<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「今日は夕方から時間あったらおいでよ」とのitabbからのお誘いに、遠慮もせずに春風行ってきました。
今夏はitabb宅にお邪魔するのはこれが始めてかも・・・

今日はバームクーヘンを作るとのことです。今日もいつもと変わらず春風は、何もせずBeerを片手に書記係を
1重、2重・・・とこれがなかなか難しくて 
e0187064_023074.jpg
e0187064_024775.jpg
っんで出来上がりが
e0187064_024959.jpg
e0187064_03659.jpg
e0187064_031199.jpgこの後亀八食堂の味噌を使っての晩餐。
今日もホンマにご馳走様でした。

あと、itabb
が先週採蜜した御裾分けを少し頂きました。





今年はさらっとしてて、サッパリとした甘味だそうです。
敬愛する丸山さんの42th Birthday Partyに行ってきました。
場所は堂島ホテルの1泊 ん十万円するシークレットルームでした。
e0187064_23194036.jpg
七五三みたいで澄まし過ぎですよ。
e0187064_23195161.jpg
e0187064_2320302.jpg
部屋にこんなジャグジーが
e0187064_23204055.jpg

ちょうど一週間前に山があって、今日、ザックやらカッパやらフライやらを片付けた。あぁ~今年も夏が過ぎていく
夏の思い出ってなったら、俺はほとんど山になるけど、ここ数年レインズメンバーの子供たちへの家族サービスのためにも
紀の川祭りまでには下山することが多い。だからここ数年8月15日は、一人家から花火を見上げるんだ。
戦後間もない1948年(昭和23)から毎年開催されていた今年第62回を数える紀の川祭りも、今年で最後。昔は14、15日の2日開催で小学生低学年までは1日は祖父のところで、もう1日は家族と親戚でいった覚えがある。お化け屋敷に、その横の変な館みたいなのとか、当たりもしないのにでっかいガンダムのプラモデルを夢見てのくじ引き、あの河原を何周回ったことだろう。
e0187064_14481791.jpg
それが友達同士で行くようになって、でも彼女といった記憶は2回あるかないか、殆どないような気がする。いつか行こう、いつか行こうと思ってる間にまさかの、ラスト。ほんまのラスト。
今年も部屋の窓からビール片手に見上げたけど、いつもに増して物悲しく感じてしまった。
「ありがとう」のBGMに、MCさんの「ありがとう紀ノ川祭、さようなら紀ノ川祭」が何とも言えなかった。

お盆が過ぎたこのくらいは、親戚勢揃いの焼肉パーティーも終わり、賑やかやった姪っこ甥っこがいなくなって、
あのうるさいのが静か淋しくなる。
e0187064_14493720.jpge0187064_1450528.jpg

e0187064_14513199.jpgバケツに入った金魚、水の抜けたビニールプール、
甲子園の高校野球も佳境になって、昼間鳴く蝉の声も過ぎ行く夏を愁いて泣いてるようにさえ淋しい聞こえる。
朝夕はかなり涼しくなってきた。
言うてる間に24時間テレビがあって


前略 ハルオさん 「今年も何もなかったなぁ」って言うて
過ぎていく8月になりそうです。春風より
幼少時代は両親や兄弟で楽しんだ紀の川祭り
学生時代は夏休み中に友人と会える紀の川祭り
そして、今年は自分の家族と見届けた最後の紀の川祭り
橋本市民にとってはPL花火より断然重要な紀の川祭りが終わってしまった。今年の夏の終わりはいつもより切ないね。e0187064_22321077.jpge0187064_22314284.jpg


