本音

日々、勉学にはげむ毎日、家族との時間を犠牲にし、ひたすら所属の代表であり、市民の税金によって勉強させて頂いてるという使命感だけを胸に自分を奮い立たせております。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

山に行けない想いはありますが、代わりといっては何ですが「孤高の人」を読んでいます。正確には上下巻を6通勤で読み終わりました。その後、古本でコミックの「孤高の人」全17巻を読みました。両方ともメチャメチャおもろいですよ。加藤 文太郎のストイックさには惹かれるものがあり、最後には何とも言えない悲しさがあります。よかったらいつでもお貸し致します。

さて、私は今勉学に勤しんでいる訳ですが、講師として来て頂いてる先生方が素晴らしい方ばかりであり、普段なら会話も出来ないぐらいの方達の講義を受けております。その中で救命センター(救命の最終受け入れ機関、救命医療の先端)を昭和54年に立ち上げた先生の話ですが、大脳は前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉に分かれておりそれぞれが司る機能が違うという話がありました。中でも前頭葉は行動抑制を司るらしいです。犯罪者などは前頭葉が未発達のために殺したい、犯したいという欲望を抑えきれないそうです。だから昔は凶悪犯の前頭葉を切り落としていたそうです。すると放心状態の人間が出来上がるという事です。動物がひたすら交尾を繰り返すのは前頭葉や大脳皮質が薄いかららしいです。という事はどういう事か…

よく飲み会の席でお酒の力を借りて普段言えない事を話し合う。または、ついつい言い過ぎてしまったが酒の席での事だから許してくれよ、といった事があるかと思います。実はアレはアルコールによって前頭葉の抑制力がリミッターカットされてる状態ですので、酒の席で出てくる言葉は全て本音なんです。普段から心の中で思ってる事が出てしまってるんですね。

ちょっと面白い話やなと思ったのでつぶやいてみました。
by hello-rains | 2012-09-14 22:33 | つぶやき | Comments(1)
Commented by itabb at 2012-09-19 19:35 x
講師先生。
前頭葉を鍛える方法はないのでしょうか・・・
←menuへ