北穂高 (2日目)

涸沢岳から奥穂高にかけてのルートは、キレットと同レベルぐらいでしょうか。
e0187064_08481663.jpg
怖すぎる!
一歩一歩を確実に確かめ、三点支持を意識して降りていく。
e0187064_09022643.jpg
e0187064_09025122.jpg
e0187064_09031840.jpg
e0187064_09034461.jpg
完全に腰がひけてます。
e0187064_09051804.jpg
お願いだから、その足だけは踏み外さないで。
e0187064_09070255.jpg
苦労の2時間、着いた先の北穂高岳!
e0187064_09080138.jpg
夕焼けと雲海の中、安堵感に包まれる。
e0187064_09105297.jpg
e0187064_09111707.jpg
e0187064_14171589.jpg
e0187064_14172856.jpg
槍ガ岳
e0187064_09114303.jpg
もう歩かなくていい
e0187064_09120947.jpg
本当にここまで来れて良かった。
e0187064_09132233.jpg
e0187064_09133784.jpg
初アルプスでヘルメット被ってる奴、初めて見たわ。よく頑張りました。
e0187064_09135648.jpg
今日の晩飯はマーシー担当
e0187064_09204724.jpg
豚の角煮、焼豚、キムチ、オクラの丼と玉子スープ
e0187064_09234725.jpg
人間、疲れすぎると食べれないそうで、誰一人完食できずでした。

食事と同時に皆寝だしてしまった。
マーシー「今からウィスキー飲むんやけど、北野付き合えへん?」
北野「分かりました。ビールで良ければ」
マーシー「(疲れてるのに、後輩やから気使ってんやな。真面目な奴やな…)

マーシー着替えてる間に
「プシュッ!
ゴクゴク…ゲプッ〜」

北野「ご馳走さまでした。お休みなさい!」

はぁっ⁉️Σ(゚д゚lll)
イッキ飲みしたら、付き合いもクソもあらへんがな‼️

ヘッドライトを消して、上に目をやれば、満天の星空、横を見れば薄暗い中にも雲海と山々が見える。テントの光と遠くにある街の灯をアテにスコッチをやる。
うますぎるし、最高のシチュエーション。
満タンのスケットルが無くなってしまったので、仕方なしに寝ることに。

今回、メンバーの体調をみれば、穂高山荘から涸沢小屋に降りるべきだった。

そう決めるべきだった。


by hello-rains | 2015-09-19 23:47 | 笑山 | Comments(0)
←menuへ