<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

実際発生した凶悪殺人事件をモチーフにして作られた海外映画集 第10弾
「事実は小説より奇なり」



1991年1月29日午後5時20分頃、ソウルのアパート遊び場で目撃されたのを最後に、スカーフとナイロン紐で手足を縛られ、
口と目はテープを貼られるなど残酷な姿の遺体で発見される。解剖検査の結果、犯人は誘拐直後に殺害したと推定されるが、両親に44日間で60回余りの電話と10回のメモで絶えず脅迫し続けた身代金誘拐事件。明確で多くの端緒があることにもかかわらず、15年後の2006年時効が成立したイ・ヒョンホ誘拐殺害事件を基に作られた「あいつの声
人気ニュースキャスターの息子が公園の遊び場から突然失跡する。警察の捜査も虚しく、犯人を追い詰めることが出来ない中、事件発生から44日後、捜査の甲斐なく遺体が発見され犯人逮捕には到らなかった。
ニュースキャスターに復帰し、番組内で誘拐犯にむけて原稿を読み始める。映画最後には実際のモンタージュが映し出され、当時の犯人から脅迫電話の音声が流れる。
e0187064_23303455.jpg




韓国三大未解決事件のイ・ヒョンホ誘拐殺害事件をモデルにした映画「あいつの声」のラストに収録されている実際の犯人からの身代金脅迫電話の肉声の場面をモチーフに製作された「殺人の疑惑
15年前の誘拐事件の公訴時効が2週間後に迫る中、警察は情報提供を求めて実際の犯人の肉声を映画にて流した。それを聞いたある娘は口癖、発音、声紋が父親にそっくりなことに気付く。疑惑を払拭しよう奔走する中、徐々に明らかになる真実。誘拐殺人事件の時効成立前の事柄として描く「殺人の疑惑」
韓国映画全般にある特有の作中に入るコミカルなシーンには理解に苦しむが、男手ひとつで懸命に育ててくれた最愛の父親に向けられた娘の疑惑は次第に深まり、仲の良かった親子の絆が疑心暗鬼に陥いっていく様をスリリングに描いた作品。
e0187064_23305963.jpg




イ・ヒョンホ誘拐殺害事件をモデルに、誘拐殺人事件の時効成立後の事柄を描いた「悪魔は誰だ
未だに犯人を見つけ出そうと事件を調べ続けている一人の刑事。時効まで残り5日に迫ったある日、事件現場に一輪の花が置かれていた。これを手がかりに捜査を再開するが、誘拐殺人事件の15年という時効が完成してしまう。
しかし15年の時が過ぎ、殆ど同じ手口の誘拐事件が発生する。果たして犯人は…韓国特有の残酷な描写は本作には少なく、時間軸を巧みに使い、謎解きのヒントや伏線のある見応え十分な猟奇的推理ミステリー映画。
e0187064_23311980.jpg




韓国華城市半径2㌔周辺で、女子中学生や老婆を強姦、殺害する10件の連続強姦殺人が起こる。
「毛髪、陰毛などの物的証拠ゼロ」「被害者の所持品で陰部を乱行」「被害者が赤い服を着用」など共通点が多く、凶行が確認されるものの、韓国三大未解決事件とされる華城連続殺人事件からインスピレーションを得て描いた「殺人の告白
華城連続殺人事件をモデルにした「殺人の追憶」が有名であるが、「公証時効となった後、犯人が名乗り出たらどうなるか?」と考えた監督がメガホンを握った。15年が経過し時効が成立した2年後、法で裁かれることのなくなった真犯人が、連続殺人事件を詳細に記した告白本を出版する。その衝撃的内容と真犯人の丹精な容姿が人々の注目を集め、一躍時の人に。事件を取り巻く元担当刑事と犯人への復讐を誓う被害者遺族。追いかけっこあり、ユーモラスなシーンあり、カーアクションあり、サスペンスの要素あり、てんこ盛りの作り込んだストーリー。そして衝撃の結末が。
e0187064_23314062.jpg

前を通る度に、スパイシーな香りに食欲がそそられて、一度行ってみたかった本場インドシェフが作る本格インド料理
"ASIYANA"
e0187064_16292375.jpg
ずっと行こうと思ってたんやけど、遂に行ってきました。
e0187064_16304388.jpg
e0187064_16305346.jpg
いやぁ~美味い!!

