<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今日のメンバーは職場の上司で、MTBをご一緒させて頂いてた上司方です。
午前3時30分登山開始。
岩湧寺から岩湧山山頂までのコース。登り出してすぐに60分の急な上り坂コースと、90分の一般コースの分かれ道が。最年長上司、仲埜さんの一声で急な上り坂コースを選択したものの、けっこうな坂と階段で、これまたしんどい。こんな体力で夏アルプスにはいけないぞと懸念しながら、またヘッドライトに寄ってくる蛾や虫を払いながら黙々とすすむ。

予定通り4時30分に山頂到着。これが意外や意外、金剛山よりかは遥かに綺麗な景色!
うっすらとした朝もやと街中のライトを囲むように低い山々が並ぶ。
e0187064_830889.jpg
其々がシャッターを切っています。
e0187064_8343336.jpg
今日は何をしにきたかと言うと、管轄である街を見ながらご来光とモーニングを堪能することである。そう、ただ美味い朝飯食おうぜってことで、前日急に決めたのでした。
e0187064_8384696.jpg
やっと山で食える、、ウィンナー、チーズ、レタス、ピーマンのホットサンド。
e0187064_840208.jpg
橋上さんから甘めのコーヒーを頂きました。山ではちょっと甘いぐらいが美味い。そして中務さんが山頂で作ったホタテ入りクラムチャウダー。これが絶品!!
Rains飯もなかなかやけど、Rainsにはないメニューです。山の上でこんなモーニングが出てくるとは。
e0187064_8591421.jpg
帰りの後ろ姿。若干、哀愁漂っておりますが仲埜さんは9時から仕事です。
e0187064_912790.jpg
下山6時30分。
お疲れ様でした。
はなはだ僭越ではございますが、乾杯の音頭をとらせていただきます。
本日御都合により御欠席されているメンバーの分まで、皆様声高々にご唱和願います。皆様のご多幸を祈念して

『乾杯』 ってコジヤンえらい渋い顔やな(笑)
e0187064_23162739.jpg
九州から取り寄せた絶品のホルモンも原田商店のキムチも写真忘れました...ゴメリンコ

カニ入りクリームチーズアボガドのディップ
e0187064_23165517.jpg
勝利おススメのキャラメルスポンジケーキ   (って何てとこのんやっけ??)
e0187064_2317975.jpg
e0187064_23171875.jpg
マジ絶品。


楽しいから今日もやっぱりお酒が進みます。


e0187064_23174427.jpgってか寝てる間に飲み過ぎた春風さん・モ・モ・漏らして

・・・ナイナイ

だれや昼寝の間にイタズラしたのは
Fとマーシーも一緒に改めて、はい、チーズ!!
e0187064_23181413.jpg

e0187064_2216536.jpg叡山電鉄修学院駅からすぐ近くにある星条旗がたなびく
"SPEAK EASY "
ウッディーな内装、TVではカウボーイ映画がやってて、
行ったこと無いけどアメリカの片田舎町のゆるい空気のお店
e0187064_2212116.jpg

アボガドは好きややど、(市販の)ペースト状のんを入れたらエエってもんじゃないかな
バンズも(多分)市販、パティもそれほど特徴は・・・ナイかな。可もなく不可もなく
・・・でもそんなユル~イ感じがクラシックなアメリカンな感じでした。
e0187064_22142454.jpg
e0187064_2214162.jpg
店内に入ってすぐの左手のマネキンに驚かされました。
e0187064_21304753.jpg
HDW感謝祭の時の撮影会が掲載されました。今回は購入しませんでした。
会社のGolfコンペ

