'14 GW 春山 西穂高岳 Part1

寒さのせいか、胸躍るせいか、窮屈で不快のせいか、寝てると言うよりは、目をつむって横になって迎える 2:30
周りのテントもゴソゴソと動きはじめる。まずラーメンと雑炊をお腹に入れて、寒い時用にテルモスに入れるコンソメスープを作る。
水をケチッたせいか、粉末のコンソメを入れ過ぎたせいか、喉を潤すなんて到底できない程の、病気になりそうなぐらい濃いスープが出来上がる。飲めるほどにするのに、結構コレが時間を盗られた。

外はもちろん予想通り、期待通り、快晴。
e0187064_19152926.jpg
背負うは・・・、ほぼ空。行動食とカメラと三脚、おそらく必要のないヘルメット、ダウンは要らないだろう
e0187064_1916484.jpg
ほの暗い暁の中
e0187064_19162356.jpg
1日が始まる楽しさに笑顔が自ずと溢れる
e0187064_1917251.jpg
春風NewアイテムのPetzlヘルメットを装着して
4:45西穂高山荘は出発。
e0187064_19165860.jpg
雪はまだ十分締まってて、アイゼンが良く効く。
e0187064_19173760.jpg
山向こうの太陽が稜線から一気に姿を見せ、写真では黒くは見えるが、雪面にも反射されて光々しく眩しい。
e0187064_19174891.jpg
e0187064_19175950.jpg
丸山にて水分補給
e0187064_1918153.jpg
嬉しがりで被ったヘルメット、頭が締め付けられて痛い。バラクラバも暑い。
e0187064_19184618.jpg
まずは西穂独標到着
e0187064_1919053.jpg

e0187064_19201094.jpg
徐々に斜度が増してきた
e0187064_1923341.jpg
e0187064_192472.jpg
e0187064_19235862.jpg
ピラミッドピークにて。
先に見えるピークの数々、まだ先は長い
e0187064_19244157.jpg
かなり発達した雪尻
e0187064_19252324.jpg

e0187064_19255079.jpg
伝わるかな?? この斜度。まだ山の影になってる分、寒く薄暗い。
e0187064_1926423.jpg
e0187064_19265027.jpg
お土産のイラスト通りの初めて見る雪の中での雷鳥。
e0187064_19272238.jpg
雪山仕様の雷鳥は初めて見る
e0187064_19273711.jpg
e0187064_19275117.jpg
トレースはあるが、人影は見当たらず。表層の雪崩の跡も若干。
直上の西穂、さぁ~ラストスパート。
e0187064_1928464.jpg
e0187064_19195215.jpg
e0187064_1920170.jpg
頂上に来ると遮るもののなくなり、一斉に強烈な陽射しを受ける。無事 8:00 西穂高(2909m)登頂
e0187064_19294455.jpg
山頂には他の人もいてなくて、三脚にて記念写真
e0187064_1929092.jpg
約5分程は絶景を2人占
e0187064_1930218.jpg
遥かに見える槍ヶ岳
e0187064_19303114.jpg
間ノ岳、奥穂・前穂高
e0187064_1930521.jpg
e0187064_1931847.jpg
タイマーをセットする春風
e0187064_19312431.jpg
プライスレスの山頂での一服。・・・Beerは持参せず
e0187064_19313830.jpg
笠ヶ岳をバックに
e0187064_19315312.jpg
e0187064_19321120.jpg
e0187064_19322419.jpg
e0187064_19323832.jpg

e0187064_19334646.jpg
の印のNewアイテムのサブザック、DMMのピッケル
e0187064_19335816.jpg
大画面で見るとおそらく超ーカッコイイだろう大パノラマの絶景。小さい画面では伝えきれない
e0187064_1938575.jpg


⇒⇒⇒西穂高岳 Part2 つづく・・・
by hello-rains | 2014-05-01 12:00 | 笑山 | Comments(1)
Commented by マーシー at 2014-05-02 10:23 x
山行きたくなってきたー。
出だしのコンソメスープ面白い。山で飲めたらうまいやろねー。
天気良いし、一発目で頂上落とせたし、雷鳥おるし、言うことないですね。タバコもうまそうやなぁ
春風さんのパノラマ写真は、年賀状に決まりやね。
←menuへ