最近、マルハナのカレー食べてないな。恋しぃぃ~

一見、ナンに似てるけど・・・
ライフ大淀店でいつもの三人が揃い、向かうは大台ケ原。

野生の鹿をかわしながらハイブリッドボクシーが行く。
天候にも恵まれ東回りコースを堪能します。

e0187064_17310875.jpg
車を降りた瞬間から15℃の冷たい空気、でも日差しは優しい。
e0187064_17320917.jpg
太陽の光、透き通る黄緑色の紅葉が、檜より一層心落ち着かせてくれます。
e0187064_17323441.jpg
背の低い草木は葛城山にはない雰囲気を感じさせる。
e0187064_17355119.jpg
葛城山に比べて緩いコースのためか、会話もはずみ難なく日出岳に到着。
e0187064_17370432.jpg
条件が良ければ富士山まで見えるとか。
e0187064_17372854.jpg

e0187064_17384669.jpg

e0187064_17391061.jpg
伊勢湾台風の影響で元来生い茂っていた木は薙ぎ倒されたそうです。
e0187064_17400400.jpg
環境が厳しいため、なかなか元通りにはならないそうですが、これはこれで一つの景観となっているように感じます。
e0187064_17404904.jpg
大台ケ原の絶景ポイントである大蛇ぐら。
e0187064_17434930.jpg
ちょっと、傾きだした神武天皇像。
重量は45t、大阪で作られ6分割されて人力で運ばれました。
初代天皇である神武天皇が九州から東征の際にここを通ったそうです。
e0187064_17591901.jpg
今日のランチは前回と同じく、ワカメらーめんとおにぎりでした。

お気に入りの水筒。
e0187064_17455147.jpg

e0187064_17464666.jpg
シャクナゲ(石南花)の花
ツツジ科ですが淡い色が春を感じさせてくれます。葉にはグラヤノトキシンという痙攣毒が含まれており、昔の人は漢方薬の「石南」と勘違いしてシャクナゲの花を煎じて飲んでしまったそうです。
e0187064_18002123.jpg
シャクナゲの花を見ながら下って行くと気持ちの良いせせらぎの音が聞こえてきます。
e0187064_18054704.jpg

e0187064_18072495.jpg

e0187064_18090660.jpg
下った分は上るのが山の常。
最後に階段の試練を乗り越えて駐車場へ。
e0187064_18100449.jpg
全行程3時間のコース。
気持ち良い腹八分目。
e0187064_18104277.jpg
帰り道、吉野の有名モンブランは時期はずれのためゲット出来ずでした。

次は紅葉かな。

「明日、葛城山にツツジ見に行くで〜」
マーシー登山部2016は松田さんの一声から始まりました。

去年の夏山から一切坂道は登っていません。
いけるのか、オレ…?

そんな事はコレッポチも考えない。
それどころかドキドキしてきてウンコしたくなってくる本屋さん立ち読み症候群を発症。

翌朝6:20起床。天気は超快晴。
sakuを幼稚園に送り、そのまま二上山万葉の森駐車場へ。
9:15に集合して9:30登山開始。
e0187064_20354612.jpg

e0187064_20361860.jpg
片道5時間、往復距離20kmの行程です。
ところがどっこい、松田さんのリードは往路3時間、復路2時間のペース。
e0187064_20412576.jpg
何はともあれ、太陽、澄んだ空気、冷たい空気がテンションを上げてくれる。
e0187064_20425552.jpg
そして、先の見えない階段に甘くねーよ、という感覚を再確認させられる。
e0187064_20403897.jpg
写真では伝えれない体力の限界値。
偽ピーク、偽階段に騙されながら12:30登頂。
e0187064_20445007.jpg

