カテゴリ:Burger( 58 )

鯖街道の熊川宿にある "Saba CAFE"
e0187064_21304188.jpg

e0187064_21360016.jpg
店内も鯖のくせして(*´︶`*)笑、オシャレ。春風の大好きな感じ
e0187064_21364306.jpg
e0187064_21323376.png
変り種のバーガーとしてアップします。侮るなかれ、美味い。
Sababurger
e0187064_21372362.jpg
e0187064_21374859.jpg
硬目のバンズとパティと言おうか塩鯖と美味い。
フィッシュバーガーでもなく、王道というかハンバーガーでもなく、サバーガー(←サバ·サンド)。ウ·マ·ま·美味い。
必見ならぬ、(σ^▽^)σ 必食♡♡♡

この雰囲気はある意味ズルイ。もう魅入られてしまった"ヴェイグラント"
でもハンバーガー好きをしっかり唸らせるアボガドチーズバーガー
e0187064_20263115.jpg

バンズが香ばしく、アボガドにこだわったBurger。肉肉しいパティと溢れんばかりのレタス、ソテーオニオン。バランスがGood
ケチャップとかソースがドバッとかかった大味とは違い、丁寧に作られた逸品。
e0187064_20265531.jpg

ネイティブアメリカンなムードを醸し出す店内、国内外のクラフトビールが30種類以上、
ハンバーガーや豆料理などアメリカンフードが自慢の難波の法善寺横丁近くにあるアメリカンダイニングバー "Kokopelli"
e0187064_231127.jpg
e0187064_2312890.jpg
最近、甘いのやデカいのを食べてたせいか、感想は至ってノーマル、平均点。
e0187064_23279.jpg
確かに二日酔いやったけど、お腹は減ってた。モリヤンとのお喋りに気を取られてたんかな?
歯応えのあるオニオン、トマト、レタスに肉々しいパティ。バンズもある程度歯応えもあって、
でもなんかパンチもインパクトがなくて、至ってフツー
e0187064_2323715.jpg

食後コ〇〇珈琲でシロノワールを頂きました。
ブラジル人マスターが経営するカウンター8席程度のハンバーガー&ホットドックBar "OLIVEIRA'S"
e0187064_1546767.jpg


注文してから店先で焼き始めます。

ペーパーに包んでカウンター越しに手渡される超Bigなズッシリ重みを感じる(ブラジルの一般的サイズ)OLIVEIRA'Sバーガー
e0187064_15373911.jpg
具材はトマト、ソテードオニオン、レタス、ベーコン、玉子焼き、チーズとオーソドックスながらバンズにパティに…すべてBIG、弱気になると圧倒されてしまいそうな巨大バーガー
赤身メインのアメリカンビーフを使用したビーフ100%のパティ、パティ含めしっかりと包み込むと言うより掴み込めるソフトタイプの大型バンズ


オリベイラズホットドック
e0187064_15382163.jpg
これでもかと言う程タップリの濃厚チーズとマヨネーズ、ソーセージとコーンにグリーンピース、アクセントとなるクラッシュポテチ

甘いソースと豊富なメニューにお洒落な内装の隣接するリッツガーデンと真逆な、男っぽい素材の良さをそのままに、ガツンと食えるボリューム満点のワイルドなオリベイラズ
アメ村の南の端、ラブホにフーゾクが乱立、帝国ホテルの近くに位置し、学生の頃古着を漁りによく行った無国籍百貨ビルの隣に突如現れる落ち着いた雰囲気のお洒落なアメリカンカフェバー "RICH GARDEN"
e0187064_1821342.jpg

木目を基調にアメリカンな雰囲気、カウンターにテーブル、大きなソファもあって
e0187064_1824725.jpg
e0187064_18241669.jpg
のんびりくつろげる店内。大きなガラス窓からは、(スッキリしたであろう野郎が闊歩しているのも眺められる)

"リッチ"というだけあって、少し大人な雰囲気のお店。

今流行のパンケーキもお店のイチオシメニュー
立地に似つかわず女性客も多数
e0187064_1825322.jpg
パンケーキはふわっと柔らかく、生地の香りも◎。生クリームはしつこくない甘さ。


100%ビーフのパテイに、国産小麦100%を使用したもちっとしたソフトなバンズ。一番の特徴はソースかな。
e0187064_18261670.jpg
バーベキューソース、オーロラソース、そしてオリジナルソースの3種類。オーソドックスなバーベキューももちろん美味しい。が、やっぱりおススメは断然、甘味あるオリジナルソース
e0187064_18265047.jpg

バター?バニラエッセンス?蜂蜜?気になったんで思い切って、直接Staffさんに聞きました。

e0187064_18273731.jpg
甘いソースの正体は、酸味あるマヨネーズに絡められたメイプルシロップ。
一口食べるとメイプルシロップの香りと甘さが口に広がり、パティと厚切りベーコンの濃厚な肉汁が合わさって◎。

今までにない、クセになる味です。ハンバーガーも10種以上、ホットドッグにライス、パスタとサイドメニューも豊富。
パンケーキ、パフェetcとスイーツも充実する、ランチにディナーにオールラウンドに対応できるアッパレなお店。

