六甲山全山縦走(×1/2)  1日目

7ヶ月間の養豚所(学校)生活を終え、リハビリにと選んだ初めの山行は、大正時代の登山家「加藤 文太郎」のトレーニングコースである六甲山(須磨から宝塚まで)。
しかし、仕事明けで直接行くため時間的に余裕がなく、須磨からスタートすればテント場には20時以降の到着になる。ソロやし、それはやめとこうと直前まで悩んで三宮で下車。三宮(11:30)から新神戸駅(12:30)まで歩く。e0187064_920513.jpge0187064_9201863.jpg
あっ、食材とビール・・車の中に忘れえてきた・・・

仕方なく、コンビニで中華丼とビールとアテ、朝食を購入。

新神戸駅まで来るも、駅を抜けて山に入る道が全く分からない。観光案内で説明を聞き、地図をもらう。手前に写っている外人さんも大型ザックを背負い、何処かへ消えていった。
e0187064_9252939.jpg

もらった地図を頼りに駅の下を潜るように裏手の山に取り掛かる。
e0187064_9272018.jpge0187064_9274146.jpg
出だしの階段。いや~キツい(´Д` )息が切れるし足もすぐにパンパンに張ってくる。
e0187064_9304164.jpg

滝がいくつも続き、その都度休憩。頭上にはロープウェイが。
e0187064_9312437.jpge0187064_9325391.jpg

展望広場からの眺め。黄砂のためほぼ見えず。渓流を横目に足を進めていく。e0187064_9351086.jpge0187064_9342585.jpg

ダム湖百選にも選ばらているらしいダム湖。
e0187064_9363681.jpg

茶屋が。しかしテーブルには黒猫の主が居座り、くつろがせてはくれない。e0187064_9384216.jpge0187064_9385296.jpg
さらに歩くと、茶屋が。しかし閉まっている。
e0187064_9403989.jpg

さらに歩くと、あら、テント場に付いてしまった(゚o゚;;  (13:30)
今日のテント場は「市ケ原」。河原には家族連れやカップル、学生の集団などで賑やかである。
あ、しまった、今日の昼飯と明日の昼飯買い忘れた。
e0187064_9422844.jpg

腹減ったな~

やる事ないし、ちょっと足を伸ばして「龍谷寺」までお参りに。左は立派すぎる門、右は毎日登山と刻まれた石柱
e0187064_9492610.jpge0187064_9493599.jpg
四国八十八箇所にもしていされているらしい。鳥居が続いているので、せっかくやし潜って行こう。家族の健康をお祈りする。e0187064_9563038.jpge0187064_9564334.jpg
再度、テントまで戻ってくるも、まだ15:26。高雄山まで片道30分とあるので、いざ観光登山。目標20分!

到着15:52、所要時間26分。やっぱキツいわー。坂がキツい。
e0187064_1002510.jpge0187064_1025682.jpg
もう、ゆっくりしよ
e0187064_1041386.jpg

晩御飯
e0187064_1623725.jpg
e0187064_163067.jpge0187064_1631218.jpg
あ、小説も何も持ってきていない。
暇やな・・・。ラジオで阪神戦を聞きながらいつのまにやら就寝。


by hello-rains | 2013-04-02 16:07 | 笑山 | Comments(4)
Commented by 春風 at 2013-04-02 18:42 x
解き放たれように、ついに始動やな。温かくなってきたしな。
ちょっと忘れ物が多く見受けられるけど... 。ヤング山ガールはいてなかったん?
しかし現在、ある計画立案中でそれも含めてタイムリーやなぁ。
Commented by マーシー at 2013-04-02 22:29 x
計画立案中??
わくわく。
Commented by itabb at 2013-04-03 09:48 x
お兄さんより忘れ物多くない!?(@_@。
Commented by マルハナ at 2013-04-03 19:59 x
猫がいいね 昼寝中の猫に気持ちが向く旅って、ホントによさそう
←menuへ