私見は控えます。

『羊たちの沈黙』
e0187064_17473865.jpg
『ハンニバル』
e0187064_17475844.jpg
最近、この2本の映画を改めて見ました。
子供の頃に見た時は、おぞましい映像に興奮しただけの映画であった。

実在した犯罪者の手口などが使われているのは皆の周知のところでしょう。

そもそも、普通の人間がレクター博士のような異常性を生み出し、支配されるものなのか?
ありえるとしたら、どのような経緯を辿るのか?
e0187064_19224868.jpg
今月10日に発売された『文藝春』
サカキバラ事件の犯人、少年の生い立ちから刑を言い渡されるまでの決定文が載っています。

少年は元々、内気で特に問題を抱えるような子供ではなかったそうです。それ以降の記事内容は怖くて書けません。

この記事を世間に公表すること自体、賛否両論あると思います。被害者の方たちの思い、犯人自身の現在とこれから、善良な市民、それぞれの立場の言い分があるでしょう。
ただ、この事件は社会性が大きく、我々も知る権利があるのかもしれません。

読むことで明確な何かを見いだせる訳ではありませんが、教育、愛情、コミュニケーション、そんな当たり前のことが大切だという事は分かります。
私見は控えます。

by hello-rains | 2015-04-11 17:46 | つぶやき | Comments(0)
←menuへ