初めてのコース。雨に、風、曇り、霧・・・何も見えへんよ
e0187064_2325049.jpg
もぅ、笑けてくるで
先日、自宅前の畑にある水槽で脱出不能になっているところを妻が発見。
「ヘビはまってるから助けたげる~?」っていうので近寄って見てみると…
いかにも毒々しいこの模様…
マムちゃんじゃありませんか(汗)

e0187064_16315614.jpge0187064_1631429.jpg


毒があるからとか危険だからといった理由ではなく、生来受け付けないのです。
私のDNAが…
はっきりいって近寄るだけで背筋が寒いです(凍)
小さいときは近くの薬局に生け捕り状態で持っていくといくらになるとか聞いたことがあるけど…
とりあえず二度と戻ってこれないようなところへ移動していただくようにしました。

e0187064_16442113.jpge0187064_16443017.jpg


柄の長い網で慎重にすくい、さらに慎重を重ねて分厚い米袋に入れます。

e0187064_16475575.jpg


いざ放流場所へ車で移動。
橋を渡って少年たちがサッカーをやっている横を通り抜けて河川敷に放ちました。
あちらも極度に緊張していたのか、作戦なのか、こちらから視線を逸らすことなくじっとしたまま動きません。
任務を終了し、どこか哀愁を漂わすマムちゃんに一言かけてその場を去りました。

「マムちゃん、春風宅に行っちゃダメよ!」
最寄駅が西向日、そこからのアクセスも便利とは言えずなかなか行きたかったけど、行けなかったハンバーガー屋
"Junk Food Parlor HOT CHOP"
e0187064_1885440.jpg
e0187064_1883624.jpg
e0187064_18104551.jpg仕事の合間、ランチに向かったのに平日は18:00~
仕事を上手い具合に調整して、再度18:00に訪問
清潔感のあるスッキリした外観

入ってビックリ、横のガレージにはハーレーにホットロッドに

憧れのガレージライフ

(バーガーRepはちょっと休憩して・・・)
e0187064_1892563.jpg
e0187064_189723.jpg
e0187064_1895077.jpg
e0187064_189361.jpg


さてさて、ガレージを見せてもらってる間に、メインのハンバーガーが登場

パティにオニオン、アボガト、エッグ、トマトetc・・・想像以上のデカさです。
バンズはゴマ付ソフトバンズをチョイス。いざ登らん、いやいやいざ食らわん。
思いっきり潰して、さぁ~
e0187064_18115859.jpg
旨味の詰まった肉汁がジュワ~っと、勿論この高さのバーガーやから、鼻にデコに顎に手はびっとびと!!
でもただデカイだけの大味じゃなく、それぞれがイイ具合のバランスで、久しぶりの上位ランクに入賞確実の逸品です。
e0187064_1811409.jpg
e0187064_18122094.jpg
味も含めて大満足

ホットチョップさんからの次なるお薦めのハンバーガー屋は・・・
午前8時起床。今日はakisakuの友人が朝から遊びに来るという吉報を受けた。
急遽自分の時間が出来たので、国城山山頂でランチを食べることにした。Atuとのいつかの親子登山もあるし、下見をしたかったのでちょうど良い機会だ。
そう思うとテンションが上がり始め、軽く緊張してきた。さっさっと荷物をバッグに詰め込んで家を飛び出し、まず向かうは松源。

松源に着くとakisakuの友人(女性)がいたので、「これから国城山で昼飯食うねん!」と意気揚々と告げた。

バイクを春風さん宅に停めて、お父さんに挨拶をしていざ出発!
第一村人発見!
お母さんだった。お母さんに教えてもらった新しい看板も記念にパチリ。
e0187064_16141931.jpg
ここで携帯の電話機能をシャットアウトした。なんとなくホッとした気分になり、登山再開。
e0187064_16152535.jpg
なかなかこんなものも都会っ子は見れないだろうな。
e0187064_1616338.jpg
新緑の中を歩くのは本当に気持ちがいい。小鳥が囀り、小川がせせらぎ、空高くにはトンビが悠々と風を掴まえている。
あ~なんて充実した休日だろうか。
e0187064_16181774.jpg
最近は仕事、試験、自治会・・・忙しすぎた。常に頭の中は考えることがいっぱいで、気が休まらなかった。疲れが溜まったのか肩が凝り、サロンパスを貼っても治らない。おまけに微熱が5日続いており頭痛も収まらない。いつになったらゆっくりできるのか、そんな事を思っていた。

しかし田んぼや紋白蝶に目をやりながら、また、ふとした瞬間に感じる涼しい風に身体も心も癒されていく。
体を動かすことで血行がよくなったのか、手掌は汗ばみ、温かく汗をかいている。
体中を血が巡り老廃物をせっせと運んでいるような気がする。頑張れ、俺の細胞たち!

