カテゴリ:旅行/つれづれ( 46 )

sakuの誕生日を祝って、貝塚市の「ほの字の里」に泊まりに来ました。
e0187064_21063626.jpeg
元学校なので体育館やグラウンドがあります。
e0187064_21065190.jpeg
でも元校舎内はまるでホテル。
e0187064_21071159.jpeg
ご当地野菜も売ってます。
e0187064_21073686.jpeg
サッカーも出来るし、体育館も使えますよ。
e0187064_21082136.jpeg
金次郎さん。
e0187064_21083965.jpeg
アスレチック。
e0187064_21085108.jpeg
蛙の子を捕まえたsakuさん
e0187064_21092962.jpeg
風呂上がり。温泉の湯いいですよ!
露天もあり気持ちよかった。
e0187064_21091239.jpeg
今回は懐石を選びましたが、上の写真の提灯のとこではBBQも出来ます。会議終わりの団体さんがめっちゃ楽しそうに一番搾りでやってました。

両親が用意してくれたケーキ。
e0187064_21101868.jpeg
sakuは7歳になりました。
7年前、無事に産まれてくれてありがとう。
7年間、健康に育ってくれてありがとう。
e0187064_21103791.jpeg
これからも宜しくね。
e0187064_21121318.jpeg
翌朝は木工教室で遊びます。
e0187064_21115602.jpeg
几帳面なsaku
e0187064_21123378.jpeg
e0187064_21125153.jpeg
皆んなに優しいsaku
ムードメーカーのsaku
お手伝いが大好きなsaku
まだまだakisakuに甘えたいsaku
わがまますら可愛いsaku
皆んなから愛されている事に親として感謝。

ありがとう。

今日はatuのリクエストで遊園地、北九州市にある「スペースワールド」に来ました。
e0187064_17033799.jpg
高校の旅行で来たけど、覚えてないなあ。
e0187064_17041397.jpg
今年あたりで閉鎖になるそうです。ジェットコースターはけっこう数が多くて、面白いけどなあ。
e0187064_17042273.jpg
atuはまだまだこんなん楽しいんやなあ。
かわいいなあ。
e0187064_17044028.jpg
この後、sakuと2人でコーヒーカップに乗りました。
勿論、全力で回しました。
e0187064_17045026.jpg
なんと!たまたまですが、ガンダム特集?してました。
e0187064_17050115.jpg
子供らは大興奮!
e0187064_17050815.jpg
atuの1番のお気に入りはザクⅡ
sakuの1番のお気に入りはグフだそうです。
e0187064_17051715.jpg
e0187064_17052596.jpg
今時のガンダムは派手すぎてわからない。
e0187064_17054203.jpg
大分県別府市。
街中に湯けむりが立ち上がる町。
ここでもう一泊したいところですが、この旅はここまで。
e0187064_17055090.jpg

色々あった10年。
早いようで一瞬だった年月。
人間的にも未熟だった28歳は、結婚し、二児の父親になれたことで少しはマシになれただろうか。
akiには苦労をかけました。
家族に成長させて頂いた。

