カテゴリ:バイク/ツーリング( 148 )

今日は予定なし。

雨の予報が朝には晴れに変わってる。

ここぞとばかりにセローを走らせますが、目的地も何も考えてない。

春風さんに、加太方面の案を頂きましたが、ここ最近、和歌山続きやしなぁ。教えてもらった丼を1人で食べるには多そうやし…。

という事で、「関西 イベント」で検索。
やって来たのは大阪城公園、タイフェスティバル!
e0187064_18322757.jpg
入って正面でいきなりやってました、ムエタイ
e0187064_18332338.jpg
タイ人ゴツいなあ。
e0187064_18341405.jpg
広場中に漂う香辛料の香り。
あぁ、懐かしい。14年前の記憶が蘇る。
e0187064_18364313.jpg
何を食すか?本場では考えられない相場の値段(1品500円)だけに後悔しないものを選びたい。
e0187064_18384134.jpg
昔は、香辛料が苦手でいまいち好きになれなかったグリーンカレー。
と、焼き鳥、シンハービール。
e0187064_18414661.jpg
今なら分かる。美味い!
この辛さと香辛料の香りが食欲をそそる。
鳥もしっかり炭で焼いてるし。

食事の後は、べっぴんさんのタイ舞踊を観覧。
e0187064_18445177.jpg
みんな釘付けでした。
年のせいか?昔は何も感じなかっただろうに。
e0187064_18460689.jpg

e0187064_18463231.jpg
謎のゆるキャラが呼び込み
e0187064_18471986.jpg

e0187064_18474655.jpg
お土産屋さんで、Tシャツとステッカーを購入。
今年の夏山Tシャツ1枚はこれで決まり。800円
e0187064_18482771.jpg
ツーリングBOXに貼るステッカー。
①「ウィ LOVE Thailand」と
②タイ王国のたぶん偉い人。国王さんかな
e0187064_18560815.jpg
晩御飯、カレーでした。




昨日、取り付けたツーリングBOXが走行に耐えれるのか、今日は絶好の試走日和だ。

職場の仲間と有田市の「清の」へ。
e0187064_21371375.jpg
前回の和歌山市店とは違うメニューが多数ある。というのは、本店の売りは湯浅の醤油「角長」を使った醤油らーめんだが、本店でしか出していないそうだ。
これが、その醤油らーめん。
支店のちゅうかソバ麺と違い、生粋のツルツル麺。スープは煮干しが効いたあっさり醤油。それに反してチャーシューは肉厚トロトロ。
e0187064_21461941.jpg
ブラック(ホルモン増量)
e0187064_21472849.jpg
1件目は、先輩のM田さんの全おごりです。
ご馳走様でした!

腹もふくれたところで、海沿いを流します。
e0187064_21544727.jpg
いくらオフロードでも砂浜はタイヤがはまって走れません。
e0187064_21561018.jpg
二台のオフ車を皆んなで引っ張り出して疲れました。
e0187064_21571084.jpg
海なんか久しぶりやなぁ
e0187064_21580059.jpg
埴輪みたい
e0187064_21585010.jpg
オッさんばっかりで記念撮影。
e0187064_21593162.jpg

e0187064_21595423.jpg

e0187064_22002152.jpg

e0187064_22010623.jpg
テトラポットに登ってみる。
e0187064_22022769.jpg
タックルかまされて倒れる。海にほられそうになってる35歳のヨッシー。アメフト上がりのM田さんのタックルは逃れれません。
e0187064_22035448.jpg
寄り道して噂の醤油蔵「角長」へ。
e0187064_22064272.jpg

e0187064_22071349.jpg
通りに入った瞬間から、町中に醤油の香りが漂ってます。
e0187064_22074957.jpg

e0187064_22094091.jpg
慶応時代から使われていた蔵と道具は、見学できます。
e0187064_22113084.jpg

e0187064_22115362.jpg

e0187064_22121419.jpg

e0187064_22131046.jpg
二件目は「月の家」へ。
e0187064_22135844.jpg
こちらは、「清の」とは違って良く知ってる和歌山らーめんって感じです。
e0187064_22150344.jpg
こってり豚骨醤油。チャーシューは薄めやけど適度なトロトロ感があってGOOD
麺なら「清の」、スープは「月の家」かな。