e0187064_20470528.jpg
地上で見るより色が映える。
確かに綺麗だわ。
e0187064_20482277.jpg

e0187064_20483950.jpg
独身の頃、akiと来た高原。その時はススキの季節だったなぁ。
e0187064_20485566.jpg
記念撮影。
e0187064_20512598.jpg
お待ちかねのご飯ターイム❗️
これが最高の贅沢。
ワカメらーめんとakiお手製のおにぎり。
e0187064_00074176.jpg

e0187064_20522831.jpg
塩気が美味い。梅が美味い。

よっちゃんは自宅にあったらーめん…
e0187064_20540694.jpg
カロリー0
よっちゃん「…まっず。」
e0187064_20585500.jpg
松田さんのカレー
e0187064_00071175.jpg
至福のとき。
e0187064_20592201.jpg
これからツツジ園を散策します。
e0187064_21013438.jpg

e0187064_21020146.jpg

e0187064_21022297.jpg

e0187064_21024278.jpg

e0187064_21031267.jpg

e0187064_21033865.jpg

e0187064_21035548.jpg

e0187064_00081351.jpg

e0187064_00082653.jpg
ありがとうございました。
e0187064_21041636.jpg
夏までに調整が必要という事がよく分かりました。
e0187064_21061797.jpg

5月5日は子供の日
VAGのNaozi らとBBQ
e0187064_174246.jpg
e0187064_1741592.jpg

~3Day~
430 起床
515 出発 江尻屋出発
e0187064_155822.jpg
e0187064_15464851.jpg
600 小木港 とも旗祭り
e0187064_1550916.jpg
e0187064_15502752.jpg
e0187064_15504870.jpg
e0187064_1551798.jpg
e0187064_15512463.jpg
e0187064_15534443.jpg
e0187064_15514857.jpg
e0187064_1554740.jpg
730 地元の人と談笑
e0187064_15592680.jpg
昨日昼食で入った "名月"で同時間食べてた偶然で盛り上がる
e0187064_1615973.jpg
800 恋路海岸
e0187064_1622678.jpg
815 見附島
e0187064_1625836.jpg
e0187064_1635152.jpg
900 ランプの宿
e0187064_165523.jpg
930 禄剛埼灯台(狼煙の灯台)
e0187064_162218.jpg
e0187064_162218100.jpg
三重から来たおとうさん(伊藤土建㈱ 会長 伊藤秋史)と小1時間談笑
1115 昨日間に合わなかった輪島の朝市をブラつく
e0187064_16235613.jpg
e0187064_16242151.jpg
e0187064_16244639.jpg
e0187064_16252655.jpg
一盛り1,000円
e0187064_16255256.jpg
e0187064_16263319.jpg
朝ドラ「まれ」の撮影セット
e0187064_16265024.jpg
e0187064_16312137.jpg
1245 再度訪問、"稲忠" 昨日の絵付けの続き、金粉をふり掛けています
e0187064_16341477.jpg
e0187064_16343267.jpg
稲忠 代表 稲垣 充治
題字:人間国宝 前 史雄 書
1400 能登ゆめてらす
e0187064_16371830.jpg
1500 和倉の "はいだるい" にて昼食
e0187064_1640211.jpg
e0187064_16391710.jpg
このはいだるいカレー、めっちゃ美味しいです。
1600 能登島大橋を経由して能登島を周回
1630 ツインブリッジ
e0187064_16465777.jpg
1715 なかじま猿田彦温泉 いやしの湯
e0187064_16474157.jpg
e0187064_16475193.jpg
青空に飛行機雲が一線、とんびが輪を描き、一隻漁船が沖に。温泉につかりながら浸ります。
「さぁ~何処に行こ~1848 日の入りだから...」

向かうは再度...
e0187064_16485315.jpg
1850 千里浜海岸
残念ながら夕焼けには間に合わず
e0187064_16493494.jpg
e0187064_16505771.jpg
夕焼けをバックに不二子みたいにしたかったけど・・・残念
e0187064_1651952.jpg
2000 七尾 青柏祭 人形見
e0187064_16531327.jpg
e0187064_16532759.jpg
e0187064_16534331.jpg
e0187064_16535660.jpg
e0187064_16541030.jpg
2200 ライダーハウス江尻屋


