<   2015年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ずっと行ってみたかった牛タンの専門店 "牛タン炭火焼 吉次"
e0187064_0221027.jpg
e0187064_08494.jpg

どれも抜群に旨いです。
タン刺し
e0187064_091014.jpg
テールスープ
e0187064_0114230.jpg
牛タン焼
e0187064_0125519.jpg
e0187064_013692.jpg
牛タンソーセージ
e0187064_0134774.jpg


⇒⇒⇒メニュー
昨晩、急遽、職場の同期から「和歌山ラーメンが食べたい!」とお誘いがあり、朝10時に橋本IC前ファミマで集合。

井出商店と肩を並べると言われる、「清乃(せいの)」へ。
e0187064_19481870.jpg
元々は有田に拠点を置くラーメン屋だが、本日、和歌山駅近鉄ビル内に1カウンターのみだが、オープンしたという。
e0187064_19484961.jpg
醤油豚骨のコテコテラーメン。
こいつをおかずに白ご飯がっつけます。ビールなんか最高です!

最近は職場の体力測定のため摂生してたので、余計に美味いです。ちなみに、35歳にして新記録を樹立。順手全伸ばしで懸垂41回でした。

スープは少なめで、しっかり麺に絡ませて頂きます。焼豚も脂身たっぷりでマーシー好み。
井出商店よりうまい

腹もみたされたところで、クニちゃんが龍神スカイライン走ってみたいとのこと。

途中の道の駅で休憩。
e0187064_20204185.jpg
ビッグボーイ250のクニちゃん
e0187064_20174505.jpg
e0187064_20480377.jpg
後ろアングルもかっこいい
e0187064_20195342.jpg
フェイスはもちろんかっこいい
e0187064_20202020.jpg
竜神温泉
e0187064_20211176.jpg
e0187064_20212654.jpg
長距離を走ることで、愛車と一体感を実感。慣れてくることで、愛着感増進。

楽しい1日でした。

遂に北穂高まで1週間に迫った。ふと目に留まった新聞のコラム欄

ズンドコ節は替え歌が多彩だが、「谷川小唄」というのもあった。上越国境の谷川岳に岩登りに行く山男を、可愛いあの子が涙でとめる、という歌だ。遭難が多発して「魔の山」と恐れられた▼昭和の初めからの犠牲者は800人を超す。ふもとの小径(こみち)には、「安らかに」「若き命」などと刻まれた金属板が並ぶ。悲劇の相次いだ時代、谷川岳に限らず登山の中心は若者だった。平成に入るころから主役は中高年に移る。大型連休が近づいて、胸を高鳴らせている人も多かろう▼この季節の山は明るい。高い峰も冬の鎧(よろい)はゆるみ、低山なら億万の新緑が芽吹く頃合いだ。が、二つの顔は油断がならない。美女の面をつけた役者が、くるりとひと回りすると鬼面に変わる。山の表情も、平穏と凶暴が裏表する▼一昨年は全国で過去最悪の320人が死亡、不明となった。遭難の4割は道に迷って起きているという。登山学校を主宰する岩崎元郎(もとお)さんは危険をよく知る大切さを説く。「山を知り己 を知らば、百山するも危うからず」と▼「同じような事故、遭難を繰り返したら、前者の霊はどんなに悲しんでいることだろう」。これは56年前、本紙記者が『魔岳秘帖(ひちょう)―谷川岳全遭難の記録』という著書に記した一文だ。素朴な言葉の中に願いがこもる▼山はそこに自然の姿で存在する。人間が入って遭難し、「魔の山」と呼ぶのは申し訳がない。岩崎さんのアドバイスを連休登山のリュックに詰めて行きたい。重さの負担にはならないはずだ。
2014/4/24 朝日新聞「天声人語」より


 20年前から変わることない、この遠足前の期待感、不安感、高揚感
少し伸びた鼻を少しだけ折って欲しい気もする。勿論根元からベッコリへし折られるの困るが
春風にとって酒井さんに誘ってもらった3年前の初春山の記憶も今では熟成した酒の肴である。


e0187064_12343366.jpg
涸沢から北穂へ全景

5/1から挑む4人の春の肴を5/4、鮮度ピチピチでitabb宅にて振舞いたい。まず、絶対目標は無事下山!!


