Based on a real story  - 邦画編 ① -

凶悪殺人事件に基づいて作られた映画鑑賞。春風、最近ハマってます。
平穏な日々を送りたいと願う方、お子様、デートにおいては全く不向きで一部エロく、一部エグい内容でした。
鑑賞後後味は悪いですが、実際の事件をモチーフにして作られた、フィクションではありますが、
「事実は小説より奇なり」と言え興味深いです。ちょっと病んでんのかな??


アラスカンマラミュートのブリーダーとして名が知られるペットショップ「アフリカケンネル」を経営する夫婦が詐欺的商売を繰り返すうちに、当然のように顧客らとの間でトラブルが絶えず、周辺関係者が次々と犠牲になった1993年埼玉県熊谷市周辺で発生した連続殺人事件。完全犯罪を目論んだ残忍な結末が明らかになるなど異常性の高い埼玉愛犬家殺人事件をベースにインスパイアされ作られた映画「冷たい熱帯魚
ズシリと重い気分にさせる映画はたくさんあるものの、最近のアクション映画やラブストーリードラマの殆どが予定調和が多い中、間違いなく超ド級&規格外の狂気のブッ飛んだ、見てはいけないものを見てしまった感のある作品。各俳優陣の鬼気迫る迫真の演技が見ていて恐怖を感じました。心理掌握していく演技のでんでんは見事です。著名人の監督作品やヨシモト、ジャニーズ出演と言った客寄せパンダの類のものではなくぶっ飛んだ、数々の映画賞も頷ける傑作でしょう。
e0187064_1412866.jpg



慶応大学を卒業後、東京電力に初の女性総合職として入社した渡邉泰子。未婚のエリート社員であったが、退勤後は渋谷区円山町付近の路上で客を勧誘し売春を行うという、金銭的にも余裕があるはずの彼女には昼間は大企業の幹部社員、夜は娼婦と全く別の顔を持っていた。「マゾッ娘宅配便」なるSMクラブにも在籍し1日4人以上の客を取るノルマを自分に課し、終電で帰るという生活を繰り返す。コートの裾をたくし上げての放尿などの奇行も多く目撃される。その女性エリート社員が1997年3月、アパートの空家の一室で殺害される。このアパートのオーナーが経営するネパール料理店に勤めるネパール人店長が実行犯として強盗殺人容疑で逮捕されるが、DNA鑑定の不一致などから2012年に再審無罪判決が確定する。連日テレビでも多く報道された1997年に起きた東電OL殺人事件から着想を得て作られた映画「恋の罪」。水野美紀の体当たり演技、別人かと思うほどの豹変ぶりの富樫真。園子音監督の代表作のうちの一本。
e0187064_14125526.jpg



東京都豊島区で1988年に発生した保護責任者遺棄の巣鴨子供置き去り事件を題材する「誰もしらない」。
父親が蒸発後、母親も4人の子供を置いて家を出ていき、金銭的な援助等を続けていたとはいえ実質育児放棄状態にしていた。母の失踪後、過酷な状況の中幼い弟妹の面倒を見る長男の姿を通じて家族や周辺の社会のあり方を聴衆に問いかける。母親役のYOUの怪演技、カンヌにおいて史上最年少および日本人として初めての最優秀主演男優賞を受賞するなどで注目を浴びた柳楽優弥など映像のタッチもリアリティがあり、残虐な殺人シーンはないものの、目を背けたくなるシーンの連続である。実際に起こった事件と思うと、居た堪れなくなる作品。巣鴨だけではなく、各地で多発する幼児虐待事件にも共通点、類似点があると考える。
e0187064_14123487.jpg



2006年6月、東大阪大学の学生ら2人が9人に集団リンチされた後、生き埋めにされ東大阪殺害事件。発端は被害者Aと交際中であった女性が加害者Bとメールのやりとりをしていた事から始まる。Aは女性との関係がうまくいっていなかった事からBを憎み、被害者Cと共にBを呼び出し仲間ら5人でBとその友人であるDを公園に監禁。暴行を加えた後恐喝した。
その報復としてBと友人の二人はAとCを仲間ら9人で集団リンチした後に殺害した東大阪集団暴行殺人事件をインスパイやして作った「ヒーローショー」
何をやっても中途半端な少年をお笑いコンビ、ジャルジャル福徳が、自衛隊上がりの少年を後藤が熱演。テンポよく軽快でコミカルな反面、犯罪シーンが対照的で井筒監督らしい作品。
e0187064_1412269.jpg



著者が検事・河井信太郎氏から聞いた話がベースになっており、著者による話のメモなどが残されている。実際の事件は、骨董屋の男が、妾に3人の子を産ませていたが商売不振で仕送りができず、妾が子を連れて男の家に来るところから始まり、本妻に子を片付けろと責められる中、殺害・殺害未遂を経て、松崎町で逮捕された男は、在獄中に発狂死する。1978年の映画のせいか、ヤレタ感じがよりリアルで、「鬼畜」と名を打ったこの映画の主人公宗吉、また本妻役お梅はまさに鬼畜である。個人的に緒形拳は大好きな俳優であり、一瞬にして引き込まれた佳作である。宗吉役を相当渋っていたという、緒形拳が友人・三谷昇に相談、シナリオを読み、「こんないい役をやらない役者はないだろう」と言ったことで、決心をつけたらしい。
e0187064_14125592.jpg

by hello-rains | 2014-04-04 13:13 | 映画・書籍など | Comments(2)
Commented by マーシー at 2014-04-05 21:43 x
まってました。マイナーですよねぇ。
でも全部面白そう。楽しみが増えました。
Commented by 春風 at 2014-04-06 10:44 x
二弾、三弾とまた続きます
←menuへ