歩き出して40分、標高450mぐらいになると、色々考え出した。
AtuやSakuたちはどんな道に進んでいくのだろうか。大学を出て企業に就職するといった普通の幸せも勿論言うことないが、人生それだけではないだろう。義務教育が終わる頃に自分の主張があれば父親として精一杯答えてやりたい。
Akisakuは毎日楽しく過ごせてるだろうか。子育てに疲れ、自分の時間を持てていないのではないか。
そもそも、自分は一人の男としてどうなんだ。夫としては、父親としてはどうだ。そんな普段考えないようなことが頭をよぎる。
答えなんか出てこない。
e0187064_1636516.jpg
以前に「金剛山ソロ テント泊」でも掲載したが、どっちがヒノキでどっちが杉でしょうか?
e0187064_16455016.jpg
そうこうしていると下界の12時をお知らせするチャイムが聞こえてきた。普段はたいして腹が減らないが、今日は違う。グルグル~と腹の虫が泣いているではないか。
早く食べたいな~。
早く使いたいな~。ふふふ・・・今回の目的は新しいアイテムを使うことにある。


けっこう歩いたような気がするが、まだ着かない。そう思っていると何やら建物が・・
e0187064_16464125.jpg
違った。野鳥観察展望台とのこと。残念ながら野鳥は確認出来なかったが、鳥の声と素晴らしい景色は確かなものだった。
e0187064_16421043.jpg
足早に展望台を後にしようとした時、全長1.5mはあろうかという蛇が!
びっくりして写真を撮る暇もなかった。

そこから5分も歩くと山頂だった。
e0187064_16592054.jpg
e0187064_17164149.jpg
国城神社にて、家族、親族、レインズの健康と幸せを祈り、いざランチ!!

今回のNEWアイテムはこれだ!
じゃじゃ~ん! Snow Peaks ホットサンドクッカー!
e0187064_1713935.jpg
Akisakuがマルハナバチさんの同アイテムを絶賛していたため、キャンプでも使えるし美味しい朝食のために購入。松源からずっと楽しみにしてきたが、やっと食える!
さっ、ガスストーブにガス缶、食材、コーヒーを用意してっと・・

あ・・れ・・
あれれっ
e0187064_1773430.jpg
し、しまった・・このアチャラ製のガスストーブは一般ガスのアタッチメントは合わないんだった。
しまったぞーーっ俺!
もっかいやったら、くっつくんでないかい?、、いや、付かない。
付くはずがない。ネジ山がないんだもん。
ミスったーー。
腹減った~
食べれないと思ったら、余計に減って悲しくなってきた。

せめてバナナだけでも、、

なんか、荷物の重みで潰れてるし、熱で溶けてペーストになってるし・・・

水とペーストバナナを流し込み、タバコ吸って、下山開始。
くそーっ!
くそ、くそ、ちきしょ~~うー!!

ぶち切れたマーシー、猛ダッシュ!

下山時間24分でした。

まだ諦めないぞ。
ホットサンドを食うのだ。
e0187064_17215351.jpg
どうだ、コノヤロ。美味そうじゃないか。。疲れた体に炭酸抜きコーラとホットサンド。
バンズは「飽きないおいしさ、超熟」
e0187064_17245884.jpg

パティはマヨorピザソースにチキンナゲット、魚肉ソーセージをメインに、僕の背中の体温でシナっとしたレタス、ピーマン、半溶けチーズ。
外はカリッと焼き上がり、メチャ美味い!
食べ終わり、15:00
e0187064_17284337.jpg
ランチ??でした。
現在、マーシー所有のザックはモンベルZERO POINT 80Lとモンベル、ドイターのデイザックである。
今年度より日帰り登山も行うようになり、80Lではでかすぎるしデイザックでは小さいという事で中型ザックが欲しいと思っております。