山行中もしくは車中で話題にあがった過去の自分は・・・の件ですが

力を入れずして6パックに割れている腹!
e0187064_2232312.jpg
e0187064_2232443.jpg


脂肪ゼロの引き締まった背中!
e0187064_22361212.jpg
頑丈な体!!
e0187064_22422471.jpg


今は遠い昔の話。
切ないね。
それでも前を向いて歩こう。花火がなくても、筋肉がなくても、山は変わらない。
RAINSがあれば山は楽しめる。
さ、次は誰と何処に行こうか。
4:00 起床の予定で目覚ましを合わすも、夜通し降り続く雨が弱まることもなく朝を迎え、
昨日の"雨"が今日も続いてるのもあって、皆「少しでも雨足が弱まっていかへんかなぁ」って想いながらダラダラと6:45 起床
e0187064_1233828.jpg
e0187064_1234831.jpg
こじやん「このままテント内の底に穴2つ開けてさあ、足出したらハウルの城になるんちゃうん?!」
e0187064_124270.jpg
朝食をとって、昨日の雨で殆どやられた中貴重な煙草で一服して・・・テントを片す頃にはご覧の通り、雨も納まり
e0187064_1242645.jpg
e0187064_125932.jpg
e0187064_1251662.jpg
涸沢岳をあとに名残惜しそうなメンバーと今年で引退を決めたこじやんのミリタリーパンツと記念写真。
本当にもうあの勇姿が見れないと思うと・・・っとか言うて電撃復帰を待ってるよ。こじやん
e0187064_1252727.jpg
9:50 涸沢ヒュッテ 発
e0187064_125514.jpg
11:00 本谷橋 着 もうこの頃には陽射しが暑くさえ感じるほど
e0187064_126247.jpg
e0187064_1261775.jpg
e0187064_1262627.jpg
e0187064_127118.jpg
12:40 徳沢 着 最後の宴 昼食に、祝砲
e0187064_1273261.jpg
10秒後
e0187064_1274153.jpg
e0187064_12844.jpg
マルハナバチシェフはまだまだ俺らの腹を満足させようと
驚きの4品目は、マグロと特製チーズのシェフお勧めパスタ
e0187064_1281314.jpg
こじやんのタラコスパは今度にしよう。
デザートに徳沢名物ソフトクリームを頬張るオヤジ4人
e0187064_128458.jpg
e0187064_1285563.jpg
e0187064_1355431.jpg
e0187064_1313120.jpg
なんか淋しげな背中してるなぁ
e0187064_136623.jpg
蕎麦屋やのにうどんを注文するマーシー、大盛り蕎麦だけ食べる春風、
精力をつけるのに馬刺を食べるこじやん、天丼のご飯だけ大盛にしたからバランスの悪いマルハナバチ

2012 夏山最後の記念写真

去年の夏も楽しかったでな
(春風は30分前には既に起きてたけど)
4:00起床 眠たい目をこすりながら、寝袋から各自モゾモゾと起き出す4人。
ある者は屁をこき、ある者はウエットティッシュで顔を洗い、お気に入りの服に着替えて・・・さぁ~!! パーティーTime再スタート
意気揚々とテントを飛び出すと・・・

残念ながらガスまみれで真っ白。ペルセウス流星群どころでは
(と言っても、夜通しテントに降りつける雨音は消灯後から徐々に大きく強くなってたのは知ってたんやけど)

テントからの景色はご覧通り
e0187064_114163.jpg
ハムステーキに腹を膨らませて・・ってか、みんな目がやばいね。
e0187064_25228.jpg
5:50 涸沢ヒュッテ 発
e0187064_115350.jpg
出発の時は雨もなんとか止んでてまだ雨具も未装着ですが・・・
e0187064_121236.jpg
ここで、マルハナバチのNEWアイテム、モンベル製ゲーター装着。今年は気合いが違います。
e0187064_122667.jpg
e0187064_12333.jpg
次第に雨足も強くなり、高度も上がるにつれてガスでテント場も霞んで、辺りも何も見えない状態へ
e0187064_134679.jpg
e0187064_14345.jpg
速効、ゴアテックスの雨具に着替える者1名、未ゴアに3名
まだまだ雨を楽しむ余裕が残るメンバー
マルハナバチ「ホンマはもっと早っ登れんねんで」
こじやん「やっぱりFから買った10円カッパはアカンなぁ」
e0187064_142172.jpg
e0187064_14386.jpg
鎖、梯子を経由して、一気に岩場の急勾配がスタート。辺りはガスで視界不良
e0187064_145086.jpg
e0187064_1543.jpg
さらに視界は大不良
e0187064_171561.jpg
9:05 北穂高岳(3106m) 着  ってい言うても何にも見えず。左からマーシー、春風、マルハナバチ、こじやん
e0187064_173746.jpg
e0187064_174874.jpg
9:10 北穂高山荘 着
外は雨、山荘内を利用時は濡れた衣類は脱いでからしか利用できず、各々カッパ脱いで・・・って写真はないけど、
「こ・こ・こじやん、それはパ・パ・・・」
「ん、これ短パンやで」   (いや~笑った)


山荘内は火気厳禁なので、冷えた体をカップラーメンで温めます。もちろん祝泡を。
もちろんこじやんの下は写ってないけど短パンです。
e0187064_184185.jpg
上手いこと隠してるけど短パンです。
e0187064_1385797.jpg
みんなテンション高いです。楽しすぎ!
e0187064_1102059.jpge0187064_110485.jpg
再度みんなで
e0187064_11121.jpg
ガスにて視界不良に降り続く雨、突風にゴア1名を除く3名は凍えて一路、涸沢岳を目指します。
e0187064_1113748.jpg
安全を期してスリングとカナビラを
e0187064_1113714.jpg
横殴りの雨でカメラは直視出来ません。写真を撮るかどうかも迷うほどの天候、そして何よりも寒い!
e0187064_1121374.jpg
こじやん「俺、カメラ向かへんで!」  マーシー「(心の声)そういう問題?」
e0187064_112844.jpg
15:00 北穂高山荘 着  全身びしょ濡れで思いっきり寒くて、震えています。ストーブを占領している高校生に、マルハナバチ「(心の声)しばくぞ」
北穂山荘は山荘内でも火気OK。昼食用の棒ラーメンと炒飯、コーヒー更には熱燗を飲んで
e0187064_1124875.jpg
それでも思いっきり寒くて震えています
e0187064_140336.jpg
既に野帳はボロボロ。何時に出発して、何時に到着か記録ナシ。