5/1 22:00橋本―23:00河内長野―翌4:00沢渡P
5/2 7:00上高地BT―10:00横尾―14:00涸沢テント場
5/3 4:00涸沢テント場―8:00北穂高岳小屋―8:15北穂高岳頂上9:00
―10:30涸沢テント場―テント撤収・昼食
―13:00涸沢テント場―14:30横尾15:00―18:00上高地  ★上高地BT発 最終バス 18:00★

YAMAHA「セロー250」

年式 2005
距離 20000km
乗り出し価格 28万5千円

セローとは日本語で「カモシカ」の意味。
獣道を早く、長距離を走るという事から名付けられたそうです。
e0187064_14070922.jpg
e0187064_14082894.jpg
e0187064_15290298.jpg
当初は黒色で、はざまモーターさんに探して貰ってたんですが、なかなか見つからず、白にしました。白のバイクは初めてやけど、けっこうかっこいいですね。軽いし早いです。

Fさん、一緒かな?

子供らにも好評です。
仮面ライダー マーシー。




実際発生した凶悪殺人事件をモチーフにして作られた海外映画集 第6弾

「事実は小説より奇なり」

19世紀の後半の貧民街の一角で、(13~20人とする説もあるが)3か月の期間に5人の女性が連続殺害された残忍な猟奇殺人の犯人の通称切り裂きジャック。主に娼婦が犠牲となり、殺され方が一様にして、喉を裂き、手足を切り刻み、内臓を抉りバラバラにするという残虐さ。時には摘出された内臓を遺体の横に揃えて置かれていたという。解剖学的知識があるとされ、犯人の職業は医師だという説が有力視されているが、精神病患者から王室関係者まで、その正体については1世紀以上経った現在も未解決のままの一連の殺人事件。
事件の真相の1つの仮説として、王室やフリーメイソンといった特権階級の闇を絡ませた「フロムヘル」
ジョニー・デップ出演でダークな題材だけに万人受け難しいが、謎解きもあり楽しめるサスペンスホラーの良作。
e0187064_1924253.jpg




1959年カンザス州の片田舎ホルカムでは名士で評判高い名家。奥さんが神経を患っていたが快方に向かっている矢先、
一家全員がロープで縛られた挙げ句、散弾銃によって至近距離から射殺されたクラッター一家4人惨殺事件。
犯人の処刑現場にまで立ち会ってまでして書き上げた原作者トルーマンカポーティの小説・冷血を映像化。実際の事件現場での殺害シーンの撮影、本裁判が行われた法廷を使用し、当時陪審員を担当した6人の陪審員を実際出演させたという。
地味な作品ながらモノクロ映画の美しさも楽しめる50年前の1967年の「冷血」。映画「カポーティ」を鑑賞前には必見。
e0187064_18571367.jpg




子供たちを楽しませるため、パーティなどでピエロに扮からキラー・クラウンの異名を持つジョン・ゲイシー。
資産家の名士でチャリティー活動にも熱心な模範的市民の反面、少年を拷問、レイプ、
殺害しては遺体の多くを自宅の床下に埋葬していた。約7年間の間で少年を含む33名を殺害した同性愛連続殺人犯。刑務所で描いたピエロの絵画は連続殺人者犯マニアの中で大変な人気があり、展示会が開催され、高値で取引される。
俳優のジョニー・デップも購入して所有していると言われている。連続殺人鬼ペニー・ワイズのモデルとなった映画「IT」
それぞれが持つ少年期のトラウマ、恐怖心をペニー・ワイズとして上手く描写してるのに、ラストの展開が大変よろしくない。
設定と途中までが素晴らしかった分、ラストの部分は、興ざめする事間違いなしの映画である。
e0187064_1925876.jpg




