<   2015年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

安くて量あるウィスキーを買おうと思って、コンビニに寄ったら、小瓶の山崎を発見。
e0187064_18150196.jpg
しまった…。
でも、楽しみ。

グラスも山崎。チーズと一緒に。
e0187064_19360212.jpg

e0187064_19403762.jpg


親が断捨離を決行しました。

フリマ並の品数の中から数点を持ち帰ってきました。

その中の1つ、
クッカーセット。
e0187064_10490887.jpg
さすがに多すぎるので、自分のアイテムと組み合わせて、2パターン作ってみました。

パターン1 「軽量化バージョン」
自分の事だけを考えて、必要最低限に。
e0187064_10514625.jpg

e0187064_10522359.jpg
パターン2 「雪山で鍋バージョン」
春風さん、itabbさんのと組み合わせたら3品は同時にいけるんじゃないかと。
e0187064_10541889.jpg

e0187064_10545395.jpg

e0187064_10553496.jpg

おしまい。
e0187064_10561790.jpg
今年も始まる、夏山の季節。
晴れろ〜 ( ̄(工) ̄)



e0187064_2244990.jpg

e0187064_2244663.jpg

e0187064_2244711.jpg

e0187064_2244752.jpg

e0187064_2244837.jpg

e0187064_2244883.jpg

e0187064_2244925.jpg

スコッチを代表する、シングルモルトウィスキーの中でも、「飾り気がない」をモットーに作られた「グレングラント 10年」
e0187064_16550476.jpg
フルーティの香りも楽しめるとか。
バランス良く仕上がっており、世界でも数々の賞を受賞しているそうです。

安酒になるんやろうけど、私みたいな素人には十分すぎるほど高価。化粧箱入りなんて初めてです。

700ml、3000円。
大切に飲もう。

昨日の岩湧山程度で靴擦れしてしまった。

ちゃんと原因究明と対策を考えたい。

これどうかな?
いつも足関節や腸骨に使ってるクッション材。
e0187064_13312277.jpg
現在、朝の9時。
昼までは歩いてみたいな。

ということで、またまた三石林道に入ります。
マムシには気をつけないとね。
e0187064_13330658.jpg
前に来た時より、土砂崩れがマシになってる。
e0187064_13335047.jpg
不法投棄の冷蔵庫。。。
何て事をしやがる…
e0187064_13342167.jpg
前回は入って行かなかった未舗装路。
舗装路からの分岐入口には、消防署の手作り看板が掛かってます。
行ってみる。
e0187064_13360037.jpg
筋肉が動けば血管も動く。
足の浮腫みが取れる分、手にくるのかな?
めっちゃ浮腫んでる。
e0187064_13382252.jpg
ここまでの感想としては、昨日と違って全く踵への干渉はない。
今日は昨日と違って、靴紐はキツく結んだけど、関係あるのかな?
クッション材が有効なのかな?

しかし、斜度がある一定ラインを越えると踵に当たりが出てきた。

ふむふむ、平地に関しては、アスファルトであろうと土であろうと、紐の強弱関係なく問題はないな。

歩き出して1時間40分で、新たな分岐。
e0187064_14350712.jpg
5分後、秋以来の三石山に到着。
e0187064_14355153.jpg
おぉー、前回来た時に気になってた道が繋がった。スッキリ!
e0187064_14365221.jpg
よし帰ろう。


「グルルル…」

Σ(・□・;)
まさか!

背筋が凍る。

猪豚だけは勘弁してくれ。
勝てる気がしない。

風にあおられて、うねる「木」でした。
ビビった。あんな音になるの?
完全に獣かと思った。

以前、頭をぶつけた大木。
e0187064_14411498.jpg
刺さりそうです。
e0187064_14413787.jpg
学校のチャイムが聞こえてくるとともに、竹が出てきました。
e0187064_14421857.jpg
三石山に来るまで何処に出るか全く分からないまま歩いてた。チャイムを聞いて文明を感じたのか、どこかホッとする。

よし、走ってみよう!

