<   2011年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

われらが世界遺産!初めて行ってきました。
そしてこのカラスがサッカー日本代表のシンボルマークであることや足が三本あって神話上であるものの
昔に大業を成し遂げた大変ありがたいカラスさまであることをこの時知りました。
e0187064_964412.jpge0187064_965980.jpg

そしてこちらがかの有名なつぼ湯のある湯の峰温泉
ここでは温泉に入るのが目的ではなく昼食を調理しに来ました。
e0187064_9304611.jpge0187064_9311140.jpg
e0187064_9321637.jpge0187064_9323642.jpg
e0187064_933134.jpg手前の白い網の中が我が家の食材。みなさんは卵・とうもろこし・さつま芋など
好みの食材を調理中でした。調理といっても食材を網に入れ時間がきたら上げるだけのこどもでもできる作業です。
オッサンはと言えば、一通りの薀蓄を並べて近所で購入の地ビールを堪能。
あまり期待していませんでしたがこれがなかなかの美味。
できあがったとうもろこしなどもおいしくいただきました。


二日目の夜の風景。
メニューはビビンバと中華スープ。うぅ~ん。我ながらこれは成功と言える。定番メニューリストに追加です。
e0187064_9473613.jpge0187064_947532.jpg

朝、キャンピングカーのご夫婦とパチリ。
京都ナンバーのハイエースでこちらは2代目で20年目とか。収納スペース・内装・生活装備etc..
すべてに工夫がみられその完成度の高さに正直驚きました。うぅ~ん達人おそるべし!
そしてご夫婦からいただいたフレンチトースト。これがまたん~~っうまい!ジャムは奥様の手作りらしく、
トーストの甘さと酸味がぴったりマッチ。絶妙でした。
充実したひと時をありがとうございました。これからも良い旅を続けてください。
e0187064_9524115.jpge0187064_9525537.jpg

小さく写る我が家のテント。約1時間半をかけて撤収。
近くのプールで遊んだ後、帰り路につきました。
今回も楽しく過ごせ、また行きたいと思います。
e0187064_1065978.jpg

熊野本宮温泉郷の一角「渡瀬温泉」へ2泊のキャンプに行ってきました。
こちらでは度々過ごさせて頂きもはや我が家のホームグランドと言っても過言ではないでしょう。
家から程好い距離と程好い田舎具合。施設も充実して奥ゆかしい温泉も数多くある。
あえて文句をつけるとすればキャンプ場設置のトイレぐらいだろうか。今回は夏の最中ということでとにかく大量の蚊が用便中
私のマル秘部分を執拗に攻撃してくる。まぁこれも管理棟の方に伝えてお借りしたキンチョールと蚊取り線香の両端着火Ver.×2をもって概ね解決した。妻はこども達が「オシッコー」などと言うとその度について行くハメになるのでキンチョールの使用量についてはダントツだったと思う。ちなみに帰るときにはキンチョール空になってました。管理棟の方ありがとうございました。
さてこんな素晴しいところに初日は我が家のみ。二日目はキャンピングカーが1台こられて合計2組。
ゆったりとした時間を過ごさせていただきました。
初日の夕食メニューは我が家恒例のシチュー&ヒネドリを焼いたもの。
e0187064_18104077.jpg

食後は最近子ども達がハマッてるトランプで遊びます。オッサンは当然片手に焼酎です。ハイ。
e0187064_1805525.jpg

今回も食事担当モリヤンの要チェックのお店で昼食を。
結構有名みたいで、「川の向こうからそうめんを流れて来るねん」とモリヤン。説明だけでテンションあがるやん

鳥取県と兵庫県の県境、国道29号線の宍粟市にあるお店 "戸倉峠名物滝流しそうめん"
e0187064_0121263.jpg


川を挟んだ対岸から、ボーリング場みたいに樋を流れてくるそうめん
e0187064_0145298.jpg
e0187064_015869.jpg


e0187064_0174567.jpg渓谷の深緑の空気と涼やかな水の流れの音の中
ツルツルいただく揖保の糸はなかなか風流でウマい。
大人は2人前くらいツルッといっちゃうね。

なんか遠くからコロコロ赤いものが流れて来たぞ・・・
終了の合図のサクランボ

できればあまり混雑していないときにのんびりと愉しみたいけど、
そうめん食うだけに来るにはちょっと遠いな。

子供以上にワッキャする大人。楽しいぃぃ~


itabb宅でまたみんなでやろう。もしあの急勾配の坂でやったら、下でそうめん取る割箸折れるんちゃうか(笑)

おまけのハンバーガー・・・つづき
e0187064_2351333.jpge0187064_23511760.jpg
e0187064_2352189.jpge0187064_23521760.jpg
e0187064_23525517.jpge0187064_2353931.jpg

e0187064_23534262.jpge0187064_23535896.jpg

e0187064_23542814.jpge0187064_23544942.jpg

e0187064_23551460.jpge0187064_23552896.jpg
e0187064_23555553.jpge0187064_2356574.jpg

e0187064_2357154.jpge0187064_23571647.jpg
中国自動車道 赤松SAに11:00 いつもの悪童が今年も集合(笑)
e0187064_2216265.jpg
7月恒例の峰山高原ホテルリラクシアでの「第5回 YAMATOミーティング(Spirit of YAMATO)」へ。
一昨年は大雨のち晴れ、去年は晴れところにより夕立。今年は・・・こんな感じ

e0187064_22171430.jpgコウクンはファミリーで車の参加。
だから今年はビールも余るほどあります。








到着して真っ先にまず乾杯♪

e0187064_22175494.jpge0187064_2218591.jpg

テントにタープを張って、一通り落ち着いてから買い物タイム。みんなで大量購入したんでモトブルースも大幅値引き。
e0187064_22355367.jpge0187064_22361847.jpg