二件目の支払いジャンケンで負けた後輩が、肩を落として出てくるところ。
e0187064_22214719.jpg
今回の皆さんの相棒達。
e0187064_22222924.jpg

e0187064_22224609.jpg

e0187064_22231337.jpg

e0187064_22234195.jpg
途中でツーリングBOXが多少緩んだので、ネジを締めなおした。蝶ネジの欠点かな。
e0187064_22253849.jpg

e0187064_22265885.jpg
e0187064_22272120.jpg
帰りの山道は快適ツーリング
e0187064_22312043.jpg

e0187064_22314106.jpg

e0187064_22321800.jpg

お土産は、湯浅の「角長」で買った醤油、「濁りびしお」
e0187064_22374327.jpg
帰宅後はAkiのお母さんから頂いた、蜂蜜レモンとウィスキーで一杯。
e0187064_22355597.jpg

リアボックスたるもの、正規品を買うには高価すぎるため、ホムセンBOXをネット購入。
e0187064_19481531.jpg
e0187064_19485768.jpg
とりあえず、グレーの取っ手が気に入らない。

塗装。
e0187064_19521906.jpg
ブラックBOXの完成。
e0187064_19525103.jpg
ベニヤ板をカット
e0187064_19564166.jpg

内張り
e0187064_19555863.jpg
カーペット張り
e0187064_19580170.jpg
取っ手には振動防止の為、クッション材を。
e0187064_19594200.jpg
底側にもベニヤ板を挟んでステイ止め。
ねじは長さを残して、ネットが掛けれるように。蝶ネジにする事で、取り外しが容易に。
e0187064_20010972.jpg
バイク用ネットが2000円に対して、ママチャリ用なら400円。
e0187064_20020646.jpg
ヘルメットが入る容量です。
e0187064_20030529.jpg
試しに、ソロテントやらガスコンロなど積み込んでみる。
e0187064_20162359.jpg
ステイ止めと併用して、固定用ベルトも使用。
明日は、このまま有田までテスト走行だ。
e0187064_20053108.jpg
ついでに、気になってた錆をタッチペンで
e0187064_20060537.jpg
e0187064_20062319.jpg
雑でもいいんです。本人は大満足。
e0187064_20070018.jpg
e0187064_20071728.jpg
ドリルがなくて、全てキリとドライバーで穴をこじ開けました。
あ〜疲れた。

「瞬間パンク修理キット」
e0187064_11050577.jpg
今まで、スクーターだったので、メットインに入れてましたが、さすがにメットインはないので…

100均の自転車用ドリンクホルダーを買ってきて、ラッカーでつや消しの黒に塗りまして、サイドカバーを外し、フレームに固定。
e0187064_11072953.jpg
登山でも使ってるクッション材を巻いて、スッポリと入れてみると、完全にマッチ。
e0187064_11082827.jpg
後日、自転車の古チューブで固定力を高めますが、十分な感じです。

見た目も、そんなに違和感ないと思います。
e0187064_11094970.jpg

現状のスタンダードグリップに
e0187064_14543627.jpg
メスを入れて
e0187064_14575156.jpg
こんな状態に
e0187064_15014938.jpg
そこにこいつを
e0187064_15035082.jpg
つけると、
e0187064_15254199.jpg
こんな感じ。
e0187064_15262642.jpg
e0187064_15265079.jpg
自己満。

今回のアイテム
e0187064_10450835.jpg

ハンドルガード、アーマーガードなどなど、呼び名が多すぎるアイテム。

本来は鉄製のガードを付けて、それにプラスチック製のガードを付ける二段構成。

でも、鉄製のガードが1万円、プラスチック製のガードが4千円します。

レースに出たり、危ない事するつもりは更々ないマーシーにとって、目的は風除けと見た目だけ。

と言うわけで、選んだのがコレ。
YAMAHA『ブッシュガード』
純正アクセサリーです。
e0187064_16522902.jpg
プラスチック製のガードのみで、3千円です。

色はメットとお揃いでつや消しの黒にしようと、ラッカーも用意してたのですが、今日はあいにくの雨。
次の休みにでも取り掛かるか…

いやいや、なんかウズウズして我慢できんし。
どんな感じになるか、付けてみるだけ付けてみよかな…

現在
e0187064_16570518.jpg
ぶひんカバーなどを外していきます。
e0187064_16573397.jpg
e0187064_16574589.jpg
YAMAHA純正と言っても、超適当なアイテム。
部品のカット具合もかなり適当で、自分なりにカッティングしないと付かない。
e0187064_16592565.jpg
地味に取り付けが面倒くさいアイテムでした。
e0187064_17001972.jpg
白が飽きたら、また外して黒に塗ろうかと思ってたけど、嫌だ!超面倒い。

白色もかっこいーやんね。
良しとしよう!