何かと軽量化という現代風潮に逆流するレインズメンバーとしては、日帰り登山といっても40L~50Lぐらいが欲しい。
剱岳から始まり私自身、皆の足を引っ張ってはいけないと微力ながらに経験を積んできたところ、ザックの使い方にしても自分なりの好みを発見するに至りました。

新しいザックの条件は、
ウェストベルトのパッドがしっかりしていること
これは私の腸骨が出っぱっているせいか、腰で担ぎたいという逃げからか、夏のアルプスの後は腰部に内出血を起こす程痛くなるので。

ウェストベルトは外側から内側に向けて引っ張って占めるものであること
内から外では力が入らないので

銀マットは上部もしくは下部に取り付け可能であること
ザックのサイドポッケットに荷物を入れるのは左右非対称で美しくない。

あわよくば2気室と1気室を切り替え可能であること
常に整理整頓!

ハイドレーション、スコップ、ピッケル、アイゼンを整理整頓できること
ザック外部にジャラジャラと貼り付けるのはA型の私としては気持ちが悪いので。

背負い心地が良いこと
蝶ケ岳でパッキングの重要性と要背部で背負う事の大切さを実感したので。

生地はしっかりしたもであること
多少重くても変な気遣いをすることなく雑に扱えるものがよい。

で、候補として・・・

グレゴリー Z40
e0187064_1762956.png

こいつを一番初めに背負ってしまったのがある意味失敗だったかもしれない。背負い心地抜群!グレゴリーの「担ぐではなく着る」という概念を痛感してしまった。人間の脊柱には生理的湾曲が4箇所存在するが、胸椎後湾と腰椎前湾に驚くほどフィットしてしまう。これは楽チンだろう。銀マットを上下に取り付ける事ができない。容量が数字以上にちょっと小さい気がする。
e0187064_1765860.png
青色に憧れる私としてはこの色使いは好きです。ただアウターが赤なので合わないような気がする。

マウンテンダックス イオ40
e0187064_17244027.jpg
実は青色はちょっと心の中で諦めていたところもあり、色の第一候補はゴールドでした。またマウンテンダックスは日本のブランドということもあり、山と魂(大和魂)に感化される。実際はマスタード色というよりも黄色に近かった。ちょっと幼稚園児の帽子を連想しないでもない。ウェストベルトが内側からしか引けない。

バーグハウス バイオフレックス45
e0187064_17402459.jpg
見た目の配色とかけっこう好き。ブランドへの憧れ。背面に1枚しっかりとした背板があり、良しとするか否かは個人の好み。

オスプレー アトモス50
e0187064_17453169.jpg
オスプレーは春風さんが使用している事から候補からは外していた。けどまあ、せっかく好日山荘まで来たし、記念に担いでみようと帰り際に担いでおいた。意外や意外、、グレゴリーとまではいかないがかなりの背負い心地ではないか。細かい配慮にも行き届いているし、ブラックダイヤモンドに続きアメリカもなかなかやるのう。これは困った・・・



訃蜂・・・全滅したという知らせ.悲報.

「ウソだと言ってくれ」・・・2012/4/1に投稿したのと同じように、今日もそんな気持ちです。

本当は、こんな記録をしたくはなかったですが
今年のNew Comer 2群を除いて、去年からお世話になった4群が、残念ながら全滅させてしまいました。

蜂には申し訳ないとしか言えません。ゴメン。私が不甲斐無いばっかりに。
e0187064_19295411.jpg
e0187064_19304992.jpg

2011.4 初めての養蜂に瞳を輝かせ、
2012.5 分蜂に成功して胸躍り、
2012.秋 採蜜に夢を見て、
2012.春 目標は高く「今年は9群」なんて言ってた自分が情けないです。

真夏の巣落ちも越冬も、春の分蜂も、問題なかったと思ってたのに、

意を決して、開けてみると・・・
←menuへ