今年はゲストは木村充揮(元 憂歌団)、活かした音楽あって、お風呂もあって、酒あって、Harleyあって…
e0187064_2246039.jpg

e0187064_23161641.jpgあっという間に日本酒もワインも...

やっぱり楽しいキャンプミーティングなぁ

e0187064_2317086.jpg恒例のホールダンスに熱狂して

(ステージに上げてもらったのに誰も写真撮ってくれてないやん)

e0187064_23272189.jpgやっぱり美味しいブリリアントのロコモコ

あんだけあったビールも、夜には殆ど...深酒で、
知らん間にタープ下で座ったまま寝た春風も、
夜中にあまりの寒さにテントへ再就寝。


若干の二日酔いやけど、朝になったらこの通り!! 元気です。
e0187064_23401841.jpge0187064_23403021.jpg


みんなで記念写真
e0187064_23482575.jpg

量産体制に入ってます!
e0187064_18473295.jpge0187064_18494440.jpg












左がミニトマト、右は島オクラです。

先日の台風襲来による強風にも耐え
室外機の上ほどのスペースで頑張ってます。
e0187064_18565518.jpg












二日でこれだけ収穫できました。
なかなかやりよる。

まるで「野菜の宝石箱やぁ!」
ちょうど一年前にあの道を通った夜
昨日の事のように今はっきりと思い出す・・・
e0187064_19524043.jpg















悪夢のような出来事から早一年。
忌々しい現場は何事もなかったかの様に修復工事を終え、このような状態です。
e0187064_201638.jpge0187064_203497.jpg









被害者にはなんの説明もなく忌々しい道は完成、なにもなかったかの様に皆が通行しています。
「気よつけなはれや」

道は治っても怪我は治ってません。
ひざの状態が悪く、いまだ屈伸も出来ない。
正直、最近あせってます。

なんでもないような事が幸せだったと思う・・・
海の日に行くのは、もちろん・・・

お昼前にitabb親子からのお誘いで、Rainsの菩提山、金剛山に行ってきました。
急いでザックに昼飯とペットボトル、一応雨具を詰め込んで・・・

ジリジリ照りつける炎天下の下、
金剛山登山口から往路は沢伝いに黒栂谷道コースを、復路は階段の多さに嫌気がさしそうな千早本坂コースを。

いやぁ~しかしエエ汗かいた。
e0187064_1524529.jpge0187064_1525597.jpg
e0187064_1593327.jpg
エアコンの効いた部屋より何倍も爽快やった。

ちょっと唐揚げ、味濃かったな⇒⇒⇒
前回簡単なピザ窯の図面を作成しましたが
このたびは簡単な見積もりを出してみました。

図面作成の段階で思案中だった、窯内の焼き面の素材ですが
大谷石を使用せず耐火レンガの大判(600×300×65)を使おうと考えてます。
この大判を使用することで焼き面のベースを耐火モルタルで補強する必要がなく
施工手順が減り、かなり手間が省けそうです。

[見積り例]

  資材名       単価     数量     金額
・CB100        100      8      800
・CB150        160     16     2560   
・普通セメント      350      2      700
・砂                        なんとかする
・砕石                      なんとかする
・鉄筋                       勝利持込
・耐火レンガ      180     54     9720
・耐火レンガ大判  3000      3     9000
・耐火モルタル    1000      1     1000
・潤滑油(ビール等)  未定    未定      未定

以上を合計すると¥23,780-、てなかんじです。
ただここに耐火レンガ等の送料がプラスされます。

作業に必要な道具や型枠等は有り合わせでなんとかなりそうです。

どう?現実味ある計画ちゃう?

協賛求む。
どうしようもなくキンキンに冷えたビール片手にホルモンを食べたくなる時がある

・・・ってことで姫路の有名店 "マルフク" へ。 ←仕事でね 
「1人やし、ずく食べれるかなぁ~」と、行ってみるも8時を回っても15人ぐらい並んでる盛況ぶり。
e0187064_1273550.jpge0187064_1275083.jpg
e0187064_128413.jpge0187064_130923.jpg
佇まい、小汚さとも◎ メニューも舌代ってのもエエやろ。

さて何はともあれ、ビール。それからハツ、ハチノス、アバラ、赤セン、センマイ、ホルモン、ミノ・・・
e0187064_131390.jpge0187064_1311515.jpg
e0187064_1313798.jpg
安くて美味くて腹いっぱいでした。満足満足♪  (気分良く飲み過ぎて、ちょっと焦がしてるやん) 

でもやっぱり・・・⇒⇒⇒ 
←menuへ