ザイテングラードにて
e0187064_1124972.jpg
e0187064_1132645.jpg
17:00 涸沢小屋 着   雨も何とか止んで
e0187064_1133667.jpg

e0187064_1135920.jpg


涸沢岳からの下山中、一度マルハナバチが転びましたが、無事みんな怪我なく我が宿に帰還して、2日目の晩讃スタートです。
ここからはマルハナバチシェフの驚きの料理の数々です。
下界でさえ食ったことのない、もちろん山で食べれる様な料理の域は超越してる3品です。
こだわりの青森産高級生ニンニク、エジプト産バジルに胡椒、甘めの鷹の爪、bascoオリーブオイル、生アボガドetc・・・おっと!! フッ素加工のフライパン
e0187064_114129.jpg
e0187064_1142649.jpg
アンチョビとアボガドを使った緑のパスタ "ジェノベーゼ"
e0187064_1204277.jpg
あさりから出るだしが最高の "ボンゴレビアンコ"
e0187064_1203915.jpg
オリーブオイルからこだわった王道 "ペペロンチーノ"
e0187064_121735.jpg
重いけど1.8ℓの白ワイン持って行って大正解。
高校の時、重たいのにミートソース缶持って上げさせられて、テンコ盛りの茹過ぎたスパゲティーを山ほど食って、
更に残ったヤツは地中深く埋めた記憶あるでなぁ~ F
まったくソレと異なる超・絶品美味な3品。しめて800㌘のパスタを平らげました。
シェフいわく「何を食すのではない、誰と食すかだ」

酔ってるのは、少々飲み過ぎたお酒だけじゃなく、美味しい食事と楽しい仲間と絶景(?)が拍車をかけたんだ。
少々の深酒も山の神様、許しておくれ。そして明日は晴れておくれ。そう思いながら

20:00 消灯
⇒⇒⇒奥穂高岳~涸沢岳 3日目
2012 夏山
今年も無事この時期が来た。早いもんで槍から1年、パンクから1年だ。
今年はどんな山になるか考えただけで、いつもは爆睡の電車も全く興奮して寝れない日が続く。
エアー登山の数は数知れず。

今年のメンバーは去年と同じく、こじやん、、マルハナバチ、マーシー、春風の4人だぜ~
予定通り橋本を22時に出発して、何のトラブルもなく、いつものコンビニで朝食を買って、一服して、トイレを済まして
4:30に梓パーキングに到着。今年は軽い仮眠をとってからの出発となった。
クーラーボックスに満タンに入ったビールにワイン、山ほどの食材を各々再パッキングして
6:00一路上高地バスターミナルへ。
e0187064_0273192.jpge0187064_0274598.jpg
今年は計画書はナシ。とは言えきちんと行動表を届けて
楽しみの笑いをこらえて、最初のファーストショット。7:00出発
e0187064_0281664.jpg
PEAKSの某モデルスタイルの先駆けとなった(本人 談)春風スタイル。今年も鮮やか、目立っております。
今年もポリシーを持って登ります、ミリタリーこじやん。このミリタリーパンツだけは絶対に外せない!
今年のマルハナバチは4駆だぜ?88kgだぜ?ワイルドだろう~? 満を持してNewザック グレゴリーのマーシー
e0187064_0314193.jpg
e0187064_0283471.jpg
マルハナバチ、蝶ケ岳からのNEWシューズに、だいたいの時間を教えてくれるJr.時計からスントヴェクター(イエロー)へ。
e0187064_028457.jpg
7:45明神 着
まだまだ余裕の4人。銀マットはこじやん、マルハナバチ、マーシーがお揃いに。
e0187064_0285718.jpg
e0187064_0331839.jpg
e0187064_030184.jpg
8:45徳沢 着 陽ざしも強く、一目散に日陰にて小休止
e0187064_0301515.jpg
爽やかBoys・・・いやオヤジーズ。 なぜこじやんウインク??
e0187064_034465.jpg
10:20横尾 着
今年マーシーの押しT 河内長野の"奥河内Tシャツ" (奥河内さんじゃないよ) モンベルと提携しているんで、生地は確かです。
e0187064_0424072.jpg
e0187064_0423894.jpg
初日10時を過ぎてすでに宴会モード。ラーメン、ざるそばetc・・・あとたんたかたんも
First Beer ぷはっ――
e0187064_0432176.jpg
みんな、えー顔してるでなー
e0187064_043191.jpg
11:20横尾 発
e0187064_045139.jpg
12:45本谷橋 着 まだまだ余裕?!の4人
e0187064_0451526.jpg
既に貫禄充分のマーシー
e0187064_0461294.jpg
13:00本谷橋 発
e0187064_0462321.jpg
雪渓といえば・・マルハナバチ「こんだけ人数おっても、俺だけ沈むんじゃないかな・・・」
e0187064_0463364.jpg
涸沢ヒュッテ 到着 奥穂高方面
e0187064_0465462.jpg
北穂高方面
e0187064_047251.jpg


