北岳・間ノ岳 –南アルプス登山 - 2015 2日目

辺りはまだ仄暗。空には降り注ぐような満天の星
2:40 起床
e0187064_2213245.jpg
e0187064_2222667.jpg
徐々に空が白み始め、みんなの姿も。富士山も雲海も。(海海じゃないよ・笑)
e0187064_222425.jpg
e0187064_2225762.jpg
5:00 間ノ岳 山頂到着
e0187064_2231868.jpg
e0187064_2233166.jpg
e0187064_2234254.jpg
e0187064_2235169.jpg
e0187064_22423.jpg
e0187064_2241718.jpg
今朝来た路と今から登る北岳
e0187064_2242881.jpg
e0187064_2251518.jpg
e0187064_2252792.jpg
御来光
e0187064_2254466.jpg
e0187064_226567.jpg
e0187064_2261682.jpg
今年のベストショットじゃねぇぇ?!笑
絵になるゼMoezoo。雑誌の表紙にいけんじゃねぇ
e0187064_2274738.jpg
e0187064_229298.jpg
e0187064_2291914.jpg
e0187064_2294669.jpg
e0187064_221067.jpg
e0187064_22103093.jpg
5:30 下山
e0187064_22111333.jpg
Mt.Fujiをバックに。みんなエエ顔してるゼ
e0187064_2215411.jpg
子供は一時お休みタイムへ。大人は朝食からガッツリ食べます。&飲みます・笑
e0187064_22163142.jpg
9:30 北岳山荘出発。目指すは第2峰 北岳に向かいます
e0187064_22175766.jpg
Neeyan 「北岳の頂上まで、あと何分ぐらい??」
マーシー 「あと、うんじゅっ分〜こんじゅっ分」
e0187064_2225353.jpg
e0187064_22252243.jpg
e0187064_22253618.jpg
11:15 北岳 山頂到着
e0187064_22284329.jpg
e0187064_2229416.jpg
e0187064_22292283.jpg
この後、スボンのケツを破くマーシー
e0187064_2229405.jpg
12:15 北の肩小屋 到着
勿論やります。昼食という名のものの宴会。マルハナシェフ得意の本格インディアンカレー
e0187064_22305629.jpg
e0187064_22311662.jpg
シェフ・マルハナから、レシピを教わるitabb
誰かペンないけ? いつになく真剣なitabb。余白がなくなるほどメモを
e0187064_22332470.jpg
誰か紙ないけ?
e0187064_2236399.jpg
e0187064_2237930.jpg
e0187064_2237226.jpg
乾杯~。…Moezoo、それトマト缶やん・笑
e0187064_22373578.jpg
e0187064_22375254.jpg
ジャジャ-ン。完成。
e0187064_223842.jpg

こんなカレー、山中で食ってるヤツいてるかぁぁ~
しかしこのカレーは腹持ちもイイし、変に喉も乾かへんし、サイコーやわ。
(既に下山して、1日も経ってないけど、もう食べたいもん。なんか変な薬的なモン入れてんちゃくかっって思うぐらい)


小太郎尾根分岐からの草すべりルートはなかなか・・・
Neeyan「もう、この左脚切り落とす!脚痛い!」
e0187064_22385343.jpg
広河原からのバスが無いかも?と不安を抱えながらの下山。

Neeyan 「白根尾池小屋まで、あと何分ぐらい??」
春風 「ん・・・、あと、うんじゅっ分〜こんじゅっ分」
e0187064_2239889.jpg
Moezoo 「尾池小屋まで、あと何分ぐらい?? ってか春ちゃんクロックス1個ないでぇ~」
春風「ん・・・、あと、うんじゅっ分〜こんじゅっ分。
・・・ええぇ~クロックスどこで落とした? Top歩いてたのに、さっき転んだときかなぁ」

ここからはできれば割愛したいんやけど・・・猛省し今後に活かす意味でも

広河原到着が18:30、最終バスが16:40
夜叉神峠の芦安トンネルで一般車両通行制限があり、封鎖されたゲートまでは15km
山荘の従業員さんに子供だけでも車で送って欲しいと頼むも、あっさり却下。

上高地も同じように釜トンネルでゲートが封鎖されて孤立してしまうけど、上高地内と外でタクシーの乗継、ピストンのサービスもあるし、最終バスの時刻が過ぎても何とかなったし・・・と、安易な考えが原因で・・・

どうにもなりませんでした。

春風は翌17日より仕事、itabbも昼から。Moezooも朝から部活・・・と
大人の計画性の欠如、安全の軽視、四十路前後の体力の低下などなどが要因となって、ゲートまで歩くことに。

19:15 広河原if 出発。計算上、時速6kmで2時間半。

平坦な道とは言え、量が減ったとは言え、かなり堪えます。小5、小4にとっては苦行に近い、厳しい道のりだったと思います。
歩けど歩けど3つ目のトンネルは出てこない。ヘッドライトで薄明るく照らす森の中、振り返ると真っ暗な森の中、春風は確かに聞こえました。心が折れる ポキッ って音を何度も
完全披露困憊の状態。
e0187064_22392511.jpg

22:30 芦安トンネルの車両規制ゲート 到着。15kmを約3時間45分...時速4km
15kmで唯一一瞬微弱ながら携帯の電波がつながった2箇所から連絡を取れたタクシーと合流。
芦安第4駐車場まで移動し、各々家族に連絡。車にザックを積込み、帰路へ。
女子は、花より団子と言うよりは、メシより睡眠。大人は睡眠より運転。初めの1時間程度はitabb、春風。
その後の和歌山への大半はマルハナバチとマーシーで運転。途中強烈な大雨の中激走。

今回、天気は最高。料理も最高。
Aoiは2年越しにアルプス初登頂し、Neeyanは晴々しくデビュー出来た。ここ最近でも、最高の山行であった。
しかし、工程から何から全てを春風に任せにし、防ぎ得たミスを防げなかった。結果、子供達に肉体的にも精神的にも負担を虐げてしまい、自宅で待つ家族にも甚大な不安と迷惑を掛けてしまった。
生涯、山を楽しむためにも、安全を確保出来なければ、全員が一生後悔する事になる。今回の経験を今後に活かそう

猛省
by hello-rains | 2015-08-16 23:59 | 笑山 | Comments(2)
Commented by itabb at 2015-08-21 07:24 x
レインズの名を汚さぬよう、精進せねば。
Commented by 春風 at 2015-08-21 14:04 x
ってことで反省会せなね
←menuへ