~4Day~
700 起床
845 江尻屋 出発
e0187064_16551673.jpg
930 再び、七尾
青柏祭 でか山の組み立て風景
e0187064_16561516.jpg
e0187064_16564639.jpg
e0187064_1657059.jpg
七尾フィッシャーマンズワーフ 能登食祭市場
e0187064_16571725.jpg
烏賊焼きとコーラで遅めの朝食
e0187064_16573667.jpg
1200 三度、千里浜
e0187064_1658180.jpg
e0187064_16582373.jpg

さぁ~名残惜しいけど帰路につくこととしよう。
風速6m 横風が強烈に吹く中
1500 賤ヶ岳SA
1645 京田辺PA
雨雲レーダーで確認すると、近づきつつある雨雲
e0187064_16592692.png
1800 橋本 到着


久しぶりのソロツーリング。めちゃくちゃ楽しかった。だからこそ終わった後の虚無感が・・・
e0187064_16504261.jpg
「明日晴れるかな」
e0187064_172729.jpg
雪舟五代と 名乗り活躍した画家 長谷川等伯


翌日の洗車後・・・
1440 奥能登揚げ浜塩田
e0187064_15144397.jpg
e0187064_151558.jpg
e0187064_1516723.jpg
e0187064_1516331.jpg
e0187064_15164857.jpg
e0187064_1517334.jpg
1530 椿展望
e0187064_15173032.jpg
1715 千枚田
e0187064_1518467.jpg
e0187064_15181798.jpg
1615 キリコ会館
e0187064_15185795.jpg
キリコと呼ばれる能登地方特有の巨大な切子燈籠を紹介する文化施設
e0187064_15194537.jpg
e0187064_15201386.jpg
e0187064_15202565.jpg
祭礼には神輿渡御の夜道の灯りとして、このキリコをかつぎだす習慣があり30基以上のキリコがところせましと展示され、臨場感あふれる祭りの様子が再現されている。(大きなキリコは総て稲忠が所有)
e0187064_15211159.jpg
e0187064_15213856.jpg
塩分を含んだ潮風や海水を浴び、サビの原因になるから
1800 スタンドで給油&洗車
e0187064_15223922.jpg
1845 今日の宿 ライダーハウス "江尻屋" 一泊1,500円
e0187064_1524473.jpg
1930 ちゃんこ鍋 力
e0187064_15253159.jpg
e0187064_15305131.jpg
ライダーハウスの宿泊されてるお客さん達と
e0187064_153127100.jpg
e0187064_15314510.jpg
e0187064_1532332.jpg
e0187064_15331891.jpg
江尻屋のオーナー夫妻
e0187064_15325768.jpg
飲みます。
飲みます。
飲みます。
e0187064_15352552.jpg
e0187064_15354760.jpg
2200 リビングで談笑、弾き語り
e0187064_1536119.jpg
歌います。
歌います。
歌います。
e0187064_15363534.jpg
2400 消灯



つづき⇒⇒⇒能登半島PartⅢ
~1Day~
昨日のBBQの寒さから一転、朝からピーカンで何を着て行こうか迷うほど日差しが眩しい
1015 橋本 出発
新しいエレクトリックのヘルメットのサイズが小さくて、ずっと誰かにアイアンクローされてる感じで痛みに耐えながら
1220 京田辺P
1330 多賀SA
e0187064_14124038.jpg
1500 南条SA
e0187064_1413389.jpg
パーキングには数十台のバイクを余所目に、勝利からの戦利品 "珈琲豆" を挽きます。
尼御前SA 1615 やっぱりアイツがやってきました。
雨具は着るほどでもない小雨
金沢西ICを下りて、¥1,500-の本日の宿 "アイアンホースGYM" へ。
e0187064_1425497.jpg
トレーニングジムで、小1時間ほど汗を流して、バンプアップ
e0187064_14153768.jpg
徒歩で銭湯夢の湯に向います。ビールを3杯飲んで、初日が終わっていきます。