幕営を済ませ、一段落してお待ちかねの・・・贅沢に生Beerで シュシュ 祝泡
e0187064_0475510.jpg
美味そう! っていうか美味かった!!
e0187064_0484397.jpg

e0187064_05066.jpg
この旨さ格別。織田裕二ばりの「キタッ――」 
e0187064_0502663.jpg
別アングルで「キタッ――」 
e0187064_0503470.jpg
e0187064_050576.jpg
ダッシュでマーシーが作ってくれたブロッコリーのチーズパスタに柿ピー、チーズetc…すでに生の飲み干しての、
持って上げた缶ビールの残骸も多数(笑)
e0187064_051694.jpg
名物 涸沢のテント村
e0187064_0513182.jpg
e0187064_051445.jpg

そして今年の春風のサプライズアイテム


「絶対これからみんな真似して、山で流行るで 凧」 (春風 談)
e0187064_0531743.jpg
e0187064_0532795.jpg
マーシー「山始めて4年目、夏山では初めて外で食べるディナーやわ。」
e0187064_0541874.jpg
e0187064_0542955.jpg
牛肉と葫芽の焼き肉風ピリ辛チャーハン                 鶏マヨネーズ丼
e0187064_0561132.jpge0187064_056416.jpg
気持ち雨がパラパラと降ってきたんで、テントに場所を替えて、再び宴会に
ほろ酔い加減で、明日に備えて

19:45消灯

⇒⇒⇒奥穂高岳~涸沢岳 2日目
第3回万有引力が奈良県吉野郡下市にて8/4~5で開催。
土曜日が仕事だった為、キャンプ参加はできなかったけど、朝7:30に橋本を出発して森林公園やすらぎ村へ。
e0187064_21481278.jpg
何とか記念撮影には間に合いました。

e0187064_2151986.jpgその後、ハーレーのセキュリティーの不具合から一路、HDWへ。

電池も新品やのに・・・
ロングツーリングとか、食事の時とかやっぱり何かあってからじゃ遅いし・・・
何故、起動しない???

ってメカニックさんから「春風さん、電池表裏逆ですよ」って
なんていう、Careless Miss。 スイマセン

気を取り直して、お昼ごはんに有田市湯浅の生しらす丼を食べに「しらす屋、ゆあさ湾、則種
e0187064_21574098.jpg


万有引力をきっかけに、今日は楽しい1日でした。「旧友復活」
e0187064_22123195.jpg

 
八尾久宝寺駅前の "バンズマン"
e0187064_0474.jpg

弾力のあるバンズに、新鮮なレタス、オニオン、トマトがたっぷり。
肉肉しいパティ、ソースも濃すぎることなく、マヨネーズとマスタードのオリジナルソースが、Soo good。
e0187064_055621.jpg
気さくなマスターのこだわりの野菜と肉の素材の味を楽しめる一品。ウマイッス
e0187064_063850.jpg
雰囲気づくりとかディスプレイでもっとレベルアップはそう~
たまたま車で走ってて見つけた枚方・津田駅前のビルの1階にある "SANTERIA"

e0187064_22404323.jpgランチの時間外で店内のお客もSM風の人とマスターの知り合い2人

カフェ&ミュージックって名前の割には、さほど活かした音楽は...







ってことはさて置き、メインのバーガーレポを


メニューのイラストが佐世保バーガーとそっくりの、お店の看板バーガー津田バーガーをオーダー
佐世保バーガーと同じボリュームのあるバンズで、合挽き肉を使っていてハンバーグ風のジューシーな
パティに、濃厚デミグラスソースがたっぷりかかって
e0187064_2335910.jpg
それにチーズのコクと、レタス、トマトの爽やかな味が
ここまでは良かったんやけど、残念ながらアボガドが...
e0187064_23352714.jpg


アボガドが・・・つづき
←menuへ