いけるいける。

下りと、平地ぐらいなら息は切れない。

見覚えのある橋まで降りてきました。
e0187064_14445335.jpg
森林は気持ち良い。
そんな中に色があると、なぜこんなに映えるのかな。
e0187064_14455195.jpg
こんな雨の中、好んで歩いたり走ってる奴はいないだろうと思っていたけど、住宅街まで帰ってくると。いたっ❗️
あの人、見た事あるぞ。
橋◯消防の人だ。子供のお迎えとかで、見た事がある。
(ー ー;)なんとまー、走りまくっとんな。

靴紐は登山靴の中で唯一、オシャレを楽しめるアイテム。黄色に惹かれて使ってはいるが、途中緩んでしまった。春風さんに教えてもらった二重蝶結びにすれば、確かに緩みにくいがマーシーには面倒くさい。
丸型の紐のデメリットですね。
平型との中間タイプが1番好みやな。

踵に関しては、次は絆創膏とクッション材の併用を試してみよう。
e0187064_14534482.jpg
12時帰宅。
12km、3時間でした。
e0187064_14553853.jpg
今日は給料日。
ウィスキーを買いに行きます。
あとは夏山貯金です。




仕事上がりに、先輩と岩湧山までトレーニング。

60分コースを35分で。

最後の階段は「歩かない」を目標にして、自分なりに走ります。
e0187064_13453708.jpg
その後、布曳滝へ連れて行ってもらいました。

自然の滝に入るのは初めてです。
e0187064_13475282.jpg
冷たい❗️
両足が冷たい痛いと、忙しい感覚。

先輩
e0187064_13503031.jpg
マーシー
e0187064_13551097.jpg

e0187064_13505954.jpg
八墓村!
e0187064_13513065.jpg
帰ってからのビール‼️
e0187064_13520500.jpg

ありえへんだけの荷物を担いで、チャリの一団が通ります。
e0187064_15590488.jpg
梅雨の合間の晴れとあらば、呑まなきゃ損損。
e0187064_16000714.jpg


あっという間に、IGTの世界に。
e0187064_16013168.jpg

e0187064_16030538.jpg
昨日から漬け込んでくれた鶏肉。
e0187064_16033672.jpg

ハーブ入りのソーセージ
e0187064_16042312.jpg

e0187064_16044329.jpg
sakuよ、なんだその顔は
e0187064_16055008.jpg
企画長 兼 シェフ 兼 PTA会長
今、一番苦労してる人。
e0187064_16061829.jpg

e0187064_16115067.jpg
Ao、今年こそ、絶景を見ような!
e0187064_16074524.jpg

e0187064_16111280.jpg
Yuiならアルプスいけんじゃね?
e0187064_16092284.jpg

e0187064_16125386.jpg
兄貴、今年もよろしくお願いします。
e0187064_16104610.jpg

若者たちよ、壁を恐れるな。
e0187064_16265161.jpg

一見、無理難題に見えても、決めるのは自分。
e0187064_16273530.jpg
大体は可能である。
e0187064_16284423.jpg
限界は決めるものではない。
e0187064_16291722.jpg
見極めればよい。

振り返った時に、自分に嘘をついていなければいいのだよ。

宝物たちよ
e0187064_16422235.jpg



実際発生した凶悪殺人事件をモチーフにして作られた海外映画集 第7弾

「事実は小説より奇なり」


1972年8月22日米国ニューヨークのブルックリン区で発生したチェイスマンハッタン銀行襲撃強盗事件。ベトナム帰還兵の犯人は恋人に性転換手術の費用をプレゼントするために、下見もせず、いきなり銀行を襲撃する。犯行の午前中に「ゴットファーザー」を観たからという単純なきっかけだったという。逮捕後、事件が映画化されるにあたり映画化権料が入り、そのお金で恋人に手術代をプレゼントすることができたそうだ。この事件に基づいて作られた「狼たちの午後」
作中の銀行内での会話や刑事とのやり取りなどは、ほとんど俳優陣らのアドリブによるもので、生き生きした台詞のやり取りが生み出すリアリティーや、間抜けな犯人役のパチーノの神経が張りつめ異様なテンションに陥る演技には親近感さえ抱き、リアルさにグイグイ引き込まれる傑作映画
e0187064_857147.jpg