大邸宅でデフェオ一家が惨殺される事件が発生。地下室に閉じこもっていた犯人は長男のロナルドであった。彼は就寝中の両親と4人の弟妹たちをライフルで次々と射殺。我に返り自ら警察に通報した彼は、逮捕後「家が家族を殺すよう命じた」と主張したという。それから数年、新しい住まいを探していたラッツ夫妻は、新聞広告に載っていたこのアミティヴィルの大邸宅を訪れ、値段の安さにひかれ購入を決めるが、数々の不気味な現象が襲い再び悲劇が始まる。アメリカ、ロングアイランドで発生した超常現象を題材にした「悪魔の棲む家」。79年に初映画化されて以来、長きにわたって続くホラーシリーズのリメイク映画。
心霊が見えるや、徐々に狂っていく父など定番要素によって盛り上げられていく「悪魔の棲む家」。
e0187064_18574839.jpg

ほれほれ、この地図みてワクワクしないはずがない。
e0187064_21045026.jpg
まだ予定も決まってないのに、地図をダウンロードしてしまったよ。

だいたいは経験済みな気がする「おひとりさま」
1人牛丼、1人ラーメン、1人映画、1人居酒屋、1人回転寿司、1人焼肉1人、1人美術館、1人旅、1人ライブ・・・
んで、今日は1人IKEA デビューしました。

なんか見てたらオモシロい。
特に何買うって訳でもなく来てるカップル、1人暮らしの準備で買い物に来た母子、
なんかカリカリ怒ってる新婚夫婦、買い物に夢中になるお母さんと迷子になって泣いてる子供、ベンチで寝てるお父さんetc・・・
1人イケアノオレ

今日の戦利品
e0187064_18313550.jpg


1人カラオケ、1人スノボはまだやけど

⇒⇒⇒因みに
朝から運動公園でやってたフリマへ行きました。
e0187064_15245483.jpg
e0187064_15353851.jpg
大量のポケモン人形をゲットして、昼からは久しぶりにダッチオーブンでピザを焼いてみました。
e0187064_15255216.jpg
かたわらで、プチBBQを始めます。
e0187064_15262900.jpg
e0187064_15264425.jpg
昼から一杯やるには充分です。
e0187064_15271908.jpg
予算は家族4人で3000円。
ピザソースだけは作りました。
e0187064_15282636.jpg
炭とダッチオーブンの力は素晴らしい。
ほりこんどいたら美味くなる。

『羊たちの沈黙』
e0187064_17473865.jpg
『ハンニバル』
e0187064_17475844.jpg
最近、この2本の映画を改めて見ました。
子供の頃に見た時は、おぞましい映像に興奮しただけの映画であった。

実在した犯罪者の手口などが使われているのは皆の周知のところでしょう。

そもそも、普通の人間がレクター博士のような異常性を生み出し、支配されるものなのか?
ありえるとしたら、どのような経緯を辿るのか?
e0187064_19224868.jpg
今月10日に発売された『文藝春』
サカキバラ事件の犯人、少年の生い立ちから刑を言い渡されるまでの決定文が載っています。

少年は元々、内気で特に問題を抱えるような子供ではなかったそうです。それ以降の記事内容は怖くて書けません。

この記事を世間に公表すること自体、賛否両論あると思います。被害者の方たちの思い、犯人自身の現在とこれから、善良な市民、それぞれの立場の言い分があるでしょう。
ただ、この事件は社会性が大きく、我々も知る権利があるのかもしれません。

読むことで明確な何かを見いだせる訳ではありませんが、教育、愛情、コミュニケーション、そんな当たり前のことが大切だという事は分かります。
私見は控えます。

e0187064_19353824.jpg
卒業だけが理由でしょうか
会えなくなるねと 右手を出して
e0187064_19355697.jpg
さみしくなるよ それだけですか
むこうで友だち 呼んでますね
e0187064_19361072.jpg
流れる季節たちを 微笑みで
送りたいけれど
e0187064_19365839.jpg
春なのに お別れですか
春なのに 涙がこぼれます
e0187064_19371373.jpg
春なのに 春なのに
ため息 またひとつ
e0187064_19372826.jpg


e0187064_19401910.jpg












今年も1人で金麦を飲んでます。
今回は結構イイ感じやったと思ったんやけどなぁ~

←menuへ