次の10年を実りあるものにするため、肩の力を抜いて、家族と楽しんでいきたい。

e0187064_21342883.jpg


6:40
大観峰が見渡せる草原にきました。
e0187064_16173050.jpg
早起きした理由はこいつです。
e0187064_16184219.jpg
そう!気球!
e0187064_16190044.jpg
気球体験に申し込みました。
この気球の容積は25mプール6杯分の水が入ってしまうそうです。
e0187064_16193623.jpg
操作できるのは高低差のみ、横への移動は風まかせだそうで、冒険家は空域と気流を熟知してるそうです。
e0187064_16191848.jpg
熊本地震以来、中岳の火口へは上がれなくなっていますが、「草千里」までやってきました。1kmに渡る大草原です。
e0187064_16223012.jpg
アルプス並みの景色です。
e0187064_16224984.jpg
今年は夏山を諦めましたが、、満たされました。
e0187064_16232212.jpg
e0187064_16251715.jpg
鎖に繋がれていないのがいいです。
自然のまま。
e0187064_16255845.jpg
e0187064_16233799.jpg
e0187064_16235526.jpg
「道の駅 阿蘇」
e0187064_16535855.jpg
e0187064_16541405.jpg
ジャージー的ソフトクリーム。
美味すぎてこぼすし、Tシャツ汚しまくりのsaku
e0187064_16543524.jpg
昼飯は「いまきん食堂」へ。
ちょうどテレビ取材が来てました。
e0187064_16465012.jpg
案内書きの5番に注目。
e0187064_16465967.jpg
赤牛のステーキ丼1680円。
思い出しただけで涎が出てきます。
直接食べに行ってください。
e0187064_16470880.jpg
昼からは「カドリードミニオン」へ。
e0187064_16471922.jpg
入園前の挨拶がてら、鯉の餌やり。
これが超キモい。
e0187064_16473770.jpg
生きるために必死です。
e0187064_16474828.jpg
鯉だけじゃありません、ここは熊が有名なんです。
えっ?マジで?っていうくらい無駄に熊がいます。
世界には7種類しか熊っていないそうで、ここには3種類、計170頭の熊がいます。
e0187064_16484211.jpg
わてらはそこら辺の観光客とは違います。
めったに来れない分、購入した餌は鶏肉1000円分!
餌のために涎を垂らすもの。
e0187064_16481054.jpg
ひれふすもの。
e0187064_16482692.jpg
我先にと立ち上がるもの。
カドリードミニオンの御家芸で、合掌ポーズでちょーだい、ちょーだいと芸を見せるものがおります。
e0187064_16490110.jpg
大人も子供も大興奮でした。
獣臭がすごい。
e0187064_16550504.jpg
赤ちゃん熊を記念に抱っこ。
e0187064_16493604.jpg
この旅行のために金はどんどん使います。
ここカドリードミニオンは、一昔前に志村けんの動物園で一世風靡した「チンパンジーのパンくんとブルドックのジェームズ」の動物園なんです。
撮影禁止でしたが、みやざわ劇場はすごく面白いです。

九州自動車道を再び北上して、福岡県は博多へやって来ました。
晩飯はakiの要望もあって屋台へ。
宿から歩いて中洲の屋台。
e0187064_16495145.jpg
赤提灯が情緒あっていいですね。
こんなに狭い空間で肩寄せ合って飲むのも悪くない。
e0187064_16501059.jpg
焼きは全て炭焼き。
e0187064_16501820.jpg
美味くない訳がなく、
e0187064_16502749.jpg
とりあえずビール瓶2本。
e0187064_16504275.jpg
屋形船
e0187064_16505064.jpg
e0187064_16505937.jpg
二件目は屋台の博多らーめん。
e0187064_16510883.jpg
e0187064_16511633.jpg
らーめんとおでんか〜(≧∀≦)
まいった〜〜
e0187064_16512622.jpg
幸せです。
e0187064_16514363.jpg
今日の宿は「鹿島本館」
e0187064_16520254.jpg
都会の中、ここだけ雰囲気が違います。
e0187064_16531963.jpg
e0187064_16553784.jpg
e0187064_16555504.jpg
今夜もハイボールを飲みながら、かけトランプで盛り上がります。

