2012 夏山 -北穂高岳~涸沢岳- 2日目

(春風は30分前には既に起きてたけど)
4:00起床 眠たい目をこすりながら、寝袋から各自モゾモゾと起き出す4人。
ある者は屁をこき、ある者はウエットティッシュで顔を洗い、お気に入りの服に着替えて・・・さぁ~!! パーティーTime再スタート
意気揚々とテントを飛び出すと・・・

残念ながらガスまみれで真っ白。ペルセウス流星群どころでは
(と言っても、夜通しテントに降りつける雨音は消灯後から徐々に大きく強くなってたのは知ってたんやけど)

テントからの景色はご覧通り
e0187064_114163.jpg
ハムステーキに腹を膨らませて・・ってか、みんな目がやばいね。
e0187064_25228.jpg
5:50 涸沢ヒュッテ 発
e0187064_115350.jpg
出発の時は雨もなんとか止んでてまだ雨具も未装着ですが・・・
e0187064_121236.jpg
ここで、マルハナバチのNEWアイテム、モンベル製ゲーター装着。今年は気合いが違います。
e0187064_122667.jpg
e0187064_12333.jpg
次第に雨足も強くなり、高度も上がるにつれてガスでテント場も霞んで、辺りも何も見えない状態へ
e0187064_134679.jpg
e0187064_14345.jpg
速効、ゴアテックスの雨具に着替える者1名、未ゴアに3名
まだまだ雨を楽しむ余裕が残るメンバー
マルハナバチ「ホンマはもっと早っ登れんねんで」
こじやん「やっぱりFから買った10円カッパはアカンなぁ」
e0187064_142172.jpg
e0187064_14386.jpg
鎖、梯子を経由して、一気に岩場の急勾配がスタート。辺りはガスで視界不良
e0187064_145086.jpg
e0187064_1543.jpg
さらに視界は大不良
e0187064_171561.jpg
9:05 北穂高岳(3106m) 着  ってい言うても何にも見えず。左からマーシー、春風、マルハナバチ、こじやん
e0187064_173746.jpg
e0187064_174874.jpg
9:10 北穂高山荘 着
外は雨、山荘内を利用時は濡れた衣類は脱いでからしか利用できず、各々カッパ脱いで・・・って写真はないけど、
「こ・こ・こじやん、それはパ・パ・・・」
「ん、これ短パンやで」   (いや~笑った)


山荘内は火気厳禁なので、冷えた体をカップラーメンで温めます。もちろん祝泡を。
もちろんこじやんの下は写ってないけど短パンです。
e0187064_184185.jpg
上手いこと隠してるけど短パンです。
e0187064_1385797.jpg
みんなテンション高いです。楽しすぎ!
e0187064_1102059.jpge0187064_110485.jpg
再度みんなで
e0187064_11121.jpg
ガスにて視界不良に降り続く雨、突風にゴア1名を除く3名は凍えて一路、涸沢岳を目指します。
e0187064_1113748.jpg
安全を期してスリングとカナビラを
e0187064_1113714.jpg
横殴りの雨でカメラは直視出来ません。写真を撮るかどうかも迷うほどの天候、そして何よりも寒い!
e0187064_1121374.jpg
こじやん「俺、カメラ向かへんで!」  マーシー「(心の声)そういう問題?」
e0187064_112844.jpg
15:00 北穂高山荘 着  全身びしょ濡れで思いっきり寒くて、震えています。ストーブを占領している高校生に、マルハナバチ「(心の声)しばくぞ」
北穂山荘は山荘内でも火気OK。昼食用の棒ラーメンと炒飯、コーヒー更には熱燗を飲んで
e0187064_1124875.jpg
それでも思いっきり寒くて震えています
e0187064_140336.jpg
既に野帳はボロボロ。何時に出発して、何時に到着か記録ナシ。

ザイテングラードにて
e0187064_1124972.jpg
e0187064_1132645.jpg
17:00 涸沢小屋 着   雨も何とか止んで
e0187064_1133667.jpg

e0187064_1135920.jpg


涸沢岳からの下山中、一度マルハナバチが転びましたが、無事みんな怪我なく我が宿に帰還して、2日目の晩讃スタートです。
ここからはマルハナバチシェフの驚きの料理の数々です。
下界でさえ食ったことのない、もちろん山で食べれる様な料理の域は超越してる3品です。
こだわりの青森産高級生ニンニク、エジプト産バジルに胡椒、甘めの鷹の爪、bascoオリーブオイル、生アボガドetc・・・おっと!! フッ素加工のフライパン
e0187064_114129.jpg
e0187064_1142649.jpg
アンチョビとアボガドを使った緑のパスタ "ジェノベーゼ"
e0187064_1204277.jpg
あさりから出るだしが最高の "ボンゴレビアンコ"
e0187064_1203915.jpg
オリーブオイルからこだわった王道 "ペペロンチーノ"
e0187064_121735.jpg
重いけど1.8ℓの白ワイン持って行って大正解。
高校の時、重たいのにミートソース缶持って上げさせられて、テンコ盛りの茹過ぎたスパゲティーを山ほど食って、
更に残ったヤツは地中深く埋めた記憶あるでなぁ~ F
まったくソレと異なる超・絶品美味な3品。しめて800㌘のパスタを平らげました。
シェフいわく「何を食すのではない、誰と食すかだ」

酔ってるのは、少々飲み過ぎたお酒だけじゃなく、美味しい食事と楽しい仲間と絶景(?)が拍車をかけたんだ。
少々の深酒も山の神様、許しておくれ。そして明日は晴れておくれ。そう思いながら

20:00 消灯
⇒⇒⇒奥穂高岳~涸沢岳 3日目
by hello-rains | 2012-08-16 02:30 | 笑山 | Comments(2)
Commented by マルハナ at 2012-08-19 10:19 x
 この日は本当にキツかったわ。サブザックやからって関係ないくらいしんどかった。写真見ただけで思い出すけど,5感が刺激されるね。
Commented by マーシー at 2012-08-19 12:00 x
皆様、ゴアを買ってくださいね。
稜線では劔以来のゾクゾク感を味わえました。劔の時のFさんのへっぴり腰とか思い出すなあ??僕も相当ビビってましたからね。
←menuへ