’18 春風家の養蜂準備

日本各地、世界各地で蜜蜂がいなくなっているっていうニュースを耳にします。
かのアルベルト・アインシュタインは「もし蜂が地球上からいなくなれば、
人間は4年以上生きられない」と予言したそうで、野菜や果物の受粉は蜜蜂の助けを借りており、
貢献度は大きく、食品の多くが供給されているということからすれば、
この予言ははなはだ、だだの予言ではない気がします。
蜜蜂はハチミツを作るためだけの虫ではなく、生命を次世代に受けつなぐ重要な役目を担っていると言えます。
最近激減している原因も天敵の増加、環境破壊、農薬汚染などと言われますが、
蜜蜂の生態は未だ謎に包まれていることも多く、定かではないようです。
蜂にしてみれば人間のために「蜜を採って、作ったわけやない」って怒られそうです。
私たちはあくまでも、蜜蜂のおすそ分けをいただいているとのスタンスで・・・
今年は10箱準備しました。
e0187064_18463417.jpg
そんな和蜂の生態について、面白い話を聞きました。
欲張りで意地悪な人が、女王蜂を捕まえて養蜂しようとしても、いつの間にか蜂がいなくなってしまうらしい
逆に、心優しい人の家や畑には、蜂が勝手に巣を作るそうです。
もしかすると、日本各地、世界各地で蜂がいなくなってる現象は、
心優しい人が減って、この地球上から姿を消していってるせいなのかもしれません。どう?

by hello-rains | 2018-04-01 09:42 | honey | Comments(0)
←menuへ