8:55
鹿児島県志布志市志布志町志布志志布志港(しぶしししぶしちょうしぶししぶしこう)に到着。嘘のような本当の名前。

初めての鹿児島県はワイパー強でぶん回すくらいの大雨。笑けてきます、どこまでもレインズ。

予定では阿蘇市に入り、壮大な自然を堪能する予定でしたが、この雨で強行してもと思い、
鹿児島県「まほろばの里」にあるガラス工房へやってきました。写真は拝借m(_ _)m
e0187064_15413363.jpg
本物の薩摩切子は本当に美しい!
これで飲めたら最高なんですが、身の丈以上の代物、諦めました。
e0187064_15210629.jpg
子供達にガラス細工の体験をさせてあげようと、ここまで来たのですが、ガラスより駄菓子。花より団子。
好きなだけ買っていい駄菓子に大興奮でした。
e0187064_15214728.jpg
この旅行に向けて、家族で買い揃えたスニーカー。
e0187064_15220315.jpg
雨降る霧島高原で食べる本物のソフトクリームはマジで寒い。
e0187064_15222423.jpg
九州自動車道を北上し、熊本市をけいゆして阿蘇市へ。
ミルクロードを走ると、天気が悪いとは言え素晴らしい高原が広がります。
e0187064_15224598.jpg
e0187064_15233042.jpg
観音様が仰臥位の状態。
e0187064_15241633.jpg
「大観峰」
顔の部分に雲が掛かってしまい、本当に仏様のようです。
e0187064_15243112.jpg
内牧温泉に降りて来て、辿り着いた居酒屋「筍ん子」さん。
分かりにくい通路を進んでいくと
e0187064_15454477.jpg
入口があって
e0187064_15455355.jpg
本日の一品が掲載中。
e0187064_15460344.jpg
e0187064_15252978.jpg
本場の馬刺し1400円はお代わりしました。
e0187064_15255032.jpg
今日の宿は「あそべえ」さん。
ここまで代行運転できたドライバーさんは、バリバリの九州弁がハマってるあたたかいトークで楽しませてくれました。
e0187064_15415633.jpg
今晩も懸賞金の取り合いです。

マーシー家も気付けば10年です。
10年前の写真は載せれませんが、大切なのは今です。

17:00
南港ATC裏から僕達の夢を乗せてさんふらわあが行くんです。
e0187064_14280201.jpg
乗る直前まで「沈んだらどうするんよ!」とマジで心配してたsaku
e0187064_14282444.jpg
マーシーも子供の時以来かな〜フェリーって旅感がでますよね。
e0187064_14283953.jpg
安定感に安心したのか、海を眺めていたいとのsaku
e0187064_14285379.jpg
船内レストランで夕食。
フェリーのいいところは、ドライバーも飲めるとこです。
e0187064_14290572.jpg
旅の直前から何故かうちのブームになってるガンダム。レストランまで随行中のズゴックは
水中MSなので安心です。
しかも、シャー専用。
e0187064_14292213.jpg
e0187064_14293684.jpg
ゲーセンなんて普段は遊びませんが、今日は解禁。
クレーンの2操作で100円が消えたところで、sakuが「もったいねー!」との一言。
e0187064_14295916.jpg
夜は快晴のため星空講座が開催されていました。
e0187064_14302761.jpg
e0187064_14304645.jpg
明日からの九州を盛り上げていくには十分な初日です。

この後、船内に戻って懸賞金付きのトランプで盛り上がりました。
旅中、毎晩開催できるようにどっさり100円玉を用意してきましたよƪ(˘⌣˘)ʃ


2日目はディズニーランド
3日目はディズニーシー
オフィシャルホテルの室内テラス?街?エレベーター内からの写真です。すごいホテル。

e0187064_21372132.jpg
e0187064_22020294.jpg
ディズニーは走る、並ぶ、撮影禁止なのでほとんど記録なし。
e0187064_22030172.jpg
e0187064_22023307.jpg
ずっと見たかったパレード。
e0187064_21361696.jpg
e0187064_21362563.jpg
e0187064_21363319.jpg
e0187064_21364552.jpg
e0187064_21365437.jpg
e0187064_21370268.jpg
3日目のシー
e0187064_21373946.jpg
e0187064_21380588.jpg
自力では連れていけない旅行。
感謝です。