マーシーの顧問整備士、植木氏は小学校以来の親友。

今日はセロー250のプチ改造を担って頂きました。
右ウィンカー下にフォグランプを
e0187064_21243482.jpg
ハンドル周りにUSB・シガーソケットを
e0187064_21260534.jpg
つける為に、サイドBOXを外し、電源を取ります。
e0187064_21270120.jpg
フォグランプの取り付け位置に苦労してはりました。ただ付けるだけなら簡単なのですが、そこは職人。美しくないと納得出来ないみたいです。

私が、そこまでしてもらわなくて良いよと申し出たのですが、十分な仕上がりとなりました。【フォグランプ】
e0187064_21282209.jpg
点灯!
e0187064_21301486.jpg
明るいです。
e0187064_21303407.jpg
【USB・シガーソケット】
e0187064_21311058.jpg
iPhone台も正面から左に変更し、センターに充電器を。この充電器はUSBでもいけるし、シガーソケットでもいける二口タイプ。しかも、防塵キャップ付きなので安心です。
これで、iPhoneを充電しながら走れます。

植木ありがとうねー。

今回のアイテム
e0187064_10391520.jpg
e0187064_10393296.jpg
e0187064_10421342.jpg



北穂高岳の思い出に浸りつつ、道具の片付け、ブログUPとなんとか済ませた。

気分転換にと自宅の裏山に入ってみよう。
e0187064_17025688.jpg
看板には「三石林道」とある。
Y字の分かれ道をまずは左へ。なんとなく。
おもいっきり山です。
e0187064_17044965.jpg
「岩湧山」に通づるという。
よし、行ってみよう。途中からアスファルトはなくなり、完全にオフロードだ。
怖い。最徐行で進むも、出てきたのは「バイク立ち入り禁止」の看板。
e0187064_17071033.jpg
e0187064_17073369.jpg
諦めてUターン。
違う道を突き進むと、出て来たのは山田幼稚園。メチャ近所やん。

車検から戻ってきた愛馬で、海を見に有田市へぶらり
アクセルを開けて腹の下に響く震動と爆音、流れる景色と海の匂い
e0187064_08055356.jpg
猫もあくびをする平和な時間
e0187064_08062447.jpg
湯浅の町並
e0187064_08065177.jpg
e0187064_08072151.jpg
e0187064_08074926.jpg
閉まってた"rub luck cafe"
e0187064_08081492.jpg

いよいよ始まる、怒濤の4日間の初日。さぁ~帰って早く仮眠を取らねば(笑)
昨晩、急遽、職場の同期から「和歌山ラーメンが食べたい!」とお誘いがあり、朝10時に橋本IC前ファミマで集合。

井出商店と肩を並べると言われる、「清乃(せいの)」へ。
e0187064_19481870.jpg
元々は有田に拠点を置くラーメン屋だが、本日、和歌山駅近鉄ビル内に1カウンターのみだが、オープンしたという。
e0187064_19484961.jpg
醤油豚骨のコテコテラーメン。
こいつをおかずに白ご飯がっつけます。ビールなんか最高です!

最近は職場の体力測定のため摂生してたので、余計に美味いです。ちなみに、35歳にして新記録を樹立。順手全伸ばしで懸垂41回でした。

スープは少なめで、しっかり麺に絡ませて頂きます。焼豚も脂身たっぷりでマーシー好み。
井出商店よりうまい

腹もみたされたところで、クニちゃんが龍神スカイライン走ってみたいとのこと。

途中の道の駅で休憩。
e0187064_20204185.jpg
ビッグボーイ250のクニちゃん
e0187064_20174505.jpg
e0187064_20480377.jpg
後ろアングルもかっこいい
e0187064_20195342.jpg
フェイスはもちろんかっこいい
e0187064_20202020.jpg
竜神温泉
e0187064_20211176.jpg
e0187064_20212654.jpg
長距離を走ることで、愛車と一体感を実感。慣れてくることで、愛着感増進。

楽しい1日でした。

←menuへ