「内外合一 活物窮理」

片道1時間で和歌山方面に走れば、何処まで行けるのか?

さっそく愛車のペダルを踏む。

出勤時はだいたい1時間で15kmぐらい。
アップダウンが厳しい農道を走るとは言え、15kmは行きたい。

2当務前の縄跳び、二重跳び100×5がまだ残っており、右ふくらはぎに痛みがある。
e0187064_17331130.jpg

なんとか目標達成。18.4km。
iPhoneで八代亜紀の舟歌を聴きながら休憩していたら、農家のおっちゃんがやってきて、ちょと恥ずかしかった。
e0187064_17371837.jpg

僕に欠けている3項目は、
①肺活量
②脚力
③精神力
ここで帰ってもブロクのネタにならない。

5km先に青洲の里があるので、足を伸ばしてみる。
e0187064_17403952.jpg

強風のため休館。
e0187064_17412252.jpg

結婚した当初、一度訪れたことがあります。
食育をうたい文句にしている紀の川市。
自然の食材を活かしたバイキングが楽しめます。
調味料で濃く味付けされた料理ではない。
素朴だがすごく美味しかった。


敷地内にある、華岡青洲の石像。
e0187064_17451074.jpg

華岡青洲は麻酔薬「通仙散」を開発し、乳癌の手術を成功させた人物。
石像の横には花壇みたいなものが。
e0187064_17471789.jpg

覗いてみる。
案内板には…
e0187064_17480582.jpg

そう、トリカブトと曼荼羅花から麻酔薬を開発したのです。
e0187064_17492533.jpg

動物実験を繰り返したが、人体実験を残して行き詰まる。
そこで、名乗り出たのが実母と妻。
実母の死と、妻の失明という大きな損失を被ったが、そのかいあって麻酔薬の開発に成功した。

華岡青洲の自宅兼診療所「春林軒」、兼塾生寮。
やはり休館。
e0187064_17531087.jpg

e0187064_17533488.jpg

華岡青洲の信念「内外合一 活物窮理」内科とと外科を区別せず。

現代は医療の先進化が進む反面、診療科目が細分化され、医者も得意科のスペシャリストを目指す。

良い事ではあるが、逆に一次医療を担う救急医の不足が浮き彫りになっているのではないか。

帰路は国道24号線で。平地は楽チン。
2分30秒/kmのペース。
e0187064_17561752.jpg

e0187064_17562752.jpg

総距離 41.72km
時間 2時間14分
消費カロリー 964kcal
by hello-rains | 2014-10-14 17:30 | バイク/ツーリング | Comments(0)
←menuへ