3日間の幸せな時間をくれたのは、やはり両親でした。
e0187064_21590958.jpg

いつも山に持っていくポシェットを鞄に入れてたところ、中にアーミーナイフが入っててひっかかりました。
e0187064_21514506.jpg

今日から東京3日間の旅行です。
伊丹から飛行機で羽田へ。
e0187064_21534340.jpg
e0187064_21535508.jpg
e0187064_21540675.jpg
e0187064_20554379.jpg
仲見世通り
e0187064_20555745.jpg
e0187064_21542469.jpg
e0187064_21543275.jpg
e0187064_21543986.jpg
e0187064_21544712.jpg
e0187064_20560836.jpg
浅草寺
e0187064_20561724.jpg
e0187064_21551044.jpg
e0187064_21551732.jpg
e0187064_21553155.jpg
大黒屋
e0187064_20562783.jpg
関西と違って、衣よりタレで勝負みたいです。
e0187064_20564948.jpg
ソラマチで観光
e0187064_21563622.jpg
ムーミンカフェ
e0187064_21572338.jpg
e0187064_20571196.jpg
e0187064_20572792.jpg
e0187064_21555288.jpg
e0187064_21084904.jpg
夕方のスカイツリー
e0187064_21561396.jpg
e0187064_20580796.jpg
e0187064_21565528.jpg
浅草方面
e0187064_20583369.jpg
両国国技館
e0187064_20584360.jpg
世界のビール博物館
e0187064_20585604.jpg
e0187064_20590750.jpg
e0187064_20592341.jpg
e0187064_20593190.jpg
e0187064_20593842.jpg
e0187064_20594612.jpg
e0187064_20595525.jpg
e0187064_21000388.jpg
e0187064_21001274.jpg
e0187064_21001905.jpg
e0187064_21002667.jpg
e0187064_21003352.jpg
e0187064_21580750.jpg
e0187064_21350746.jpg
千葉に住む次男と合流して2年ぶりに家族で飲みました。
e0187064_21004800.jpg
36歳の次男。
結婚してくれー
e0187064_21352156.jpg

熊本出張中に訪れた…所々をUPします。だって、また行く時のために・・・参考になるやろ

"麺屋軌跡"
e0187064_23155476.jpg
e0187064_23160519.jpg
透明な塩清湯スープをいただくと、優しくもしっかり主張する煮干。旨いね~♪

"太一商店"
e0187064_23161909.jpg
e0187064_23164384.jpg
野菜増しまさにマウンテン。ガツンと豚骨が効いた醤油ベースの濃い味。極太麺で食べ応え満点

"弍ノ弍"
e0187064_23171428.jpg
e0187064_23173195.jpg
e0187064_23174282.jpg
e0187064_23175719.jpg
美味しくてコスパがいいと大人気の餃子店。楽園ビルの目と鼻の先

"田しゅう"
e0187064_23181759.jpg
e0187064_23182982.jpg
博多で有名なもつ鍋屋。全10種類の「特製コース」サラダ・青シソ明太子・カリカリ胡瓜・キムチ盛り・
牛酢モツ・牛ほほ肉の甘露煮・もつ鍋・〆の麺・デザートと一通り楽しめるコース


"ひらき家"
e0187064_23185590.jpg
e0187064_23190613.jpg
水前寺の常宿のビジネスホテルからほど近くにある、ひらき家 いろんなところで豚足を食べたけど、
ここのカリカリ豚足が一番美味い。


"大砲ラーメン"
e0187064_23234112.jpg
e0187064_23240905.jpg
久留米に来たらやっぱりココっていうぐらい有名な久留米ラーメンの代表格

"やきとり九十九"
e0187064_23243659.jpg
e0187064_23245204.jpg
e0187064_23250735.jpg
e0187064_23252112.jpg
B級グルメの聖地 久留米で昭和50年創業 。現在は二代目で、長男は津福店、次男は国分店を。
そして下調べなしに、鼻を頼りにぶらっ暖簾をくぐったお店が三男がするココ、やきとり九十九文化街店。



その他・・・⇒⇒⇒
吉田博 1876年 (明治9年) ~ 1950年(昭和25年)e0187064_22005937.jpg洋画家で、水彩画、油彩画、木版画に優れた風景作品を残す。山岳画家としても活躍する一方、23歳のときより数度に渡って渡米、 デトロイト美術舘、シカゴ美術館、ボストン美術館をはじめ多くの美術館で水彩・油彩画の展覧会を開催。国内より海外での知名度は専ら高い。大正9年(44歳)頃より伝統木版画の制作を開始し、大正14年から自ら版元となり木版画出版に新境地を開く。取材範囲は日本のみならず欧米、アジアと世界各国に及んでいる。明治、大正、昭和にかけての風景画家の第一人者である。

みんなに機会があれば是非見てほしい "吉田博"


