_14101411.jpeg
上部側面には立体式に網戸を張り出すことが出来て、換気に一役かっています。
e0187064_14102513.jpeg
こちらは下部側面の網戸。
e0187064_14105442.jpeg
小物入れ。
e0187064_14103853.jpeg
採光とフレームの形状が美しい天井部。
e0187064_14110896.jpeg
サウスフィールドの2人用テントは2.8kgこれは無理って直感で分かります。
アンディは2.1kg
たった700gですが、持った感触は全然違います。
e0187064_17265356.jpeg
長辺部に出入口があるため、荷物の出し入れや乾燥には良さそうです。
e0187064_14112192.jpeg
アツかサクが来てくれたら嬉しいな。
歳を取っても一緒に遊べたら…
そんな夢が先行してしまいます(*´꒳`*)

by hello-rains | 2018-06-07 14:03 | アイテム | Comments(0)
←menuへ