厳冬期・赤岳  ~復路~

6:30 館内放送で朝食のアナウンスで目覚める。日の出の時間も忘れるほど熟睡だった。

昨夜の天気予報では「大きな崩れはないが、風強し」とのことやったのに、
外は・・・真っ白
e0187064_22292224.jpg
視界は5m以下、風速20m以上

朝食をとりながら、各々行動予定を再検討。予定通り敢行するパーティーやそのまま下山するパーティー色々。
我らRainsは・・・赤岳登頂は断念し下山を英断する。パッキングをして歯を磨き、トイレを済まして8:30 出発

横殴りの風に、雪が舞いトレースする足跡も見えず、
e0187064_2351345.jpg
風速20mの強風で視界不良、頬に当たる雪が針のように痛い。
e0187064_2322139.jpg
数十分もしない間にバラクラバ越しに呼気が隙間から入ってゴーグルを曇らせてしまう。
e0187064_23221332.jpg
3人共雪山での視界確保の認識が甘かった。
雪山で一度レンズが曇って水分がつくと、一瞬で凍って、視界は磨りガラス状態に。凍ってしまってるから拭いても水分は取れないし、野外で元の状態に戻すのは殆ど無理。いい勉強になりました♪

視界不良に加えゴーグルがこんな状態で、仕方なく3人共サングラスに。でもこれも一瞬にして凍ってダメ。

だから何とか裸眼で視界を確保しながら下山することに。
見る見るうちに、まつ毛は線香花火みたいに、眉毛はお爺ちゃんみたいにこんな感じに
e0187064_2330484.jpg
まぁそんなこんなでも、むちゃくちゃ楽しいんですけどね♪
e0187064_23305092.jpg
ちょっとヒヤッとする箇所もありながら
e0187064_233226100.jpg
e0187064_23324176.jpg
更にまつ毛と眉毛が・・・
e0187064_23331374.jpg
e0187064_23382024.jpg
樹林帯まで下りてくると、風もおさまって険しさも一気に緩んで
こんなところを
e0187064_2340216.jpg
こんな風に、尻セード
e0187064_23401610.jpg


10:15 赤岳鉱泉 着
昼食休憩にお湯を沸かそうとするも、寒くて風もあって沸騰させられず...
e0187064_23442447.jpg
これが赤岳鉱泉名物アイスキャンディー
e0187064_2346664.jpg
e0187064_23462088.jpg
e0187064_23463381.jpg
ちょうどこの週末はコンペ開催中で、初心者向けの体験は出来ませんでした。
来年はちょっとやってみたいね
e0187064_23501239.jpg
e0187064_23503455.jpg
e0187064_2350367.jpg


やはり下りはあっと言う間です。
e0187064_23525195.jpg
12:30 美濃戸山荘 着
13:20 美濃戸口 着

厳冬期初挑戦でしたが、やっぱりメチャクチャオモシロかった。色々勉強になったこともあったし、まずはゴーグルを買わななっ
by hello-rains | 2013-02-26 00:01 | 笑山 | Comments(3)
Commented by マーシー at 2013-02-27 12:01 x
おぉーっ‼やはりアルプスやねえ、タダでは終わらんねえ。登頂よりも下山が大切。よくご無事で。
ゴーグルは皆さんしてますが、安物はダメって事?僕のはワゴンセール2000円のやつなんやけど…
Commented by 春風 at 2013-02-27 12:49 x
残念ながら2000円のでは...
三~四諭吉の電熱線付き、ファン付きとピンキリやけど、UVカット、ダブルレンズ、曇り止め対応は最低必要かと
Commented by itabb at 2013-03-02 20:20 x
久々に遊びの中で緊張感ありましたな~
←menuへ