2009年 08月 09日 ( 2 )

美味いもんリポート

e0187064_182722.jpg今治市内からちょっと離れた38号から1本裏手の小さなお店
【10円寿司】1カン1円。1皿25カンで250円。お吸物追加しても450円。びっくりのコストパフォーマンス。お店の大将と女将さん、って言ってもお爺ちゃんとお婆ちゃんなんやけど、イイ味出してるんよ。
店の雰囲気もイイしな。でも1カンが小さいから普通のと比較したら1/3ぐらいかな、それでも2人のかもし出す独特の癒しのオーラでOKやわ。お吸物のつみれがまた美味かったわ。itabb嫁のつみれ,
アレも美味いでなぁ~。

e0187064_1823011.jpg松山市内三越側の【霧の森菓子工房松山店】本店は新宮村にあるらしい、めちゃめちゃ人気の抹茶大福(8個1,000円)10:00オープンわずか30分で完売、年内いっぱいは予約注文は無理らしい程の大人気商品。そんな事とは露知らず15:00過ぎにお店に、当然売り切れで仕方なくカップアイスを2つ注文。アイスを食べながら店員さんと30分ほど雑談をしてたら・・・
「内緒やでぇ!冷蔵庫から1ツ持って来たるわ」ってことで幸運にも食べれました。
見た目はマリモみたいで、大福の中にクリームが入ってて美味しかったわ。
一口サイズやからあっという間でした。内緒で売ってもらったからネットから拾った画像を使いました。
日時:8月8~9日
目的地:愛媛県しまなみ海道~今治~道後~伊予
走行距離:740km

やっぱり雨男本領発揮ってとこかなぁ、5年前の四国ツーリング(琴平~道後)の時も雨やったような

8日、バイク後部座席へのキャリアーの固定がちょっと不安もあって、予定よりも早く5時に目が覚めて6時に出発。
お盆の影響で発生した吹田から西宮まで20km程の大渋滞を横目に、バイクの強みを発揮して側道を一気にスルスル~っとすり抜けて12:00にはしまなみ海道に突入!予想以上にライダーも車も少なく快走!
朝食らしいモノも取ってなかったし、ネットで調べてきてた【10円寿司】→レポート②)に胸躍らせながら、14:00一路今治市内へ。また今治市は焼き鳥消費量日本No.1らしく、有名店が数多くあるらしい・・・がほとんどのお店が17:00オープンのため、後ろ髪を引かれながら、次回の楽しみとして断念。【世渡】【鳥林】【五味鳥】
その後、睡魔と闘いながら道後温泉に向かう。甘味処【霧の森菓子工房】→レポート②)に。松山の街は観光客の車も多い上、路面電車が走ってるからどっちの信号見たらええかややこしてしゃない。更にお盆ってのもあるんかなぁ、道後温泉は長蛇の列。
たかが風呂、されど風呂。それだけ並ぶのもうなずける重厚なたたずまいと風格。そう思って、せっかくやし一番高額な3階個室の霊の湯の入浴代金を支払ったのが5年前。混んでるし既に入浴済みやし、写真だけを撮って終了。
参考としては行く時間は絶対にオープン同時の6:00に行くべし!

e0187064_163514.jpge0187064_16353967.jpg




e0187064_23411173.jpg5年前と違って周辺道路が整備されて綺麗になってたから、道後温泉の前で人もなく、
こんな写真はもう撮れないなぁと以前の自慢の一枚もアップさせてもらいます。
バイクの歴代ベストショットBest3には入るかなぁ!




道後温泉に後ろ髪を引かれることはなかったけど、男性諸君のアミューズメントパーク”温泉風俗街”に後ろ髪を引かれながら(笑)、今回の一番の目的地”佐田岬”へと56号、378号を南下。
このあたりからポツポツと、路面を濡らすアイツが遂に登場。佐田岬メロディーラインまでもう目と鼻の先まで来ての、
無念の伊予市からの帰路に進路を変える。残念ながら佐田岬メロディーラインも次回の楽しみとなった。
一向に止む気配のない悪天候の中、ところどころ仮眠も取りながら夜通しで徳島港へ。
e0187064_16554580.jpg5:55に出港してからはほんまアッという間に眠りに落ちた。
恥ずかしいやけど、和歌山港に入港してだいぶ経ってから、船員に「もう着いてますよ」って声を掛けられるまで爆睡している有様。

まぁ何とか無事帰ってきました。途中天気のことでF、itabbありがとうな。

やっぱり俺か、雨男筆頭は?  違うよな?
←menuへ