堀江や心斎橋じゃない分、並ばなくてもいいんやけど、フーゾク街のど真ん中ってのが玉に瑕
ハンバーガーと言えば、ファストフードにカテゴライズされがちで、大きくチェーン展開するMさんLさんの印象が強烈だろう。
FASTFOODとは食材や調理法、食べ方などにおいても、ファスト(速い)を意味し、人工的で不自然とされ、健康や情緒に及ぼすマイナス影響、ひいては食文化の荒廃への警鐘などの意味を含んだ言葉とさえ、インターネットで検索されてしまう。
しかし、味も、美しさも兼ね備えた、いわゆるグルメバーガーは、FASTではなくSLOWFOODにカテゴライズされるべきだと思うのだ。有機野菜にこだわり、自家製ベーカリーでバンズを焼き、堅さ・歯応えにこだわる。肉のスジを丁寧に取り除いたり、解凍温度にこだり、ミンチするいわゆる挽肉機を使用せず包丁のみで粗挽きする店 までも存在する。それぞれのお店が様々な個性を出し、鉄板厚さにこだわりパティを焼くものからチャコールグリルといった、焼き方だけでも千差万別で、その上で(クラウン←上部のパンとヒール下部のパン)パティ、野菜、チーズ、ソースといった具材をバンズに挟む順番にこだわり、食する側の好みによっては上下逆を好んで食べたりもするのだから「栄養のバランスが悪い」「健康にマイナス影響だ」ひいては「食文化の荒廃だ」などと、どの口が失礼極まりないことを言うのだと腹立たしい。。。。と少し熱く語ってしまったが、大手チェーン店MさんLさを除いて、これまで春風が食したBurgerが50店舗。なので、その中から勝手にランキングつけました。
って言っても甲乙つけがたいので、関西四天王的なBest4ってことで。(順位じゃないよ)
また近くに行った際には賞味してみてください。e0187064_12491385.jpg

Esquerre (エスケール)
NICK&RENEE (ニック&レネイ)
GRANDBURGER (グランドバーガー)
AUNTY-MEE BURGER (アンティミーバーガー) 
何か月ぶりかのバーガーレポ。Mナルドは安いんで、時々食べてるんやけどね...

堀江にある "Hamburger Monster"
やっぱり堀江、周りもお洒落やけど、お店もイイ雰囲気。広過ぎず、狭過ぎす、綺麗過ぎす、汚くない
e0187064_13431724.jpg
e0187064_13432011.jpg
e0187064_13423029.jpg

スタンダードバーガーにバーベキューソース
クラウンバンズ側からパテイ・オニオン・トマト・レタスが挟まれています。
e0187064_13442176.jpg

パイナップルチーズバーガーにスイートチリソース
クラウンバンズ側からソテードパインアップル・チーズ・パテイ・オニオン・トマト・レタスが挟まれています。
e0187064_13444564.jpg
バンズはふっくらしておりまして、甘さは控えめ。ソースは・BBQ・Teriyaki・Chiliの3種類から選べます。
バンズはカリッ&フワッ っとで香ばしく、バンズは程良い噛みごたえ。これ以上juicyだとバンズがビチャビチャになるだろうし、調度いいバランスです。
スタンダードは素材の味を味わえるシンプルな味付け。もう一方はパインアップルとチリソースの甘味と、ピリッと辛味のブラックペッパーが効いて相性が良かったです。

ってか久しぶりに食ったけど、やっぱ美味い。
ロッテリアから、お客様に日頃の感謝の意を込められ、2013年9月第4週、10月第1週の火曜日と金曜日を
「Superチーズデー・Superフライデー」とし10月1日(火)、「絶品チーズバーガー」のチーズとパティを5段に重ねた
「絶品タワーチーズバーガー」(1,360円相当)を500円で販売しておりました。

なので
e0187064_23184258.jpg
レタスもピクルスも入ってないし

まぁ最近食べてなかったとはいえ、ちょっとやり過ぎ??でもマ〇ドの1000円バーガーじゃなくて、コレ500円ですから。
本場の肉厚ステーキとサービスが楽しめる全世界に900店舗以上展開する、アメリカ生まれのカジュアルダイニング
"OUTBACK STEAKHOUSE"
e0187064_21311549.jpg
アメリカンダイニングやのになぜか店内はオージー
e0187064_21322177.jpg
しっかりオーストラリアの雰囲気味わえる店内で、肉厚ステーキを始めとした豪快な料理と、フレンドリーなサービス
オーストラリアらしく巨大なクロコダイルが
e0187064_21322341.jpg
今回の来店も目的はもちろん・・・バーガー

ボリューム十分、パティーもバンズもイイ意味でパサパサ。油っこくザックリ大味で、店舗の雰囲気もプラスされて本場海外のバーガーを味わえました。

オニオンチーズバーガー
e0187064_21331980.jpg
e0187064_2133166.jpg
ベーコンチキンバーガー
e0187064_21334177.jpg
e0187064_21332313.jpg
このチェックシートでさえオーストラリアを思い出さしてくれます。あぁーまた行きたいなぁAussie
e0187064_2223077.jpg
e0187064_2134695.jpg

門司港行きの船乗り場の真ん前にあるカモンワーフ1階 "Caprice カプリス"
e0187064_1636949.jpg
e0187064_16364323.jpge0187064_1636383.jpg

サックリっと揚がったフクをキャベツタルタルソースにふわふわバンズ
e0187064_1637266.jpg
ただのフィッシュバーガーと言ってしまえば、フクも白身やしそうかも。でも過去年間に1万個以上売ったというのはスゴイ。
e0187064_1638229.jpg
色々言うたけど、刺身良し、焼いて良し、揚げて良し、鍋良し、雑炊良し、ヒレ良し・・・春風的最強御馳走のフク。
美味しいに決まっとる。フクをお手軽価格で食べれるんやから、ありでしょ。ドリンクセットで500円
←menuへ