米国各地のファストフード店や食料雑貨店に電話をかけて警察官を自称し、警察への協力行為の名のもとに店長らを誘導、女性店員を裸にして身体検査をするなど、その他の異常な行為をするよう仕向ける。一連の犯行は70件を数え、行われた場所も30州もの広範囲にわたった。約10年間続いたストリップサーチ悪戯電話詐欺事件を基にした映画「コンプライアンス」
実話という前置きがなければ、そんな簡単に騙されるわけがないとすら思ってしまうが、組織に属する人はその組織の命令であれば、考えられない残酷行為に及ぶということが(ミルグラム)実験からも実証されており、権威と服従の互換性を切々する圧倒的なリアルさで描いた秀作。監督クレイグ・ゾベルは映画「狼たちの午後」の大ファンだという。
e0187064_8534382.jpg




ニューヨークの不動産王ダースト家の長男で、約44億ドル(約5,340億円)の資産を保有するロバート・ダーストの妻キャシー・ダーストが1982年、謎の失踪をする。警察はロバートの親しい友人女性スーザン・バーマンから事情を聴こうとする矢先に、何者かに後頭部を撃たれて殺害される。失踪事件及びスーザン殺害にロバートが深く関わっていると考えられたが、証拠不十分で結局結びつけられずに終わる。しかしスーザン殺害から1年後、テキサス州ガルベストン湾にロバートの隣人モリス・ブラックが切断遺体で発見される。遂にロバートはモリス殺害容疑で逮捕されるのだが、事故だとする被告側の主張を覆すに足る物的証拠が見つからず、無罪判決が下される。…と、ここまでのストーリーを基にした映画「幸せの行方」
親の反対を押し切り結婚する2人の幸せの歯車も、脆くも少しずつ狂い始める。
一連の未解決殺人事件はまるで映画のようであるが、本当に驚く実際の結末を誰が想像したであろう。
2015年3月16日 疑惑を検証するドキュメンタリー番組に出演したロバートダースト。番組収録中マイクのスイッチが入ったままだったことに気付かずトイレで「俺が何をしたかって?もちろん全員殺したさ」と殺人犯行を認める独り言をつぶやいたことが決定的となって、収録後逮捕される。驚愕のオチである。原題がAll the good thing
e0187064_8542679.jpg



米国ボストンで1962年から1964年の約1年半で計13人の女性が殺害される。発見される遺体は全て全裸で、性的暴行を受けた形跡があり、絞殺にはパンティストッキングやタイツなど女性の衣服が用いられた。遺体の女性器を露出状態にしたりと、異常な性的嗜好者による犯行とされアルバート・デザルヴォが逮捕される。デザルヴォが刑務所内で死亡したことで、事件は一応の終息を見せたものの、独房で刺殺体であったことなど1980年代以降に冤罪説が数多く浮上し、再び脚光を浴びることになったボストン連続絞殺魔事件。犯人を多重人格者とした設定、分割画面で複数の出来事を同時に見せるマルチスクリーンを駆使し、大胆で斬新な映像手法を使うなど50年以上前の作品とは感じさせない秀作「絞殺魔」。犯人とされたデサルヴォの終盤の尋問に苦悩する迫真の演技は一見である。
e0187064_8545636.jpg

部屋を片付けてたらオモシロい写真が出てきた。

17年前のアフロは結構インパクあった・・・と思う。

さらに何日も風呂に入れない上、混沌と猥雑の埃の中で頭髪は一層膨らんだ。
アフロにベルボトム、ウエスタンブーツに小汚いノッポの出で立ちは、帰国直後に偶然電車で会ったKazuは、躊躇して声もかけてくれなかった程だ。

母なる大河ガンガーのバックに決める春風
e0187064_8205247.jpg
見た目のインパクトだけでも負けんように、インド人もびっくりするように、アフロにしていったインド~ネパール一人旅
e0187064_8212480.jpg

最近YouTubeで、猿岩石「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」、大沢たかお「劇的紀行 深夜特急」を懐かしんで観ながら酒を飲む。

「あぁ~あの頃は若かった」
大阪梅田のE-ma3階にアークテリクスとスントのお店が4月にオープンしたそうです。
e0187064_12550329.jpg

e0187064_13172990.jpg

e0187064_13171274.jpg

e0187064_13174391.jpg

e0187064_13182637.jpg

←menuへ