初めてTV番組で吉田博の木版画作品を見た時、春風に雷鳴が。大袈裟じゃない。轟いた。
無知で学もない春風でさえ、作品がら音が聞こえたし、鼻の奥がツンとする空気を感じた。嘘じゃない。俺ラ登山家の端くれとして、登山家のみに許されたあの神々しい眺望を見事に表現しているのだ。
e0187064_22005033.jpg
絶えず絵の修業に邁進し、一切の妥協を許さないチャレンジ精神と自然への真摯な取り組みを生誕140年を記念して開催された展覧会。去年は東京、千葉、群馬と開催されたが、関西の開催予定は一切なく諦めていた矢先の・・・熊本出張。
なにかの導きだろう
e0187064_22013644.jpg
e0187064_22015968.jpg

湿潤な日本の風景をみずみずしい感性で描いた水彩画や油彩画、伝統的な技術に洋画技術を融合した日本人でしか描くことが出来ない斬新な技法による木版画の数々など代表作230点を出身地久留米で行う大回顧展。
彫師、摺師の分業が浮世絵時代からの常とした木版画主流の中、吉田博は「自摺」と称して、全工程を自ら行う拘りっぷり。摺りの工程が10回程度が一般的ななか、多い時では100回と桁違いの超絶ぶり。超現場主義者である。そんな吉田博が明治末以降本格的に登山に没頭していく。登山家ならではの視点で描き出され、生み出される山々の作品は圧巻である。

(長男を白山と名付けようとして猛反対を受けるものの、二男を穂高と名付けたほど山を愛していた)

e0187064_22085462.jpg
e0187064_22092572.jpg
e0187064_22082816.jpg
帆船シーリズ どれが一番好きかな??


戦時中は従軍画家として戦地にも赴いている 左から「急降下爆撃」、「空中戦闘」

e0187064_22093453.jpg

タージマハルやベナレス、カルカッタとインドの風景描写も纏わりつくような砂っぽい空気感と陰影

e0187064_22091650.jpg
e0187064_22090528.jpg


「剱山の朝」

e0187064_22095459.jpg

幕営の朝の特別の一瞬。尾根は紅く輝き、テントでは朝餉の準備が始まる。まだ夜の闇の濃い、山のひととき


「渓流」

e0187064_22094548.jpg
流れる轟音と渓流の水飛沫、泡や流れ、冷やかな空気さえを感じる








つづき・・・(σ^▽^)σ
火の国·阿蘇編
熊本出張中で休みは合計3日。鹿児島、長崎、そして・・・
今日は12年ぶりの大観峰をメインに周辺スポットを巡ります。

やっぱり自然と目が覚める休日の朝・・・4:00(早すぎるやろ笑)
でも、だって・・・Specialゲスト真理ちゃんから数日前に「私も大観峰、久しぶりに見たかけ~ん」ってお誘いがあったばってん笑(๑´ㅂ`๑)
ガイドを辞めてから久しぶりに長崎県営観光バスに乗車する真理ちゃん、乗る前からもドキドキらしい。
それを益城インター口バス停で待つ春風もドキドキ。「ちゃんと着かんねっ」
10:35 やっぱり分かるもんねっ(*´ㅂ`*)バスから降りたら直ぐ真理ちゃんてっ笑。ちっちゃかもん笑

今日は殆ど春風プラン。先ず向かうは、阿蘇高森町の白川水源。
e0187064_21053477.jpg
e0187064_21055950.jpg
e0187064_21061396.jpg
コンコンと湧き出でいます。これで水割り作ったら、美味いやろなぁ笑ペットボトルで持ち帰ります。
e0187064_21084837.jpg
続いて、春風がどうしても来てみたかった、高森殿の杉
e0187064_21092442.jpg
まだそんなに人気観光スポットになってないみたいで、地元のコンビニStaffに聞いても「??(´•ㅿ•̀ )??」
見過ごして通り過ぎてしまいそうな細い道を・・・
数頭の牛がのんびり寝てます。足元には無数の牛糞が
e0187064_21095434.jpg
e0187064_21101242.jpg
癒しパワーが溢れています。
e0187064_21180233.jpg
e0187064_21183385.jpg
e0187064_21185111.jpg
e0187064_21200541.jpg
e0187064_21205786.jpg
e0187064_21213213.jpg
e0187064_21191819.jpg
e0187064_21215109.jpg
e0187064_21225274.jpg
e0187064_21232355.jpg
e0187064_21241681.jpg
e0187064_21244106.jpg
シロウトが撮ってこのクオリティー、凄くない♡(*´︶`*)♡