~2Day~
630 起床
700 出発 アイアンホースジム
e0187064_14162781.jpg
e0187064_14165013.jpg
向かうわ、千里浜なぎさドライブウェイ
e0187064_14172193.jpg
世界的にも珍しく、アメリカのデイトナビーチ、ニュージーランドのワイタレレビーチを含めて3ヶ所だけと言われている一般の自動車やバスでも海岸線の砂浜の波打ち際を走ることができる道路
e0187064_1418594.jpg
e0187064_14181442.jpg
俺も走ってるとこ撮られたかったなぁ
e0187064_14203679.jpg
e0187064_14192271.jpg
e0187064_14193353.jpg
e0187064_14195212.jpg
e0187064_1420770.jpg
e0187064_14202392.jpg
e0187064_14204831.jpg
900 氣多大社
e0187064_14364778.jpg
e0187064_1437051.jpg
1000 能登金剛
能登半島国定公園の代表的な景観の一つで、松本清張の小説「ゼロの焦点」の舞台となもなった
約30kmに亘って奇岩、奇勝、断崖が連続する海岸
厳門
e0187064_14505744.jpg
e0187064_14511294.jpg
e0187064_14513853.jpg
e0187064_145158100.jpg
e0187064_14521358.jpg
e0187064_14522841.jpg
一番商売っ気がないお店で、コーヒーとひっぱりだんごを。
e0187064_1453044.jpg
e0187064_14532938.jpg
ラジオから「背くらべ:♪柱の傷は おととしの五月五日の 背くらべちまきたべたべ 兄さんが計ってくれた 背の たけ♪」が流れてます。
1100 機貝岩
e0187064_14541368.jpg
1130 義経の舟隠、ヤセの断崖
e0187064_14544448.jpg
e0187064_1455173.jpg
e0187064_14551516.jpg
e0187064_14552821.jpg
e0187064_14575869.jpg
1220 輪島
朝市は1200まででほとんど店じまいしてたので、工房長屋をぶらっと探索、ぶらっとがてら、立ち寄った輪島塗のお店、"稲忠"
e0187064_14583274.jpg
ちょうど絵付け中
e0187064_14585983.jpg
驚きの金額
e0187064_14592435.jpg
e0187064_14593735.jpg
e0187064_14595131.jpg
三代目の代表に教えてもらったお店で昼食
1330 名月
e0187064_1515623.jpg
e0187064_152202.jpg
「輪島塗の食器は見るだけじゃなく、実際食べてみないと良さはわからない」っていう主人角藤さん。
焼き魚定食
天然鰤の照り焼きにあおさのお味噌汁、黒鯛の粗煮。料理は全て輪島塗の器
e0187064_1525223.jpg




つづき⇒⇒⇒能登半島PartⅡ
BMC
e0187064_19031187.jpg
SCOTT
e0187064_18480225.jpg
COLNAGO
e0187064_18483543.jpg
KUOTA
e0187064_18490450.jpg
RIDLEY
e0187064_18493759.jpg
BASSO
e0187064_18501219.jpg
みんな男前すぎて迷うなぁ〜
戦闘力高いバイクばっかで惹かれるッスね。
レインズ自転車部作りませんか…

3.4の連休にマルハナバチ家とマーシー家でキャンプを予定してましたが、レインズらしく雨の予報です。

その分、繰り越し開催です。
e0187064_15463734.jpg
みよ、このらしからぬ天気を❗️
この笑顔を❗️
e0187064_15484505.jpg
量より質のお肉は、とても美味しい。
e0187064_15494324.jpg
いい顔してるぜ、みんな。
e0187064_15513985.jpg

e0187064_15520393.jpg

e0187064_15522205.jpg
本 命❗️
e0187064_15531262.jpg

身体 資本❗️
e0187064_16330381.jpg
一人8個ずつやでー(*`へ´*)
もめるんやから〜(noi)
e0187064_16495895.jpg

e0187064_17103444.jpg

e0187064_17112767.jpg

e0187064_17123988.jpg

e0187064_17130001.jpg

e0187064_16531961.jpg

←menuへ