紀見峠〜岩湧山

e0187064_12565430.jpg
6:30起床

朝食をしっかり食べます。
パン、シリアル、パイナップル、葡萄、お水、珈琲。
e0187064_12554873.jpg
持ち物は、プロテイン入りピンクグレープフルーツジュース、冷やしバナナ、飴ちゃん4つ、iPod shuffle、トイレットペーパー、貴重品
e0187064_13004973.jpg
こんな感じか⁉︎
e0187064_13012427.jpg
紀見トンネル上にはダイアモンドトレールが横断しており、綺麗なトイレも作られています。
バイクを置かせて貰います。
e0187064_13032334.jpg
前は、ここから金剛山に向かいました。
懐かしいなあ、あれは劔に初めて連れて行って貰ってからの金剛山やったな。当時はこんな感じでした。ザックは18kg
e0187064_17015835.jpg

今回は反対方向に進みます。
e0187064_13050742.jpg
ついに来たぜ!2ヶ月間、やるかどうか迷ってたけど、オンロードでランニング続けて、少しは体力もついたやろし、大丈夫やろ。
7:40トレラン開始。

と、思いきや、すぐにgive up❗️~_~;

登りは無理じゃ。
登るだけでしんどいのに、走れるかいな。
足パンパンやし。

虫除けもしてこなかったせいか、顔の周りを小蝿が飛び回り、足を止めれば、アブが刺しにきよる。ふくらはぎをアブに刺された瞬間、殺意の全てを込めて、アブを叩き落とし、足で踏み潰した。ざまーみろ。

あれ、ここ見たことがあるぞ?
e0187064_13175196.jpg
セローで裏山から入って来た時に、ここ来たぞ。確か、バイク乗り入れ禁止でUターンしたとこだ。こんなとこに繋がってたんか。
e0187064_13203085.jpg
しばらく進むと湧き水発見!
e0187064_13231750.jpg
冷てーっ!気持ちいい!
手と顔を洗って、頭からかぶって、ごくごく飲んでみる。
うめーっ!天然水うめー。

生き返ったところで、ラストスパート。

山頂は見事なガス
e0187064_13264282.jpg
なんにも見えねー。
e0187064_13272544.jpg
しかし、この靴はいいです。
確かなグリップ力、走るのに程よいソールの硬さ、ワイヤーの使い勝手の良さなど、総合的に見て良いシューズです。
e0187064_13292128.jpg
往路 7:40〜9:20 (1:40)
復路 10:15〜11:20 (1:05)
総距離 13.09km

山頂でお会いした夫婦との話が楽しくて、休憩が長引いてしまったが、有意義な時間でした。標高3000m以上は酸素濃度が下がるので、子供は9歳以下は連れて行かないほうが良い話。スイスでは虐待にあたるので、誰も連れて行かないこと。週2回岩湧山に登っておれば、アルプスに行っても体は疲れないこと。過去、6歳、4歳、3歳の子供を連れて雨の中槍ヶ岳までテント担いで8時間歩いたこと。結果、子供が山嫌いになったこと。最近、長男さんが山に興味を示していること。
また、親子で山を楽しめる日が来ることを祈っております。

iPod shuffleは一回も使いませんでした。
鳥の声や、風の深緑を揺らす音があれば、音楽は邪道と感じました。

帰宅後の体重 60.6kg




by hello-rains | 2015-07-30 12:51 | 笑山 | Comments(0)
←menuへ