Rainsの呼声に集わざる者存在せず

2012.5 春 蝶ヶ岳 1日目

各自2日の仕事をそそくさと終えて、21:30 itabbが春風をピックアップ。そのあとマーシー&マルハナバチと合流して
22:30 橋本出発。強風の為、第二京阪が通行止めで、名神高速が大渋滞。大津から米原過ぎまでノロノロ運転。
で、松本インターを降りたのが4:00すぎ。
いつものコンビニで朝食と昼食を買って、一服。
e0187064_12245228.jpg

6:00 梓駐車場にてびしょ濡れの上にブルーシートを敷いて、最終のパッキング。
そして大人4人子供1人でタクシー1台に乗り込む。予報ほど崩れてはないけど、空模様は・・・

8:15上高地バスターミナル出発。
e0187064_12302798.jpg
e0187064_12325889.jpg
今回のメンバー。itabb、moezo、マルハナバチ、マーシー、春風
e0187064_13193723.jpg


まただまスタートすぐで、余裕の笑み
e0187064_13464830.jpg
9:30 明神館
e0187064_13462747.jpg
e0187064_13483517.jpg
徳沢の名物ソフトクリームを頬張る。疲れた体に甘いものはGood。マルハナバチは・・・本日●本目の力水
e0187064_13485036.jpg
疲れて寝転んでいます。
e0187064_1349231.jpg
11:20 徳沢 出発
e0187064_13491387.jpg
e0187064_1719910.jpg数回の休憩の後、
13:45 昼食
絶品のコンビニのおにぎりを。おのおのコーヒーやらお味噌汁やらミロやらを飲んで、パワー補給
やっぱりオイシイ!!





14:30 昼食終わり、長塀山を目指して出発
笹製サングラスを作るmoezo
e0187064_1720727.jpg
徐々に雪も現れ始め
e0187064_1731370.jpg
急勾配で笑顔が消え始める
e0187064_17304138.jpg
e0187064_17313110.jpg
天候も徐々に下り坂か、ガスで辺りは真っ白。
長塀山を目指すもなかなか到着せず、地図を見ても現在地をロスト。
徳沢からの経過時間からみても到着してもおかしくないのに・・・
あと10分、あと10分と進むも、蝶ヶ岳キャンプ場には到着せず。体力が底をつき・・・
17:30 ルート途中で幕営することに

最後の力を振り絞ってitabbがテンバの整地
e0187064_1731921.jpg
雪のテーブルを作って晩ごはんを・・・という時に、雨が

結局テントの中で晩餐に。今日も驚きの御馳走が並びます。
e0187064_17435245.jpg
牛肉山盛りすき焼き(itabb作)
e0187064_17441219.jpg
鮭と蛸の刺し身(マーシー作)
e0187064_17442773.jpg
鶏肉のトマトソース煮(itabb作)
e0187064_17444123.jpg

そしてitabbからのサプライズプレゼントに、縦走の20㌔以上の荷の中からマーシーの合格を祝ってワインが登場。
e0187064_17445796.jpg
ビールにワイン、焼酎。その上3品ともメイン級の御馳走・・・そりゃ重いわな(笑)

大いに盛り上がるテント内をよそに、テントに打ちつける雨音は次第に大きく・・・   つづき<2日目>
by hello-rains | 2012-05-05 12:00 | 笑山 | Comments(3)
Commented by マーシー at 2012-05-06 23:39 x
春風さん、さっそくのブログUPありがとうございます。itabbさん、ワインご馳走様でしたm(_ _)mマルハナバチさん、翌日の仕事はいけましたか?今、仕事中ですが、ブログみてにやけております。反面、空虚感も…
頭は夏のアルプスに向けて改良点を模索しております。
Commented by マルハナバチ at 2012-05-07 10:28 x
 みなさん よく見ていただくとわかるのですが,私,靴を買ったのです。前みたいに簡単に底がもげるようなのとちゃいます。しっかりとした相棒になってくれそうな靴です。 
 ただ,それ以外はいつもの装備です。「あれもいるな。これもいるな。」と思いながら登りましたが,なんとかなりました。みなさんも春山トライしてみてはどうですか。夏山の倍ほどしんどいですが,また違った楽しみもありますよ。
Commented by itabb at 2012-05-07 19:12 x
みなさん、チビが大変お世話になりありがとうございました。
春山参加者が徐々に増え、その者からは感激の声があがりそして次回の残雪に挑む。夏とは違った素晴らしさがあることに例外なく気づくことができる。
いざ集わん!
安全を最優先にみなさんでLet's残雪登山!
←menuへ