内輪山からの涅槃像
e0187064_21252191.jpg
阿蘇はよかねぇ(∗•ω•∗)自然がデッカくて。ホンマよかねぇ(๑•∀•๑)
e0187064_21250282.jpg
一次休憩


次に向かうは阿蘇神社。熊本地震で、桜門・拝殿が倒壊。奇跡的に倒壊を免れた
三つの神殿。
(インターネットより画像添付)
e0187064_21281576.jpg
現在
e0187064_21290135.jpg
e0187064_21291891.jpg
e0187064_21322092.jpg
元の姿に再建されるまで約20年と言われています。また来ますね(*´︶`*)

いつも時間がなくて、省くのは・・・昼食( ˙-˙ )・・・。門前町を散策します
菓舗 さとう どらやき
e0187064_21294206.png
e0187064_21295739.jpg
たのや タノシュー
e0187064_21301973.jpg
e0187064_21303779.jpg
阿蘇とり宮 馬ロッケ
e0187064_21311727.jpg
e0187064_21313843.jpg
e0187064_21315141.jpg
e0187064_21320556.jpg

そして、12年ぶりの大観峰にいよいよ。修学旅行で来てるんやったら三度目かぁ???
12年前は・・・
e0187064_17363429.jpg

今日は目を見張る程の快晴です。日頃の行いの賜です。
e0187064_21330731.jpg
e0187064_21324914.jpg
e0187064_21335529.jpg
e0187064_21334211.jpg
涅槃像も以前と変わらず寝ています。(๑´ㅂ`๑)zzZZ乙乙
e0187064_21342816.jpg
e0187064_21344429.jpg
e0187064_21354113.jpg
e0187064_21355640.jpg
e0187064_21362571.jpg
e0187064_21364086.jpg
e0187064_21365551.jpg
e0187064_21370674.jpg
大感動


続いて年間100万人以上が訪れる九州を代表する人気観光地 黒川温泉。
e0187064_21374449.jpg
1枚で3湯入れるお得な温泉パスポート「入湯手形」で泉三昧したかところやけど┏( .-. ┏ ) ┓、今日は日曜日。さらに既に日没。
川はライトアップされています。
e0187064_21390778.jpg
e0187064_21392225.jpg
e0187064_21393992.jpg
e0187064_21395583.jpg
一湯目
宿にかかる橋の風景写真が黒川温泉の象徴のようになっている新明館
e0187064_21400805.jpg
e0187064_21402248.jpg
e0187064_21403951.jpg
コツコツと手掘した洞窟風呂
が有名(サウナ状態で湯気で写真は上手く撮れませんでした)
e0187064_21413207.jpg
e0187064_21415016.jpg
e0187064_21420437.jpg
e0187064_21422281.jpg
e0187064_21424340.jpg
湯船に浸かりながら、隣の人に聞いたオススメの温泉に向かいます。
e0187064_21432422.jpg
二湯目
大自然と一体に満天の星空の下の露天風呂が絶景の三愛高原ホテル
あえて本館より距離をとって光を少なくすることで堪能できる天然プラネタリウム露天風呂
e0187064_21435243.jpg
春風歴代屈指の名湯に認定です。
中国·韓国の観光客が溢れかえってる以外は満点。(写真画像拝借)
e0187064_21440317.jpg
火照った身体から立ち上がる白い湯気が、ゆっくりと空に浮かぶ星に少しづつ消えていきます。
宇宙人も先ずココに来るんちゃうんかな。相当羨ましがってるはず(σ^▽^)σ
因みに12年前にも入湯していました(やっぱり昔から鼻が効くんやねぇ)
e0187064_21442850.jpg
e0187064_21444560.jpg
2人とも明日は仕事。髪も濡れたまま、車内のエアコンで乾かしながら(σ^▽^)σ 高速に乗って、猛スピードで長崎へ。ほんでもって、熊本へ。

17時間で約650㌔。なかなか走ったかねぇ~(((((((((((っ・ω・)っ ブーン






←menuへ