富士山 〜村山古道を歩く〜 3日目

9/3 6:00
朝飯はパンの予定だったが、ここでレトルトを食してしまい、山頂の珈琲を諦め、クッカー一式、テント一式を山本商店さんに預かってもらう。
今迄の山行にないザックの軽さ。
でも僕の心の中は不安でいっぱいだ。
e0187064_2125997.jpg
案内出来るのか?
浅間神社前の石畳を歩き出す。
e0187064_20372504.jpg
抜けた所に出て来たのは、笠雲を被った富士山。
e0187064_20435962.jpg
「おぉーーっ❗️」
全員が声をあげる。
初めて全貌を拝めたのだ。
今から、これをやるのか。
でかいな。確か、笠雲の真下は天気が悪いんじゃなかったか。
その後も本にある通りのポイントを無事に落としていく。
そして、出て来た「しの字」
e0187064_20442446.jpg
こいつを見たら右に入り、東回りに進まなければいけないのに、僕は逆に記憶していたのである。テープラインを右折したら「しの字」が出てくると思っていたのである。まぁ、ちゃんと出てきたしいいか。と思ったのが間違い。

コースをロストしてしまった。
林道に出たら古道が続いているはずなのに、全くそんなものはない。
e0187064_22393193.jpg
どこだー
e0187064_22395471.jpg

こっちかなー
e0187064_22401539.jpg
林道を上がってみたり、下がってみたり、テープがあるところを登ってみたり戻ってみたり、1時間半探して、諦めた。遠まりになるが林道で進むことにした。

天照神社を見つけ、古道の看板も見つけた。
全員が安心し、会話も弾み出した。
e0187064_20514827.jpg
自撮り③
e0187064_20520477.jpg
ご飯の時間。
たかがランチパックが高級ホテルのパンほどに感じる。
e0187064_21224037.jpg

ここから、いっきに苔が濃くなる。
e0187064_20530147.jpg
アルプスにはない自然の美しさ。
e0187064_20533510.jpg
盗んでいく輩もいるらしい。
売れるやろうしね。
でもダメよ。
e0187064_20542228.jpg
また林道に出る。
市の建物と広場。よしよしコース通り来てる。

しばらく行くと「馬返し」の道標。
e0187064_20560418.jpg
これは、昔の女性はここまでよの標。
e0187064_20565104.jpg
宗教の関係で、古道に並ぶ地蔵様の首から上は全て壊されている。
e0187064_20582354.jpg
しかし、見事な苔である。
e0187064_21020204.jpg
e0187064_21233179.jpg
e0187064_21235555.jpg
e0187064_21242347.jpg
歩き出して9時間半、明日の行動食を計算して、控えめにいったのが間違い。
ゴール直前でガス欠。
河合さんに柿ピーを頂いた。
軽くて日持ちしてカロリー高い、けっこう優れものの行動食である。
e0187064_21262844.jpg

e0187064_21304593.jpg
15:30 宝永山荘着
e0187064_21051923.jpg
マジで疲れた。
ケチらず行動食を取ればよかった。
e0187064_21054847.jpg
命からがらに手に取ったのはアンパン。
「すみません、アンパン1つ…」のような単純な言葉ではなかったはずだ。
「すみません、アマテラスアンパン1つ…」
ぐらいに聞こえたであろう。
e0187064_07023162.jpg

18:00からの夕食まで待てない。すぐにカレーを作って頂いた。
e0187064_21101974.jpg
美味すぎて涙が止まらねー
なんも言えねー。

金ないのに、「お母さん、ラーメン1つ」
がっついて写メを撮り忘れかける。
e0187064_21121173.jpg
昨日は80人の登山客がおり、3人で1枚の布団だったらしい。
今日は20人、セミワイドの布団を一人占め。

外は雨風強く、判定は「C」
ご来光は諦め、0時出発を6時出発に。

23時に目が覚めてから寝れなかった。

明日はいよいよ山頂だ。

by hello-rains | 2015-09-04 19:20 | 笑山 | Comments(0)
←menuへ