14 夏山 風薫る白馬岳・・・1日目

冒頭からですが、風薫る白馬岳・・・のはずが

14日:19時過ぎに仕事を終えたメンバーをピックアップして、
itabb、コジヤン、マルハナ、マーシー、Moezo、Ao、春風の7人を乗せたNOAHが
20時、一路橋本を出発。車中の雑談も夏山のプロローグ。
マーシー、マルハナ、春風、itabbとリレーして、4時過ぎに白馬駅に到着。

白馬駅から猿倉までタクシーで1台3500円、バスで一人1000円
でも駅周辺にはタクシーは一台もなく、バスの始発は5:55...
コンビニとかで猿倉周辺の駐車場の情報を集めるも...
仕方なく、ダメ元で直接猿倉へ。不安をよそに、難なく駐車場に、無事駐車。
残る不安は天気のみ。ファーストショットの時はまだ天気はギリギリ、まだまだ笑顔。
全員のザックの大きさから、今年の夏も大いに宴会臭がぷんぷん。既に子供のザックもデイパックの大きさじゃない。
ってJojo立ちで一人顔が見えんよ。
e0187064_21331414.jpg
まだまだ足取り、軽い軽い!!
e0187064_2133564.jpg
e0187064_21331630.jpg
これから始まる大雨の惨劇前、大雪渓の石碑にて
e0187064_21341315.jpg
いの一番でシュワシュワを開けてのはAo
e0187064_21342031.jpg
休憩中に遂に崩れた空
e0187064_21351684.jpg
急いで雨具を
e0187064_2135941.jpg
今年新調したコジヤンのカッパ。(出来ればお披露目してくれんで良かったのに)
e0187064_21352038.jpg
大雪渓をバックに
e0187064_21361712.jpg
アイゼンを着け、まだまだ余裕のRainsのマドンナ2人
e0187064_21371023.jpg
序盤はまだ少々の雨でも笑ってられたんやけど
e0187064_21364692.jpg
次第に天気が、崩れて視界が
e0187064_21373671.jpg
Aoに突き抜けるほどの真っ青な空を見せてあげたかったんやけど
e0187064_21374488.jpg
写真を撮るのも一苦労なほど降る雨。レンズに滴る雨、ズブ濡れのカメラ
e0187064_21391355.jpg
雨と寒さと疲労のせいで、雪渓を越えてからの写真がないのは、ご勘弁をm(__)m
結構みんな限界に来てました。雨で更に重さが増したザック、汗なのか雨なのかもう服はびしょ濡れ、乾いてるところはもうない。
身体が冷えて震えるMoezo、膝にきた春風、寝るitabb、口数が減るマーシー、土下座をこらえるコジヤン、放心状態のAo
Aoへの余裕を失うマルハナ。大雨で体力を振り絞りながらの、急登。

実はここから後が、相当キツかった。でも写真は。。。ゼロ

e0187064_21392845.jpg
なんとか辿りついた白馬岳頂上宿舎。
まずはズブ濡れのザックを置き、服を絞り、ストーブで身体を温めます。
その間オヤジ連中は、行程の再調整。とは言え、叩きつける様に降る雨の中、幕営するも、一つ先の白馬山荘にも動く気力をも湿らされ、削がれ、満場一致で白馬岳頂上宿舎に宿泊決定。
悪天候で宿泊客も少ないので、16人部屋をRains7名で占拠...使用できました。

始まる宴の号泡
e0187064_21395799.jpg
こちらは一部です。他にも梅酒、日本酒、赤ワイン、白ワイン、アップルブランデー etc
e0187064_21415434.jpg
シェフ・マルハナバチが作る晩餐
本日のメインディッシュはチーズフォンデュ
e0187064_21421725.jpg
早い時間からのスタートにも関わらず、22:30まで飲んだ吞助達
e0187064_21425050.jpg
e0187064_21434713.jpg


止む気配を全く見せない空


白馬岳・2日目・・・⇒⇒⇒

by hello-rains | 2014-08-18 23:30 | 笑山 | Comments(0)
←menuへ